ダブルターツの読み

「黒いデジタル麻雀」「進化するデジタル麻雀」で割と頻繁に出てくる、ダブルターツの読みについて検証してみたいと思います。
ちなみにコバゴーの「スーパーデジタル麻雀」にも登場します。
この読みは上級者の間では半ば常識みたいなものらしく、待ち読みの基本みたいなものです。
実戦での遭遇頻度も高く、それだけに重要になってきます。

九萬白四筒西六索白横五筒

典型的なダブルターツの読みとは例えばこんな河です。
序盤に4pを切っていて、安牌を挟んで5pが宣言牌で出てきます。
これは3-6p待ちがもっとも危ないです。

四筒四筒五筒五筒

この形からまずは4pを切り、5pはフォロー牌としてしばらく抱えていたということですね。

こう読むのがまずは基本なんですが、実は意外と3-6pじゃない可能性もけっこうあるというのが僕の考えです。
冒頭で書いたとおり、この読みは上級者の間では半ば常識。
打ち手が上級者だとしたら、当然相手に待ちが読まれるのも分かっているはずです。
かくいう僕もこのセオリーを知っているため、上の形からは4p→5pと連続して切っていって、安牌を抱えることもよくあります。
そうするとリーチがソバテンにならないんですね。
そういう意識が上級者にあるとしたら、こういう形でリーチになることはけっこう少なくなると思います。
実際に打っていても、相手が上級者相手だとこのリーチは少なく、中級者相手だとよく見かける印象です。
もっとも上級者でも見え見えの3-6pで上等、ツモればよしでリーチをかけてくる人もいるんですが、そういうことを嫌う可能性も高く、他の待ちになってる可能性も考慮した方がいいです。
実際、この捨て牌は別の待ちになってる可能性もけっこうあります。

六索四筒七筒九筒六索七筒九筒五筒七筒九筒七筒九筒

そのひとつがこれです。
まず6sの4pとの浮き牌の比較で受け入れの広い6sを残し、6sへのくっつきを待っていたところ、79pのカンチャンターツに5pがくっついてリャンカンになったので5pの方を残した。
そして最終手出し5pとなってカン8p待ちです。
何の矛盾もない自然な手順ですが、3-6pと読ませて実はカン8p待ちという、セオリーの裏を突いた待ちで、これなら堂々とリーチをかけることができます。
結果的にモロヒになっているとはいえ、リャンメンターツを嫌っているので愚形待ちには見えず、うっかり8pを切ってしまいそうです。

六索四筒七筒七筒六索七筒七筒五筒七筒七筒七筒七筒

もうひとつの可能性は7pシャボ待ちです。
カン8p待ちと似たパターンなのですが、まず6sと4pとの浮き牌の比較で受け入れの広い6sを残し、6sへのくっつきをまっていたところ、7pのトイツに5pがくっついたので、フォローとして5pを残した。
そして最終手出し5pとなって7pシャボ待ちです。
これも自然な手順ですが、3-6pと読ませておいて先切りスジの7pで待つという、セオリーの裏を突いた良い待ちなので、堂々とリーチがかけられます。

カン8pと7pシャボの待ちになるには1つ条件があって、それは捨て牌の4pと5pとの間に3~7の浮き牌が捨てられていることです。

九萬白四筒西八索白横五筒

例えば、この場合だったら4pを先に切って8sを浮き牌として残すのは不自然だということになります。
なので、この場合はカン8pや7pシャボにはなりません。
ただし、8sがドラだったりすると話は別なので注意です。

九萬白四筒西白横五筒

4pと5pの間に浮き牌が切られていない場合、

西四筒七筒九筒

ここから4pを切って安牌を抱え、愚形のシャンテンに固定したということになります。
愚形残りなら4pのくっつきから良形ターツをつくりたいと考えるはずなので、少し不自然です。
守備的な考えから浮き牌より字牌を抱える場合もあるので、カン8p待ちがないとは言えませんが、可能性としては低いと思います。

九萬白六索西四筒白横五筒

こんなかんじの河だったら、ほぼカン8pや7pシャボはないと見ていいんじゃないかと思います。

六索四筒七筒九筒四筒五筒七筒九筒五筒七筒九筒七筒九筒

3-6pのリャンメンを嫌ってリャンカンを残す形になるので不自然です。
これはコバゴー本にも書いてありますが、4pが序盤に切られているほどカン8p待ちの危険度が上がるということのようです。

それと以前にも記事で書きました1p待ちの手順もあります。

複合形何切るその2
http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-dd25.html

一筒一筒二筒三筒四筒四筒五筒發發

要約すると、ここから4p→5pと切ると1pのシャボ待ちになります。
これはほんの少し変則的な手順で、あえて両面を嫌い、意識的に捨て牌をつくってひっかけにいってます。
ただ、待ちは両面以上に強い待ちといってもいいですし、ロスもほとんどないので、理論上は有り得るということです。
何も意識がないと1p→1pか1p→5pの順で切ってしまうはずなので、あまりないとは思うんですが、上級者はこういうことを考えそうではあります。

