リャンカン形一気通貫何切る

イッツー絡みのリャンカン形のイーシャンテンから何を切るかというテーマで何切る問題をいくつも考えてみました。
自作何切るに関しては何故かイッツーが絡むケースばかり思いつきます。
それだけ実戦でイッツーをどう扱うか悩むことが多いということでもあると思うのですが。
今回から「一気通貫何切る」のカテゴリを新設しました。
今までのイッツー何切るがまとめて見れます。
忘れそうになったら何度か見直せば頭が整理されるかと思います。

① 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒七筒九筒三索四索五索

上の牌姿から何を切りますか?
5pを切ったときと7pを切ったときの違いは、5p切りだと6pツモでカン8pの愚形になるのに対して、7p切りだと6pツモで3-6pの両面に取れることです。
一見、良形と平和になりやすさで7p切りの方が良いように思いますが、正解は5p切りです。
平和のみ良形より、イッツーのみ愚形の方が期待値で上回ります。
ということは、6pをツモってきても、3-6pの両面に受けるメリットがないということです。
5p切りでも7p切りでも、
6pツモでテンパイすれば、どちらもカン8pに受けることに変わりはありません。

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒七筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

6pツモに差がない割に、9mツモでは明確に差がついています。
5pを先に切っておけば3-6p待ちの良形でテンパイ出来るのに対して、7pを先に切ったときは愚形のカン8pにしか受けられません。
これは5pを切って7pを引いたときと、7pを切って5pを引いたときを比べても同様です。
この差を考えると、5p切りが明確に有利という結論になります。

一萬白南七筒中横五筒

5p切りの優位性はそれだけに留まりません。
これは仮に4巡目に7pを切って、6巡目に3pか6pを引いてテンパイしたときの捨て牌です。
これだとモロひっかけのカン8pになってしまって、和了りにくいでしょう。
また、8pツモで3-6p待ちのテンパイになったとしても上のような捨て牌になりますが、これも宣言牌のまたぎですごく怪しい待ちになっています。
7p切って字牌を挟んで5p切りですから、5pが待ちの関連牌に見えますし、またぎの3-6pは本命と読むのがセオリーです。

一萬白南五筒中横七筒

仮に4巡目に5pを切って6巡目に3pか6pツモでテンパイした場合、上のような捨て牌でカン8p待ちです。
これならスジの8p待ちはかなり和了りやすそうに思えます。
8pツモでテンパイした場合も、上のような捨て牌になりますが、これも先切りの5pが利いて良い待ちになっています。


四筒五筒五筒七筒

3-6p待ちだとすると、こんな形を想像するので、ここから5p→7pの順に切ることはあまりないだろうと読むのが普通です。
このように同じツモで、同じテンパイでも、切り順1つで捨て牌の印象はガラリと変わることが分かると思います。

② 東1局西家4巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒七筒九筒三索四索赤五索

一応、ドラがあるケースについても言及しておきます。
5p切りと7p切りでは良形率に差がないため、ドラが何枚あっても5p切りが有利になります。
7p切りのメリットは6pツモで平和良形になることですが、5p切りでもイッツーが残るので、メリットは相殺されます。
ということは9m7pツモで良形テンパイが取れる5p切りの方が、ドラに関係なく有利です。

③ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索

これはどうでしょうか?
この場合は①ほど5p切りと1p切りで明確に差が付いていません。
一人麻雀練習機でシミュレートしてみても、期待値にほとんど差がありませんでした。

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

その原因は9mツモでテンパイしたときの形です。
どちらも愚形のカン6pかカン8pの二択にしかならないんですね。

一萬白南一筒中横五筒

ただ、捨て牌には明確に差が付いています。
これは仮に4巡目に1pを切って、6巡目に3p、6pツモからカン8p待ちでテンパイしたケース、もしくは8pツモから3-6p待ちでテンパイしたケースです。
モロヒが怪しい捨て牌になっています。
3-6pの場合もソバテンで、普通に危険な待ちに見えます。

