第一打はヤオチュー牌


2016052517gm00b9000074a796d0tw2ts3

配牌第一打、何を切りますか?
この配牌、
ターツは充分に揃ってます。
リャンメン2個に役牌トイツと9のトイツ。
これでどこが残っても心置きなくリーチといけるので、2pは不要です。


2016052517gm00b9000074a796d0tw2ts3_

でもあえて安全牌の西から切ります。


2016052517gm00b9000074a796d0tw2ts_3

そしたらなんか2pにくっついてリャンメンが出来てしまいました。
二度受けなのであまり要らないですが、これは残します。


2016052517gm00b9000074a796d0tw2ts_4

その後、順調に手は進み


2016052517gm00b9000074a796d0tw2ts_5

配牌時に予想してたよりも良い形になってきました。
二度受けが解消され、リャンメンリャンメンかつ、役牌のポンテンも利く完全イーシャンテンで磐石です。


2016052517gm00b9000074a796d0tw2ts_6

しかも、リャンメン最上級クラスの1-4待ちが残り、最高のリーチが打てました。
これは2pを残していなければ得られなかった形です。
2pを切っていれば、1枚枯れた9sと東のシャボになっていたはずで、これは1-4pに比べると少し弱い待ちです。
一見要らなそうに見える2pでしたが、残しておくとこんな良いこともあるんですね。

ただ、”良いこと”はそれだけに留まりません。
特筆すべきなのは、このリーチの河です。
これは非常に強い河です。
待ちに関しては読める要素が少ないです。
強いて言うと、9sトイツ落としなので、愚形はないだろうということと、最終手出しの7sが677からの7切りに見えるので5-8sが本命だと読めることくらいです。
しかし、相手が良形だということは、勝ち目はないと見てオリる理由にもなりますし、実際には5-8s待ちではなく、1-4p待ちなので、5-8sを警戒させつつも1-4pで待つことが出来ます。
ちなみに、1-4pが先に埋まると本命の5-8s待ちになって和了りにくくなるので、そのときは6s切って7sと東のシャボに受けるつもりでした。
入り目次第で待ちを選べるのもこのテンパイの強みです。

二筒三筒西中横七索

もし仮に第一打が2pだったとしたら河はこんなかんじになっていました。
第一打に2pを切ったことにより、次巡にツモった3pも使えなくなってツモ切らざるを得なくなります。
単純に通ってるスジも多いですが、1-4pもこれは通るように見えますので、押し返されやすいです。
それに、変則手のようにも見えるので、9sと東のシャンポン待ちは場合によってはケアされるかもしれません。

第一打に不要な2pを切るか否かでずいぶん差がつくことが分かります。

これは「黒いデジタル麻雀」p174~175にも書いてあります。
第一打はなるべくヤオチュー牌を打つべきであると。
僕の解釈を交えると、第一打に28の牌を打つのは相手に与える情報が大きすぎると思います。
第一打2pを切っていると何がわかるのかというと、2pが絡む待ちカン2p、シャンポン2p、2-5p全部通るのは当然ですが、

1. 5pを持っている
2. 3pを持っていない
3. 4pを持ってない可能性が高い
4. 1pでは当たらない
5. 1-4p待ちでは当たらない
6. 変則手の可能性が高い

例外はあるものの、これらのことがわかります。
一方で字牌を切った場合はこれと言って何もわかりません。
2pを後になって切り出した場合も与える情報が減ります。
孤立牌の処理ではなくて、ターツのフォローを切っただけの場合もあるし、またぎも第一打に切られた場合と比べるとそれほど安全ではないし、5p、3p、4pを持っているかどうかもわからない、変則手かどうかも読めません。
ましてや、今回のように2p周りでターツが出来て使い切れた場合はより河が強くなります。
要らない牌だからと安全牌を持ってさっさと2pを切ってしまいがちになりますが、序盤から先制リーチを受けること自体が稀ですし、巡目が進んでから安牌を持ち始めても手遅れにはなりにくいです。
なるべく第一打に28の牌は切らない方が良いでしょう。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2016052517gm-00b9-0000-74a796d0&tw=2