≪まとめ≫

本命は3-6p待ちですが、上級者相手だと素直にそう読むのは間違いじゃないでしょうか。
セオリーがあればその裏をかくということを考えるのが上級者なので、カン8p、7pシャボ、1pシャボの可能性も頭に入れておいた方がいいと思います。
ただ、なんだかんだ言っても3-6pの可能性は一番高いです。

ペンチャン切りリーチの読み

リーチの待ちは読めないと言いますが、たまに読めるというか、明らかに危険な牌と安全な牌がわかる場合があります。
それを検証していきたいと思います。

九萬白一筒西白横二筒

こんなかんじの河で他家からリーチがかかりました。
一見何の変哲もないようですが、実は明らかに危ない牌と安全な牌が存在します。
先に1pを切っていて、安全牌を挟んで2pが出てきたということは、2pはくっつき待ちの牌とかではないということですね。
単純に浮き牌として持っている意味がないですし、

二筒三筒四筒五筒

1pを切っているため、こんなかんじの連続形のくっつき待ちの可能性も否定されます。

一筒一筒二筒

二筒二筒三筒

1pを切っているので1pが待ちに絡むフォローターツを持っていた可能性もないです。
ということは手牌構成のパターンがけっこう限られてきます。

このケースは4pのシャボ待ちが最も危ないです。

一筒二筒四筒四筒

ここから1p→2pの順で切ったということですね。
本命はこれでしょう。

二筒四筒四筒五筒六筒

二筒四筒五筒六筒七筒

4-7pの場合はこれらの形から2p切って亜両面やノベタン待ちのケースが考えられます。
ですが両方ともヘッドレスイーシャンテンの場合に限られます。
ヘッドレスより、ヘッドありからのテンパイの方が圧倒的に多いはずなので、このケースは少なくなると思います。

二筒四筒四筒四筒五筒六筒

通常のヘッドありのイーシャンテンだとするとこの形しかありえません。
単純形の両面4-7p待ちのケースはありえないのです。
ということは4pは本命のシャボに当たるので危険なんですが、7pは比較的安全です。
両面待ちはほとんどないですが、カンチャン、ペンチャン、シャンポンは普通にあるので、安全度はスジと無スジの中間程度ってところでしょうか。

二筒四筒五筒六筒七筒七筒

こんな形だったら2pをフォロー牌として抱えるのが自然で、7pがシャボに当たりますね。

二筒四筒五筒

二筒四筒四筒四筒五筒

次に3-6p待ちについてですが、上のような形で持つ意味はないはずで、単純両面待ちだとすると2pを抱えていた意味がわからないです。
トイツフォローとして2pを抱えていたとしても、1pは切ってあるし、どこのトイツのフォローなのかわかりませんね。

一筒二筒二筒四筒四筒五筒

一筒二筒四筒五筒六筒二筒四筒五筒六筒七筒四筒五筒五筒六筒七筒

ペンチャン→カンチャン→両面と渡った可能性もあります。
テンパイからの待ち変えということになるので、普通は即リーすると思うんですが、連続形が絡んでるとあり得るんじゃないでしょうか。

一筒一筒二筒二筒三筒四筒五筒

一筒二筒二筒三筒四筒四筒五筒

一筒二筒三筒四筒四筒五筒五筒

複合形のフォローとして残したケースも考えられます。
ここから1p→2pと切るのは自然なので、これらの可能性を考えると3-6pは安全とは言えないです。
もし4pヘッドかシャボでないとしたら複合形のフォロー以外にあまり考えられないので、このパターンの可能性はけっこう高いです。

一筒二筒二筒四筒

ここから1p→2pと切ってカン3p待ちならありえます。
ただその場合も1p→4pと切って2pシャボに受ける方が多いと思われますが。

二筒四筒四筒六筒七筒

5-8p待ちの場合は上の形があるので、普通に当たります。

二筒四筒五筒六筒六筒七筒

両面カンチャンのこの形になっていることもよくあることです。

一筒二筒四筒五筒六筒二筒四筒五筒六筒七筒四筒五筒六筒六筒七筒

ペンチャン→カンチャン→両面と渡った可能性もあります。
連続形があるので、即リーは打たずに手変わりを待つのも自然です。

一筒二筒四筒六筒

ここから1p→2pと切ってカン5pの場合もありますが、通常は1p→6pと切ってカン3pに受ける方が多いです。

一筒二筒四筒四筒五筒六筒六筒

ただ、イーペーコーが絡んでるとカン5pに受けるのも自然になってきます。

二筒四筒五筒六筒七筒九筒

カン8pの場合、単純カンチャンに刺さる場合ももちろんあるんですが、こういう変則リャンカン形の可能性もあります。
ただ、1pを残してイッツーに向かう方が多いので、この形が残ることはまれかもしれません。