一萬白南五筒白横一筒

これは仮に4巡目に5pを切って、6巡目に3p、6pツモからカン8p待ちでテンパイしたケース、もしくは8pツモで3-6p待ちでテンパイしたケースです。
先切りの5pが利いていて、カン8pが出やすそうな捨て牌になっています。
3-6pも先切りのまたぎで、普通の無スジよりは少し出やすそうに思えます。

平面的な牌合わせのパズルゲーム的な視点で見ると、1p切りも5p切りも期待値にほぼ差がないですが、対人ゲームとして考えると5p切りが優秀になります。

④ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索赤五索

③のドラ1のケースについても言及しておきます。
これも勘違いしやすいのですが、5p切りが正解です。
6pツモの平和良形のテンパイは要りません。
6枚待ちの平和ドラ1よりも、4枚待ちのカンチャンイッツーの方が強いということのようです。
7枚待ちなら平和ドラ1が上回るようなんですが。

⑤ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒赤五筒五筒七筒九筒三索四索赤五索

③のドラドラのケースはどうでしょうか?
さすがにドラドラのカンチャンイッツーよりは、6枚待ちでも平和ドラドラの方が強いということになっています。
しかし、その差は僅かとなっているので、捨て牌の強さを考慮して5p切りとしたいです。
どうせ平和ドラドラならリーチを打ちます。
それなら捨て牌の強いカンチャン待ちリーチと和了率に差がないと思われるからです。

⑥ 東1局西家4巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索赤五索

ドラ3になるとどうでしょうか?
さすがにここまでくると平和も生きてきます。
平和ドラ3ならダマりますし、ダマなら捨て牌の強さは考慮しなくて良いでしょう。
良形率で言うと1p切りの方が上なので、1pを切ります

⑦ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索

少し形は変わってこの場合はどうでしょうか?
この場合も6pツモで平和に受けることはないですが、捨て牌的には4pも5pもあまり差がないです。

一萬白南四筒中横五筒

一萬白南五筒中横四筒

どちらもカン8p待ちの出やすさには差がなさそうです。
ただ、上の捨て牌はカン8p待ちもあり得ると読む場合があります。
もっとテンパイ巡目が遅れればより怪しいですね。

ダブルターツの読み
http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-edee.html

そのへんの読みについては、詳細を
上の記事にも書いてあります。

3-6p待ちに関してはどちらも怪しい捨て牌になってしまいます。
典型的なダブルターツ落としの捨て牌なので。
ただ、5p→安牌→4pの順だと3-6pではないと読む場合もあるようです。
赤受けを考えると、4pから切った方が効率が良いから、ちょっと妙に思えるみたいですね。
このあたりの読みは石橋伸洋「進化するデジタル麻雀」の例題34に書かれています。

一萬白南四筒中横四筒

一萬白南五筒中横五筒

これは仮に6巡目に9mをツモってテンパイした場合の捨て牌です。
5p切りの場合は一応スジになってますが、モロヒがかなり怪しい河なので8pは出にくいと思われます。

五筒五筒七筒九筒

5p→字牌→5pの順に切られているということは、こういう形から5p連打した場合を想像するので、普通に5pが切られただけのリーチより、モロヒの危険度が上がっていると読みます。
スジでも8p待ちが警戒されるため、どちらも和了率に差はないでしょう。

総合的に考えると4p切りの方がほんの少し有利です。
赤5pをツモってそのままテンパイする方が都合が良いですし、6pをツモったときに、場況次第で3-6p待ちを選べるメリットもあります。

⑧ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒二筒三筒四筒六筒六筒七筒九筒三索四索五索

このような形のリャンカン形はどうなるでしょうか?
この場合は、イッツーが消える9p切りはありません。
9p切りが一番広いのですが、ドラがないので、手役は大事にするべきですね。
となると2pか6pですが、2p切りのメリットは5pツモで平和良形になることです。
しかし、5pツモはイッツーのカン8p愚形に受けるので、平和良形は要りません。
2p切りは3pツモが裏目になるので、6p切りとしておいて、3pツモで平和がつく形に構えた方が有利です。

⑨ 東1局西家4巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒二筒二筒三筒四筒六筒六筒七筒九筒三索四索五索