チートイツ狙いの手

チートイツ狙いの手には大きく分けて2つの手順があります。
メンツ手と天秤にかける手順と、トイツ手一本に絞る手順です。
さらに細かく分けるとトイトイを見切ってチートイツ一本に絞る手順とかもありますが、ここでは割愛し、トイツ手一本に絞る手順とはどういうものなのか考えてみたいと思います。
トイツ手一本に絞る手というのはいくつか条件があって、それらをまとめてみたのが以下の通りになります。

1. 4トイツ以上のとき
2. 面子が1つもないとき
3. ドラが孤立していて使い切りにくいとき
4. 仕掛け役がないとき
5. 点棒状況的に守備的に手牌を構成したいとき
6. 点棒状況的に打点が欲しいとき
7. 点棒状況的にリーチを打ちたくなくてダマテン役が欲しいとき

8. 枯れたトイツが複数あるとき
9. 他家に役牌を絞りたいとき
10. 下家にアシストしながら手をつくりたいとき

11. 下家に絞りながら手をつくりたいとき
12. 他家に先手を取られて押し返したいが危険牌が浮いてて使い切りにくいとき
13. 場況的にチートイツの方が和了れそうなとき←new

僕はこれらの条件をもとに、総合的に判断して決めています。
条件が複数重なれば重なるほどトイツ手固定に傾きます。
ある程度はシステム化されていますね。
基本的にはあまり積極的に狙うものではないと思っていて、これ一本に絞るとケイテンが取れなくなったり、愚形テンパイを確定してしまったり、デメリットも多いので条件を厳しくしています。
最近、アップデートが更新されたようなところがあって、新たに加わったのが13の項目になります。


_1

4トイツ以上ですが(1)、面子が1つあり(2)、ドラも浮いていない(3)。
仕掛け役はないですが(4)、枯れたトイツもない(8)。
条件を満たしたのは1と4だけで、これだけではトイツ手固定とはいきませんね。
このくらいだと通常は面子手で仕上がる可能性の方が高いとみます。
でも、ふと場を見渡してみると7sがものすごくよさそうなことに気付きました。
なんだこの7sは、めちゃくちゃ山に居そうだぞと。
いつもこの状況だと必ず7sを切るので、今にも自動化装置が作動しそうだったのですが、一旦止めてアナログ判断に委ねてみました。


_2

面子をぶっ壊してトイツ手一本に絞る作戦です。
ただ、7m切りより4p切りの方が少し良かったですかね。
7mにラグはなかったですし、萬子の方が安いですし。
なにしろいつもならここは7sを自動的に切る場面なので、トイツ手固定は想定していませんでした。
時間も目一杯使って焦っていたんです。


_3

7sを引きそうだと思っていたら先に8mの方を引いてテンパイしました。
よく見ると、8mもかなり良かったですね。
しかし、これで絶好の待ちになったと思いました。
先に7sを切ってたらこの絶好の待ちにはならないわけです。
4pもポンされてますし、トイメンが持ってたわけなので。
ここはダマでこっそり拾いにいきます。


_4

3pを引いてきて、まぁ7sの方が良いだろうと思って切ったらロン。
しかし、7sは山に2枚居ましたね。
他家も7sを使い切れない手牌構成になっていて、掴んだら出ていたと思われます。
3pの方はごっそり全部山に居ましたが、ちょっとよくわかんないですかね。
自分の山読みに関しては実はあまりはっきりとした基準はないのですが、単純にソーズが安いということ。
上家が赤5sを切っていて、この周辺は持っていないことが読めるということ(あるとしたら画面の通り789の面子で678とか567では確実に持っていません)。
対面、下家が6sを切っているので677から6を切ることはあまりなくて、トイツでは持っていなさそうだということ。
ドラが4sなので7sよりも4sを浮き牌として優先することから、通常の7sより価値は少し低くなり、捨てられやすくなっています。

このようにものすごく山に居そうな孤立した牌があるとき、面子手は思い切って捨ててしまい、トイツ手一本に絞ってみてもいいと思います。
場況によってはその方がテンパイしやすく、和了れる可能性が高い場合があります。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2016041222gm-0289-0000-b5bebe53&tw=2