≪まとめ≫

本命は4pのシャボで、5-8pは両面カンチャンのソバテンや、待ち変えの可能性を考えると、普通の無スジよりは少し危ないと思われます。
4-7pは単純両面のケースがありえないので、7pは少し安全になります。
3-6pは複合形が残るケースが多いので安全とは言えず、少し危険なくらいだと思われます。
カン3p、カン5p、カン8pは特別危険とも安全とも言いがたいです。
今回は黒いデジタル麻雀でも触れられていた読みの戦術ですが、本に書いてある通りで大体間違いなかったですね。
ただ、よくある宣言牌の裏スジは安全だという認識は間違いなので、そこは勘違いしないようにはっきりさせておきたいところです。

5の牌の読み

序盤に5が切られている河はそれ1枚でも強い情報量を持ちます。
それによって何がわかるのかまとめてみました。

發一萬五索五筒

序盤に5が切られている河とは例えばこんな河。
ヤオチュー牌が何枚か切られた後にいきなり5が出てきます。
これは注意して見る必要があります。
同じ真ん中の牌でも、4や6が切られているのとは明確に違います。

① タンヤオ率が減少

a. 五索七索八索

タンヤオという役は5の牌がキーになっています。
例えばこんな形から
タンヤオ役を固定するために8sを切る手順が出てきます。
面前ではあまりないですが、既に鳴いた手だとフリテンを嫌って8sを切るのが普通ですね。

b. 四索六索七索

例えばここから7sを切る手順はないので、4sとは明確に牌の機能が違っています。

c. 五索五索七索七索

このような飛びトイツを持っていた場合、5sを切る手順はありません。
大体7sが切られます。
赤の受けがなくなるからですね。

d. 二索二索四索四索

こういう形からも鳴きやすさや待ちの良さを考慮して4sを切る手順が出てきます。
5の牌ではこのような手順はないです。

e. 四索四索赤五索

赤を持っていた場合も46のフォローは外されやすいです。
これも5の牌にはない手順です。

f. 二索二索四索六索

このような形からもよく6sが切られます。

d. 一索一索三索五索

fを5が絡む形に置き換えるとこのような形から5sを切るような手順になるので、タンヤオにはなりません。

このようにタンヤオでは46の牌が要らなくなるケースはそれなりにあるんですが、5の牌が要らなくなるケースは少ないです。
明確に牌の機能が違うんですね。
鳴いた手を読むときなんかにも使えます。
特にaのケースが多くなるので。
不自然に5が切られている数牌の仕掛けはタンヤオよりもイッツー、三色、役牌を疑った方がいいです。

② ペンチャン待ち率が上昇

a. 一索二索五索

b. 五索八索九索

5の牌が要らなくなるケースはペンチャンターツを持っている場合です。
主に怪しいのは上の2つ。

c. 四索八索九索

仮に、4の牌が切られたとすると上のようなケースが想定されますが、

d. 一索二索四索

ここから4sを切る手順はほとんどありません。
4sよりも5sが切られた場合の方がペンチャンが残るケースが多く、その分ペンチャン待ちに刺さる確率も高いと言えます。
5のまたぎの3とか7とかはまったく安全とは言えないですし、後スジになったとしても割と危ないです。

③ 裏スジのリャンメン待ちが危険

a. 二索三索五索

b. 五索七索八索

同じ色のリャンメンターツを持っていた場合、5が切られやすいのは主に上の2つです。
これはどちらの場合でも5sの浮き牌としての価値が低いので切られやすいと言えます。

c. 四索六索七索

d. 四索七索八索

仮に4sが切られていた場合は上の2つが想定されますが、どちらも4sの価値は高くなっています。

e. 二索三索四索五索

f. 四索五索六索七索

aから4sをツモった場合はeに、cから5sをツモった場合はfになります。
上の2つを比較した場合、より価値が高いのはfの方です。
eは1234567sの7種の受け入れ。
fは23456789sの8種の受け入れがあり、fの方が1種多いです。
また、三面張になる受け入れもeは6sのみですが、fは3s8sの2種あります。
よって、cの4sよりもaやbの5sの方が切られやすいと言えます。
dに関しても4sの浮き牌としての価値がそこそこ高く、5sをツモってしまうと2度受けのリャンメンターツになってしまうんですが、3sツモでは二度受けではないリャンメンターツが出来ます。
aやbはリャンメンターツが出来る受け入れが1種しかない上に、その1種も二度受けになってしまうので価値が低いです。
序盤に5が切られている場合、裏スジのリャンメン待ちの可能性が高いのは、そういった牌の機能的な問題によるものです。
46の裏スジや裏裏スジよりも5の裏スジの方が明確に危ないと言えるでしょう。