⑧のドラドラのケースですが、これはイッツーを嫌う9p切りとしていいです。
ドラ1までは6p切りですが、ドラドラからは9p切りです。
満貫あるなら、良形になりやすさと受け入れの広さを優先する方が有利ということです。
イッツーは消えても5pツモで平和が付くので、その分は相殺されています。

≪まとめ≫

リャンカンはとても弱いということが分かりました。
平和になりやすさがリャンカンの強みの1つではあるのですが、愚形のイッツーと比べると勝てないケースが多いです。
また、リャンカンに受けると捨て牌が弱くなりやすいということも分かりました。

愚形一気通貫何切る

イッツーが絡む愚形のターツを残すか、両面ターツを残すかというテーマで何切る問題をいくつも考えてみました。
麻雀の基本的なセオリーは愚形を嫌って良形を残すことですが、そのセオリーが覆る例外をいくつも覚えておく必要があると思います。
特にイッツーが絡む場合は愚形の価値が良形の価値を上回るケースが多々あります。
今回も一人麻雀練習機によるシミュレート結果を参照しました。

① 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒八筒九筒三索四索五索七索八索

上の牌姿から何を切りますか?
これは5巡目までは8s切り有利となっていて、6巡目以降は9p切り有利となっています。
どちらも期待値に差があまりないので、頭を悩ます問題です。
一番嫌なのは8sを切ったときに、3pをツモって愚形の役なしドラなし
のテンパイになることでしょう。
こうなったときにリーチをかけるのか、薄い手変わりを待ち続けるのかがまた難しいです。
なので基本的に巡目によらず9p切りとしてもいいと思います。
もともとそんなに差はないし、9p切りの方が必ず平和が残る分安定感があって、対応しやすいからです。
ちなみに9p切りと8p切りはどっちでもいいレベルですが、9p切りとしておけば8pヘッドになって4pをツモったときにタンヤオが見えます。

② 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒三筒四筒五筒八筒九筒三索四索五索七索八索白白

役牌ヘッドのケースになるとどうなるでしょうか?
これは明確に7s切り有利。
12巡目から8p切り有利となりますが、無視できないレベルで8p切りとの期待値の差が表れました。
これには抵抗がある人も多いと思いますが、たとえ両面でもリーチのみをつくる意味はあまりないと思います。
リーチツモイッツーで満貫になるので、受け入れは狭いですが、大きく狙っていきましょう。
空振りしても元々リーチのみの手なので大して痛くはないです。
3pをツモって愚形の役なしドラなしの手をテンパイしたときは対応が難しいですが、6pツモでイッツーの手変わりや、89pツモで役牌とのシャンポン手変わりを待つと思います。
役牌ポンして単騎待ちに手変わりしてもいいですし、①と違って役なしドラなしのテンパイからも柔軟に対応できるのが強みです。
ちなみにフリテン三面張は要らないので8sではなく7s切りからでいいです。

③ 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒三筒四筒五筒八筒九筒三索四索赤五索七索八索白白

ドラ1のケースですが8p切りが正解です。
これは普通にリーチドラ1良形を狙っていく方針で間違いないようですね。

④ 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒三筒四筒五筒八筒九筒三索四索五索六索七索白白

ソーズ部分が三面張だった場合ですが、これでもまだ愚形ターツを残すべきでしょうか?
これは8p切りが正解。
一応3巡目までは3s7s切り有利となっているんですが、微差なので無視していいレベルです。
リーチのみとはいえ三面張なら残す価値はありそうですね。

⑤ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒四筒五筒六筒八筒九筒三索四索五索七索八索

少し形は変わってペンチャン2つのケースです。
これは明確に7s切り有利。
①と似ているようですが、こちらはペンチャンを嫌っても愚形が先に埋まらないと平和にならないことと、両面を嫌っても受け入れは狭いですが、必ずイッツーでテンパイするので、明確に期待値に差がついています。
仕掛けが利くので、テンパイだけなら7s切りの方が速いくらいかもしれません。
これもフリテン三面張は要らないので、8sではなく7s切りからでいいです。