チートイツの手順

チートイツは和了手順に選択肢が多い手役です。
麻雀の勝負はチートイツで決まる、なんてことを言うつもりは毛頭ないのですが、普通のメンツ手の和了手順は誰が打っても同じようなもので実力差が付きにくいのに対して、チートイツの和了手順は選択肢が多く、打ち手の個性が反映されやすく、他者との差をつけやすい分野です。
基本的なメンツ手の和了手順は出来て当たり前なのでもういいとして、難易度の高いチートイツの和了手順を徹底的に見直しておこうと思います。


2015070920gm02090000905f555btw3ts6_

1ツモ目からいきなりの分岐点。
チートイツリャンシャンテンからメンツ手との天秤にかけるかどうかの重要な選択です。
この局のテーマとしては、まず南3なので出来ればリーチ棒は出したくないです。
最低でも今の順位を維持したいので。
振り込みを避けつつ、トップ目の北家あたりが安い手でこの局を消化してくれることにも期待です。
しかし必ずしも安手でいいというわけでもないですね。
この局でトップ目との点差をある程度詰めておきたいです。
字牌を残すと、チートイのみで終わる可能性もあります。
それよりはチートイタンヤオ赤でダマテン6400点をつくるのが理想です。
もちろんメンツ手のタンヤオも見ていきます。
というわけで素直に字牌から切っていきます。
トップ目だったらここでもうチートイに決め打ち、守備重視で字牌を残す手もあると思いました。
点棒状況によっても打牌は変わります。
打北としたのですが、タンヤオがあるし、もう役牌は要らないなということで、どちらかというと北よりも中を先に切っておきたかったなと少し後悔。


2015070920gm02090000905f555btw3ts_3

続く2つ目の分岐点です。
手は進み、チートイツイーシャンテンになったところでツモってきたこの1mを残すかツモ切るか。
僕はこの1mは要らないと思いました。
メンツ手を一応見てるのですが、この1mを残した後のメンツ手はタンヤオもつかないし、打点も安い、仕掛けも利かないしと良いことがあまりありません。
現状でタンヤオ赤チートイツのイーシャンテンなので、面前に期待するならそっちで充分です。
中途半端な打点の面前手のメンツ手リャンシャンテンは要らないでしょう。
役なしだとリーチが必須になってしまうのもマイナスポイントです。
このツモがもし1mじゃなく4mだったら逆に2m切りとしてメンツ手に固定しそうだなと思いました。


2015070920gm02090000905f555btw3ts_5

3つ目の分岐点です。
ドラの9pをツモってきました。
これも要らないなと思いました。
点棒状況的に6400あれば充分で、跳満は要らないというのもあるし。
ドラというのは山読みが利かせにくいという特徴があります。
それは普遍的なもので、今後も捨て牌から山に居るかどうかを推測するのは難しいでしょう。
山に居るか居ないかよくわからないドラよりも、山に居そうな中張牌を選んで持った方が重ねる確率は高いし、待ち牌として使っても和了れる確率は高いと思うのです。
また、終盤になってくると、ドラ待ちで張っていても他家からダマテンや仕掛けを警戒されて出にくくなることも予想されます。
逆にこちら側からしても、他の良さそうな待ちに変えようにもドラは切り出しにくくなってきます。
なので安全な今のうちに切っておきたいところです。


2015070920gm02090000905f555btw3ts_6

4つ目の分岐点です。
3m、7p、7s、7m。
この中から山に居なさそうで重なりにくいと思われるのは7pです。
ピンズが場に高く、ドラそばで7pは他家の手に持たれやすいのがその理由です。


2015070920gm02090000905f555btw3ts_7

5つ目の分岐点です。
3m、7m、6s、7s。
この中から切るべきなのは6sです。
7mも7sも789の三色で下家に鳴かれる恐れがあります。
3mと6sのどちらが山に居るかは微妙ですが、よくわからないので、絶対に鳴かれることはない下家の現物の6sを選択。