④ 三色狙いの可能性が通常より高い

三色狙いの手であった場合、345、456、567の三色は5を三枚使うので考えにくいです。
となると怪しいのは123、234、678、789の4つになります。
この4つは三面子で5を使えない形になるので、5が余りやすいです。
加えて、上で上げたようなペンチャン残りのケースや、裏スジのリャンメンターツ残りのケースがあります。
12(89)23(78)といったターツが残りやすいことを考えると自然と123や789の三色に向かいやすいのです。
どちらかというと234や678の三色より、123や789の三色の方がより狙われやすいと言えます。
それは、123や789の三色の場合、ペンチャン、カンチャン、リャンメンと3種のターツが全て使えるからです。

a. 一索三索五索

123の三色狙いであった場合、このようなリャンカンの形から5sを切るのは自然ですが、

b. 二索四索五索

234の三色狙いであった場合、このようなリャンメンの形からカンチャンに固定するのは苦しいです。
234より123の方がカンチャンターツが扱いやすいと言えます。
ペンチャンに関しても234では使えないので123や789の三色の可能性がより高い
です。

⑤ イッツー狙いの可能性が通常よりやや高い

これは三色ほどではないんですが、イッツーの場合も二面子は5が使えない形になりますし、同色の5も2枚以上は使えませんし、ヤオチュー牌を使って面子構成できるので5が余りやすいです。
ただ同じことは46の牌にも言えます。
46が出てきたときと違うのは、5が出てきたときはタンヤオ率が減少してるので、相対的にイッツー率は上がるということです。

⑥ カンチャン待ちの可能性がやや高い

ペンチャン待ちほどではないですが、イッツーや三色狙いだとするとカンチャン待ちの可能性もやや高いです。

a. 一索三索五索

このようなリャンカン形から先に5sを切って、序盤からカンチャン待ちに固定することは通常はあまりないですが、手役狙いだとするとそれもあり得るので。
特に5が二色切られている河は手役狙いが濃厚です。
こういう場合は先切りのスジも信用ならないと思います。

⑦ 染め手狙いの可能性が通常よりやや高い

染め手の場合も2色で5が使えない形になるので怪しいですが、これは条件次第です。
序盤に字牌が多く切られていたり、河が三色にバラついていたりする場合は染め手の可能性は低いですし、その場合は他の手役の可能性が疑わしいでしょう。

⑧ チートイツ狙いの可能性が通常より低い

序盤に5が切られている河というのは派手に見えますが、意外にチートイツの可能性は低いと言えます。
赤受けで5を残すことが多くなるからです。
チートイツの河というのは5ではなく、46の牌が多く切られます。
5は切られたとしてもけっこう後の方になるので、三色やイッツー狙いの河とは一見似てるようですが違います。
三色やイッツー狙いの手は真っ先に5が切られますので。

⑨ チャンタ狙いの可能性が通常より高い

これは123や789の三色狙いの河と同様の理由です。
ただチャンタの場合、序盤から字牌は切られにくいので、河がより派手になりやすいです。

⑩ イーペーコーの可能性が通常よりやや高い

イーペーコーの場合も123や234では5が使えなくなるので、通常より少し可能性が高くなっています。
手なりの場合はまず出てこないはずの5が出てくる状態なので。

⑪ 打点が高くなりやすい

上の話を全部総合すると、序盤に5が切られている河は手役狙いの場合が多いので、リーチの打点が高くなりやすいです。
ただ、ドラがないから手役を狙っている場合もあります。
そのため、三色崩れのリーチのみだったりする場合もけっこう多いです。
他にはドラをたくさん持っていて、仕掛け役のイッツーや三色をつくりにいってる場合もあります。
三色ドラ1のダマテンとかも多いので、自分の手が極端に悪いときはダマテンにも警戒する必要があります。
総合的に考えてみると、序盤に5を切っている他家は打点が高くなりやすいので、警戒度を上げる必要があると思います。

⑫ テンパイがやや遅い

真ん中の牌が序盤に切られているため、一見テンパイが速そうにも見えますが、ペンチャン残りで愚形ターツを抱えているであろうということを考えると、やや遅いとみます。
タンヤオの可能性が低くなってますので仕掛けにくいですし、イッツーや三色の場合も仕掛けられる牌が限られているのでなかなか手は進まないです。
直後にリーチがかかるようなことは意外と少ないと思うので、速い巡目のリーチはあまり警戒しません。

5_1

実戦での例を挙げますと、ここから789の三色とイッツー両方睨んでまず5sを切ります。

5_2

次に5pよりもイッツーの見える2sの浮き牌の方が強いと見て5pを切ります。

5_3

愚形だらけで遅そうな手だったんですが、ツモが利いて7巡目にリーチといきました。
手役狙いが怪しい河になっています。
結果的にはイッツーも三色もつけられなかったのですが、河にはくっきりと手役を狙った跡が残っています。
待ちもペンチャン待ちが残ってしまいました。
三色やイッツーを狙っていると自然とこうなるのですね。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2016060623gm-0229-0000-63e0b9b6&tw=1