⑥ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒四筒五筒六筒八筒九筒三索四索赤五索七索八索

ドラ1のケースはどうなるでしょうか?
これは1pか9p切りが正解。
どちらを切るかは場況次第です。
ただ8s切りも期待値にあまり差はなく、場況次第で8sを選ぶ選択もありです。
ピンズ落としはフリテン三面ターツの受けが残るように、1pもしくは9pから。
ソーズを嫌う場合も7sではなく8sから切ります。

⑦ 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒四筒五筒六筒八筒九筒三索四索赤五索七索八索白白

役牌ヘッドのドラ1のケースです。
これは8s切りが正解。
7巡目から1pもしくは9p切りが有利となっています。
⑥に比べて少しイッツーの評価が高くなっていますね。
この場合は愚形を嫌っても平和が付かないからじゃないでしょうか。
③とは同じドラ1で似てるようですが、こちらの方がイッツーの評価が高くなっています。
良形が確定してない分、リーチドラ1の評価も下がっているんじゃないでしょうか。

⑧ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒四筒五筒六筒八筒九筒三索四索五索六索七索

ドラなしで三面張を含む場合です。
これは7sもしくは3s切り
三面張を嫌ってでもペンチャンを残した方がいいようですね。
けっこうはっきりと期待値の差があります。
三面張の平和のみならけっこう強いんですが、この場合は大体三面張の方から先に埋まって、愚形のリーチのみでテンパイしてしまうからでしょうかね。

⑨ 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒四筒五筒六筒八筒九筒三索四索赤五索六索七索白白

ドラ1かつ役牌ヘッドの場合です。
これははっきりと1pもしくは9p切り有利となっています。
ドラ1あれば三面張より手役を優先することはないということでしょう。

≪まとめ≫

条件がけっこう複雑で難しいです。
ドラなしだから、ドラありだからというだけでは決められませんね。
これらの問題1つ1つを覚えておくしかなさそうです。

二度受け一気通貫何切る

イッツーに絡む二度受けの両面ターツを残すか、二度受けでない両面ターツを残すかというテーマで何切る問題をいくつも考えてみました。
二度受けの両面ターツは見た目が良形でも受け入れは愚形ターツと同じなので、勘違いしやすいかもしれません。
評価を大きく見積もりすぎている可能性がありますね。
今回も一人麻雀練習機によるシミュレート結果を参照しています。

① 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒三索四索五索七索八索

上の牌姿から何を切りますか?
正解は
7s切り
7p切りの方が受け入れ枚数が多いですが、ここは当然二度受けの両面の方を残します。
6sツモのフリテン三面張は要らないので、基本的に8sじゃなくて7s切りです。

② 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒七筒八筒三索四索赤五索七索八索

ドラドラのケースになるとどうでしょうか?
これは1p切りが正解となります。
ドラ2枚あればもう打点充分ということで、イッツーは要りません。
2度受けの両面は受け入れが狭くなるので嫌います。
自分で1枚使っている真ん中寄りの3-6p待ちは弱いので、6-9pの方を残すのがいいです。
一応25pツモでヘッドが入れ替わればタンヤオが見えるので、1pから切っていきましょう。

③ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒三索四索赤五索七索八索

ドラ1のケースになるとどうでしょうか?
これは7s切りが正解です。
ただ、10巡目からは1p切りが有利となっています。
微妙な差なので、常に7s切りでいいというわけではありません。

④ 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒三索四索赤五索七索八索白白

役牌ヘッドの場合ですが、ドラ1のケースで比較してみます。
これは7s切りが正解です。
ただ、7巡目からは1p切りが有利となっています。
ほんの少しですが、数牌やオタ風がヘッドのときと比べて二度受けの両面外しが有利になっています。
跳満効率の差で平和が付く方がイッツーの評価が高いのかもしれません。

⑤ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒三索四索五索六索七索

少し形は変わって三面張を含む場合です。
これは7s切りが正解。
これでもまだ二度受けの両面を残すべきということのようです。
受け入れは1p切りに比べて8枚差がつくのでけっこうきついのですが。
ただ、7巡目からは1p切り有利となっています。
なので序盤に限っては大きく狙っていく方針です。