2015070920gm02090000905f555btw3ts_8

6つ目の分岐点です。
張りました。
3mと7sどっちが和了れるか。
どっちが山に居るかどうかはなんとも言えません。
どっちもどっちってかんじです。
僕は親の現物の3mを待ち牌として選びました。
後々、親からリーチがかかったときに誰かが安牌で切ってくれる可能性があります。
また、自分も親のリーチに対し現物を切れば、危険牌をツモってきても安全にテンパイ維持が出来ます。

このようなかんじで、チートイツの手順は毎巡のように難しい選択肢を迫られつつ頭を悩まされることになり、正しい手順を踏むことは難しいです。

①安牌を優先するかどうかの選択、手役を絡めるかどうかの選択
②メンツ手と天秤にかけるかどうかの選択
③点棒状況との兼ね合い、和了りやすさと打点のどちらを選ぶか
④山読み
⑤絞り
⑥後の展開を見据えての選択

今回だけでもこれだけの要素がありました。
他には逆に下家にアシストしつつ手をつくることもあるし、迷彩をつくったり、捨て牌から他家に与える印象を考えながら手をつくるということもあります。
リーチ判断も難しくなることが多いです。
ある程度はシステム化しつつ、しっかり対応しようと思います。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2015070920gm-0209-0000-905f555b&tw=3

和了り効率を考慮した打牌

2015013107gm00a90000db7743a4tw0ts3

今まで、あまりにもデジタルすぎるというか、手なりすぎる手順を踏みすぎていたので、そこを見直したいと思っています。
このときは5sを切ったんですが、これはセンスがないです。
理由としては、普通に愚形のフォローを残したいということと、ドラ周りが横に伸びても2000点になるだけで嬉しくないということと、ドラまたぎの待ちは和了りにくいということ、さっさとドラを処理してしまいたかったということなどでしょうか。
このあたりは無意識レベルで判断して打牌に結び付けています。
テンパイ効率と打点効率、両方考えたセオリー通りの打牌といったところでしょうか。
でも、これからはこの2つの概念だけでは不足で、もうひとつ和了り効率とでも言うような概念が必要になってくると思います。

結論から言うと8m切りがベストだと思います。
8mを先に切っておけば、2m9mのシャボ待ちでテンパイしたときに、だいぶ出和了り効率が高まると思われます。
他の卓ではそうでもないでしょうが、最終手出しが8mになってしまうと9mは警戒されて出にくくなります。
まぁ、ドラも切ってて明らかに安そうに見えるので、気にせず打つのもありなんですが、あからさまに9mが当たりそうに見えてしまうので、さすがに止められてしまうこともあるでしょう。
5s切りはテンパイまでは速くても、和了りまでは遠くなってしまうんですね。

それから打点面を考えた場合、たしかに5sが横に伸びても2000点になるだけで嬉しくないんですが、タテに引いたときだけは3900から満貫まで見えるので、これを逃すのはさすがに痛いです。

それからもうひとつ。
5s切りから7m引き、もしくは7mチーでペン7sテンパイはまったく嬉しくないです。
最終待ちを2m9mのシャボ待ちにしたいですね。
先切りのスジと先切りのまたぎのシャボ待ちで、これは両面以上に強いと言っても大げさではないでしょう。
ここの部分のフォローを残すと、その分最終形として残る可能性が薄くなってしまうので、フォローとしての価値がかなり薄くなっています。
逆に言えば7mツモが裏目ってしまっても、まったく痛手とは感じないというか、どうせすぐに2mか9mどっちか鳴けるでしょうし、もし7s引いたときは和了りやすいテンパイが取れるし、ほんの少しテンパイが遅れるくらいで気にするほどのことでもないんですね。
この8mはその程度の価値しかありません。
まったく要らない牌です。

打点効率、テンパイ効率、和了り効率。
それぞれの概念をバランス良くミックスさせて落としどころを考えるのがいいのではないでしょうか。
特に最後の和了り効率は鳳凰卓で重要になってくるスキルだと思います。
主に出和了り効率を高めたり、最終形が強い待ちになりやすい手順を踏むことが和了り効率に結びついてきます。
5s切りはテンパイ効率が少し上がる代わりに打点効率と和了り効率が同時に落ちますし、8m切りはテンパイ効率が少し下がるくらいで、打点効率と和了り効率が同時に上がっているので、明確に8m切りが優秀だと思います。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