間○ケンの河

河に切られている同色の2枚の牌はそれだけで強い情報になることがあります。
特に注意して見るべきパターンをまとめました。

『間4ケンの河』

1. 一筒六筒 本命は2-5p(赤またぎが4-7pがやや危険)

2. 二筒七筒 本命は3-6p

3. 三筒八筒 本命は4-7p

4. 四筒九筒 本命は5-8p(赤またぎの3-6pがやや危険)

間4ケンは有名ですが、近年では統計的根拠のないものとして、他の無スジと危険度は変わらないものとされ、昭和の古い戦術やオカルトとされています。
しかし、通常の無スジと比べて危険かどうかはともかく、間4ケンが出来ている河は、同色ではほとんどのスジがまたぎスジになっていて、本命のスジが1本しか残っていません。
通常の無スジと比べて(宣言牌以外の)またぎスジが安全なのは確固たる事実なので、その色の本命スジ1本を瞬時に把握するために役に立つものと思っています。
例えば終盤に本命の残りスジ本数を数えて押し引きに反映させる場合などですね。
昭和オカルトとバカにせずにきっちり覚えておくと良いです。
ただし、赤またぎの場合、またぎスジでも危ないことには注意する必要があります。

四筒四筒赤五筒から四筒を先に切ったり赤五筒六筒六筒から六筒を先に切ったりすることはよくあることです。

ちなみに僕は2、3の本命スジは通常の無スジより危険と見ています。
それは前述のような赤絡みのターツフォローの先切りがないので、またぎスジは比較的安全で、逆に本命スジには赤が絡みやすいからです。
1、4の本命スジには赤が絡まないのでそこまで危険ではありません。
2、3の河には特に注意すべきと思います。

『間3ケンの河』

1. 一筒五筒 本命は6-9p

2. 二筒六筒 本命なし(赤またぎの4-7pがやや危険)

3. 三筒七筒 本命なし

4. 四筒八筒 本命なし(赤またぎの3-6pがやや危険)

5. 五筒九筒 本命は1-4p

間3ケンなどという言葉は誰も聞いたことがないと思います。
これは河に同色が2枚切られているだけでその色の本命のスジがなくなることが分かるというものです。
2、3、4では全てのスジがまたぎスジになるので、比較的その色の牌は安全になります。
1と5の場合でも本命は1本です。
2、3、4の河を見たら別の色が怪しいと見るべきでしょう。

『間2ケンの河』

1. 二筒五筒 本命は6-9p

2. 三筒六筒 本命なし(赤またぎの4-7pがやや危険)

3. 四筒七筒 本命なし(赤またぎの3-6pがやや危険)

4. 五筒八筒 本命は1-4p

間2ケンなどという言葉は誰も耳にしたことがないと思います。
単にスジの牌が2枚切られている河と言うこともできます。
特に注意すべきなのは上の4つのケースです。
1、4はその色の本命スジ1本で、2、3はその色の全てのスジがまたぎスジになるので、比較的その色の牌は安全になります。
これも2、3を見たら別の色が怪しいと見ることができます。

宣言牌の裏スジは安全か

「カンチャン切りの読み」
http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-60df-1.html

だいぶ前の記事ですが特におかしなことは書いてないと思います。
今でも使ってる読みです。
要点をまとめると連続してないカンチャンターツ落としは危ないという話です。
なお、これよりも簡潔ですが、ほぼ同じ内容の話がコバゴーの「スーパーデジタル麻雀」にも出てきます。


_1

これを踏まえてこの場面を見てみましょう。
自分のリーチを他家視点から見てみたんですが、これは典型的カンチャン切りリーチですね。
連続してカンチャンターツを落としてないことから、ソバテンの可能性が増大し、5pが孤立牌だった可能性が薄くなります。
くっつきテンパイではないし、愚形残りで5pへのくっつき良形変化を見たわけでもないです。
5pはターツのフォロー牌だった可能性が高いでしょう。
ただ、今回は間に安牌が挟まれてないので信用度は少し下がります。
7sと5pの切り順が逆になっただけで、ただのカンチャンターツ落としだった可能性もありますからね。
捨て牌の7sの部分が字牌だったりすると、より確実な読みになってきます(字牌が手出しかツモ切りかを問わず)。
それでも7sより5pの切りが後になっているということは、7sより5pの方が必要だったということなので、やはりソバテンは警戒しなければいけません。
本命は556pから5pを切っての4-7p待ちです。
4-7pはただの無スジよりだいぶ危険なスジなので絶対に切ってはいけません。
と、ここまでは普通の読みなのですが。