⑥ 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒三索四索五索六索七索白白

役牌ヘッドで三面張を含む場合です。
これは7s切りが正解。
ただ、8巡目からは1p切り有利となっています。
何故か⑤のケースとほとんど変わらない結果になりました。
平和がつくかどうかはあまり関係ないようですね。

⑦ 東1局西家4巡目、ドラ西

一筒二筒三筒四筒五筒七筒八筒三索四索赤五索六索七索白白

ドラ1のケースですが、1p切りが正解です。
ここまでくると常に三面張を残す方が有利になってきます。

≪まとめ≫

ドラなしのケースは二度受けの両面を残した方がいい場合が多いですが、ドラ1のケースはかなり微妙になってきます。
場況や巡目によっても判断が変わりやすいので気をつけましょう。
ドラドラのケースはイッツーに拘らず、受け入れが広い方にとればほとんど間違いがないです。

一気通貫何切る問題集

特に間違いやすいと思われるイッツー絡みの何切る問題をいくつも考えてみました。

1. 九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒九筒三索五索五索 4巡目、ドラ西

上の牌姿から何を切りますか?
正解は5p切り
5pを切ってカン8pでテンパイしたときの河が強く、待ちの強さはリャンメンに匹敵しますし、打点でも9p切りを上回ります。
リャンメンに対する拘りが強すぎると9pを切ってしまいそうになるので、気をつけたいところです。
また、仕掛けが利くメリットも大きいです。
9m、8p、3s、5sは即仕掛けてテンパイを取るでしょう。

2. 九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒九筒四索五索五索 4巡目、ドラ西

今度はソーズの形がリャンメンですが何を切りますか?
これも正解は5p切り
9pもないですが、5s切りでもないでしょう。
イッツーになる受け入れを最大にとるために5sは残すのです。
平和の受け入れを増やしても打点が増えません。
これも仕掛けが利くメリットがありますが、1と違ってカン8p以外はスルーしたいところです。

3. 九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒六筒七筒九筒四索五索五索 4巡目、ドラ西

これは少し難しいですが、6p切りを正解とします。
1や2と違って河がそんなに強くならないのですが、打点の差が大きいので。

4. 九萬九萬一筒二筒三筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒四索五索五索 4巡目、ドラ西

三面張を含むケースです。
これは5s切りを正解とします。
さすがに三面張を捨ててカン8pに取ることはないので、ソーズが埋まったらイッツーを嫌って三面張に取るのですが、先に8pツモったときのイッツー平和のテンパイも捨てられません。
8p以外が先に埋まることの方が断然多いですが、打点差が著しいので8p受けは残しておきます。
3p切りもさすがに三面張を捨てて愚形の受け入れを固定するのはどうかといったところです。
河も強くならないですしね。

受け入れは少し減りますが、打点と待ちと受け入れ全てのバランスを取ると5s切りが正解となります。

5. 九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒六筒七筒九筒四索赤五索五索 4巡目、ドラ西

ドラドラのケースですがこれは9p切りを正解とします。
6p切りとしたときの仕掛けのメリットが薄いです。
8pチー以外は愚形テンパイになってしまうので。
打点はドラで足りてるので、手役を残すメリットもあまり感じません。

6. 九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒六筒七筒九筒三索赤五索五索 4巡目、ドラ西

少し形を変えてソーズが愚形だった場合。
微妙ですがこれは6p切りを正解とします。
マンズ、ソーズの愚形を鳴きで捌けるメリットが大きいと感じます。
打点ではなく仕掛けのメリットで手役を残したいですね。

7. 九萬九萬一筒二筒三筒三筒四筒赤五筒六筒七筒九筒四索赤五索五索 4巡目、ドラ西

ドラドラ三面張含みの場合。
これは打点充分なので9p切りを正解とします。
4との違いはイッツーがなくてもそこそこの打点があるためです。
9pを切って受け入れはマックスでいきましょう。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