_2

実際の手はこんなかんじでした。
4-7pではなくて、宣言牌裏スジの6-9p待ち。
複合形のフォローの5pを外して6-9p待ちなんですね。
連続してないカンチャン切りのリーチはこのようなパターンもあるということです。
これは偶然でしょうか?
レアケースとは言えない気がします。
5pが孤立牌ではないと読める以上、5pが5p周りのターツのフォロー牌となっていて、その周辺が待ちになっているはずというのはたしかな読みです。
その手牌構成パターンとしては556pから5pを切ったパターンが一番多いのですが、567788pから5pを切ったパターンも考えられるということです。

「宣言牌の裏スジは安全」というセオリーがあります。
石橋伸洋の「黒いデジタル麻雀」では例外は多くあるものの通常無スジよりは安全と書かれています。
平澤本にもそう書かれています。
一方、コバゴー本では通常無スジと危険度は変わらないとあります。
一体どちらが本当なのでしょうか。

僕は今回のケースについては宣言牌裏スジの6-9pはまったく安全とは言えないと思います。
それどころか通常無スジよりは危険じゃないでしょうか(4-7pよりはだいぶ安全だと思いますが)。
5pが孤立牌ではないと読めるので、複合形の6-9p待ちは本命とは言わないまでも、本命の次の次くらいには数えていいと思います。

整理すると、

a. 三萬三萬六萬七萬八萬五筒五筒六筒一索二索三索六索七索八索

本命はこれです。

b. 三萬三萬五筒五筒六筒七筒八筒九筒一索二索三索六索七索八索

c. 三萬三萬五筒五筒五筒六筒六筒七筒一索二索三索六索七索八索

d. 三萬三萬四筒五筒五筒五筒六筒六筒一索二索三索六索七索八索

e. 三萬三萬三筒四筒五筒五筒五筒六筒一索二索三索六索七索八索

他にはこんなパターンもあります。全部4-7p待ちです。

f. 三萬三萬二筒三筒四筒五筒五筒六筒一索二索三索六索七索八索

3面待ちの場合でも4-7pは当たります。

g. 三萬三萬六萬七萬八萬五筒七筒七筒一索二索三索六索七索八索

シャボで7pが当たるケースもあり、どちらかというと4pより7pの方が危険です。

h. 三萬三萬六萬七萬八萬五筒七筒九筒一索二索三索六索七索八索

i. 三萬三萬五筒七筒七筒八筒九筒九筒一索二索三索六索七索八索

j. 三萬三萬赤五筒五筒六筒七筒七筒九筒一索二索三索六索七索八索

k. 三萬三萬三筒四筒赤五筒五筒七筒九筒一索二索三索六索七索八索

4-7pの次に本命なのがカン8pです。
jは赤持ちだったりすると、打点充分なのでイーペーコーを捨ててカン8p待ちはありえます。
刺さるパターンが豊富にあり、放銃打点も高くなりやすく、これは通常無スジより危険と言えます。
スジだからといって8pは押していい牌ではありません(4-7p以外の無スジを押す方がまだまし)。

l. 二萬三萬四萬五筒七筒九筒九筒九筒一索二索三索六索七索八索

変則2面待ちのケースです。
これもスジの8pが当たりとなります。

m. 三萬三萬五筒六筒七筒七筒八筒八筒一索二索三索六索七索八索

n. 三萬三萬五筒五筒六筒七筒七筒八筒一索二索三索六索七索八索

そしてカン8pの次に本命になると思われるのが宣言牌裏スジの6-9p待ちです。
特に怪しいと思われるのがこの2つ。

o. 三萬三萬六萬七萬八萬五筒五筒七筒一索二索三索六索七索八索

カン6pの場合でも6pは当たります。
通常ここからはシャボに受けますが、場況次第ではカンチャンに受けることもあります(3mが枯れているなど)。
どちらかというと9pより6pの方が危険です。

p. 二萬三萬四萬五筒六筒七筒八筒九筒一索二索三索六索七索八索

q. 二萬三萬四萬五筒六筒六筒七筒八筒一索二索三索六索七索八索

他に6-9pが当たるケースとしては、ヘッドレスイーシャンテンから5p切ってのノベタンや亜両面待ちがあります。

r. 三萬三萬五筒六筒六筒六筒七筒八筒一索二索三索六索六索六索

ここから5p切って6-9p3mのエントツ待ち。

s. 三萬三萬六萬七萬八萬五筒七筒一索二索三索六索七索八索 ツモ八筒

t. 三萬三萬五筒七筒七筒八筒九筒一索二索三索六索七索八索 ツモ八筒

他に考えられるのはカンチャン待ちのテンパイから手変わりを引いて6-9p待ちになったケースです。
ですが、カンチャン即リー戦術が一般的になった現代麻雀ではこのケースは少ないと言われます。

u. 三萬三萬五萬六萬七萬五筒七筒八筒一索二索三索五索六索七索

三色を見て5pを残したケース。

v. 五筒六筒七筒八筒九筒九筒一索二索三索六索七索八索中中

w. 五筒六筒六筒七筒八筒九筒一索二索三索六索七索八索中中

他に宣言牌の裏スジが当たるケースとしてはこんなのもあります。
通常リャンメンを嫌ってシャボには受けませんが、片割れが字牌だったりするとシャボに受けることは普通にありえることです。
自分で1枚使ってる真ん中寄りの4-7pリャンメン待ちは弱いですしね。

x. 二萬三萬四萬五筒七筒七筒七筒九筒一索二索三索六索七索八索

これもなくはないです。
3pを切っているとはいえ、カン4pのテンパイになっても嬉しくないので、3pよりは暗刻くっつきの9pを残すと思われます。

y. 三萬三萬四筒五筒五筒六筒七筒八筒一索二索三索六索七索八索

この形は3pを切っているのでありえません。
実はこのパターンがなくなるので、その分6-9pは安全になるというのが石橋理論です(黒いデジタル麻雀より)。
ですが、3pを切っていることにより、その分5pが孤立牌だったケースや、ソバテンの3-6pが待ちになったケースがなくなるので、膨大な量の例外がなくなって、6-9pが刺さる確率ははむしろ増大すると思われます。

(5p周りの有効牌を先に引かない限り)5pに関連した待ちになっているはずということは、上に挙げたケースのうちのどれかということになってきます。
そうなると、6-9pが刺さるケースもそれなりに豊富にあることから、6-9pはむしろ危険と言えます。
通常無スジより危険と見ていいんじゃないでしょうか。
少なくとも安全とはまったく言えないと思います。

危険度=4-7p>8p>6-9p>その他無スジ

ただし、捨て牌に3pが切られていなかった場合は特に6-9pが危険とは言えませんし、安全とも言えません。
いろいろな角度から検証してみた結果、「宣言牌の裏スジは安全」というセオリーはまったく当てにならないか、むしろ危険であると結論づけました。
ただ、これがもし、宣言牌の裏スジに加えて、ワンチャンスという情報があれば話は違ってきます。
7pが3枚見えならmやnのケースはなくなりますから。

z. 三萬三萬三萬三筒三筒五筒七筒八筒一索二索三索六索七索八索

aa. 三萬三萬三萬四筒四筒五筒七筒八筒一索二索三索六索七索八索

捨て牌に3pを切っていることから、この形もありえないので、複合形以外の単純リャンメンにもほとんど刺さらないです。
あるとしたらsのような手変わり待ちのレアケースになってくるので。
となるとワンチャンスという情報が生きてきます。
ワンチャンスこそ当てにならないものはないですが、この場合は実質ノーチャンスに近いくらいの強い情報になるのです。

「宣言牌の裏スジは安全」は当てにならないセオリーですが、条件次第で使えることもあります。

ホンイツトイトイの読み


2016020621gm02090000231dcb1etw2ts1

親はヲタ風の北ポン、8sポンでこの捨て牌。
どう見ても染め手ですよね。
手出しで赤5p含みのターツを払ったのも確認済みです。


2016020621gm02090000231dcb1etw2ts1_

その後、とりあえずは要らない9pを切って1巡様子を見ました。
次巡、7pをツモって1メンツ出来たのでここからの押し返しを考えます。
何を切りましょうか。
親はおそらく白のトイツを持っていないことが予想されます。
ドラのトイツがあれば無理に染める必要はありませんから。
北も1枚目から鳴いているので、白トイツのホンイツ狙いではなく、白は持ってないか、1枚浮いた白の重なり狙いでホンイツ狙いのどちらかだと思います。
和了りやすさを考えた場合、北を1枚目から鳴いて白を警戒させるより、白から鳴いて56pのリャンメンターツを生かした方がいいと思われますから。

だからここでドラの白をぶった切る手もあります。
おそらく親に鳴かれることはまずありません。
ただ、親がトイツで持っていないとすれば、この先自分で重ねることも充分期待できると考え、白を残すことにしました。
ターツオーバーですし、1つターツを削ってもロスは小さいです。
どのターツに手をかけるかですが、無難に行くなら3pですが、思い切って13sを外すことにします。
場に高いカンチャンのソーズを残しても、そこが埋まることには期待できません。
和了りやすさと同時に自分の打点も追うことを考えると13s外ししかないでしょう。

でもこの選択は放銃リスクも同時に高めることになります。
まだ張ってる可能性は少ないと考えてますが、この時点でロンと言われてもおかしくはないし、2枚のソーズを切ってる間に親のテンパイが入って切り遅れる可能性もあります。
ただ、親はヲタ風のポンから入ってることから、刺さっても2900で終わる可能性もあると思い、リスクを冒して攻撃的な選択を取りました。
もし親が役牌のポンから入ってたら大人しく安全な3pを切ります。
段位戦だと弱気になってしまうこともありえますが、このくらいは攻撃的にいかないとだめかなと思っています。

1sがいかにも鳴かれそうだなと思ってるので3sから切ります。
1sを先に切って鳴かれてしまうと、後に3sが切れなくなりますが、3sが通った後に1sがポンされても要らないソーズは処理し切った後なので押し返せるからです。


2016020621gm02090000231dcb1etw2ts_3

と思っていたら3sの方が先に鳴かれてしまいました。
これはまずいです。
これで1sが切れなくなりました。
ホンイツトイトイで満貫ありますから、この余った1sは押す価値がまったくないです。
形的にも1133sと持っているのはよくあることで、シャンポンの1s待ちは充分考えられると思います。
ということで、この先1sをずっと抱えながらの手牌進行となるので、かなり和了り目は厳しくなりました。
どう考えても1sの方が鳴かれやすいので、3s→1sの切り順で間違ってはいなかったと思うんですけどね。


2016020621gm02090000231dcb1etw2ts_5

その後、ソーズと字牌以外は通るので、積極的に手牌も短くしていき、1sもいつのまにか通っていたので、くねくねしながらもなんとかテンパイにこぎつけます。
ですが、終盤近くになってこの形になり、4sも5sもどちらも切れなくなってやむを得ずテンパイを諦めました。
ところが、よくよく考えてみると、4sは親にはほぼ通るのです。
まず7sが通っているので4-7s待ちはありません。
単騎待ちは親が西や1sを切ってるので、これもほぼありません。
単騎の4sなんてks待ちはもっと良い待ちに変えるはずですからね。
ではシャンポン待ちはどうでしょうか。

親は3sポンして6s切り。
これが最終手出しです。
そうすると一見、ソバテンのシャンポンの4s待ちはありえそうに思います。
ところが

a.三索三索四索四索六索九索九索

シャンポンの4s待ちだとすると、手牌7枚はこんな形からの3sポンだということになって辻褄が合いません。
6sは完全に要らない牌ですから。

b.三索三索四索四索五索五索六索

この形から3sポンして6s切りもポンした時点で和了れてるのでおかしいですね。

c.三索三索四索四索六索七索七索

d.三索三索四索四索六索八索八索

他に考えうるのはこの2つです。
この形だとすると自然に4sは当たり牌になりえますが、7s8sともに枯れてるのでどっちの形も否定されてるんですよね。
というわけで他に当たるケースも見当たらないですし、4sはほぼ通ります。
親はトイトイ狙いでシャンポン待ちに受ける可能性が高い場面なんですが、ションパイでも4sは通るんですね。
これを通せなかったのはぬるかったです。


2016020621gm02090000231dcb1etw2ts_6

むしろ4sは通るどころか2s、5s、9s以外当たらないはずなので1点読みに近いですね。
しかしこうやって時間をかければわかりますが、実戦では短い持ち時間でなかなか思考が追いつかないです。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2016020621gm-0209-0000-231dcb1e&tw=2

手なりの河

最近、河を注意深く見ながら他家の手をおおまかに読むようにしてます。
実は最近まであまり河は見なかったんです。
何か仕掛けが入ってから、あるいはリーチが入ってからようやく河を読み始めるのがやっとでした。
何かアクションが入らない限り河を見てもよくわからなかったからです。
それが、3vdrさんとのツイッターでのやりとりや、黒いデジタル麻雀(石橋本)を読んでから何もアクションなしでも少しずつ読めるようになってきて、それからです河に注視するようになったのは。
例えば字牌よりも数牌が早いうちに切られている河は手にドラがなく、手役狙いで遅いことが多いとか、そういうことも読んでいます。


2015071416gm00290000f31e6465tw3ts5

例えばこの下家は典型的な手役狙いの河で、字牌がまったく切られていません。
こういう河でのこういう仕掛けは、ドラの役牌トイツを持ってないことが多いです。
ドラの役牌トイツがあれば、無理に染めに行かなくても、ドラの役牌のトイツさえ鳴ければ満貫になるからです。
そのため、このドラはたぶん鳴かれないだろうと思って早いうちに切ってしまいます。
これは仕掛けの読みですが、実は何も仕掛けが入っていなくても同じことです。
手にドラを持っていなかったり、持っていてもポツンと浮いていて使えなかったりする時は、守りを固めるために字牌を抱えたり、手役狙いで打点を補おうと字牌を抱えたりします。
そういう意味では対面もドラのトイツは持っていない可能性が高いです。
いきなり序盤から真ん中の5とかが出てきたりしてるし、こういう捨て牌はたまにめちゃくちゃ早い手で数牌抱えすぎて余ってる場合もあるんですが、チートイツ、ホンイツなどの手役を狙ってる場合が多いです。
もし役牌のドラトイツ持ってるとしたらさっき言ったように無理に染める理由がないし、チートイツ狙いの場合も同様で、わざわざ仕掛けも効く速いメンツ手を捨てて面前の遅い手を狙いに行きません。
ドラトイツの場合は手なりで手を進める傾向があり、捨て牌にもそれが表れるということです。
実際このドラは鳴かれませんでした。
こんなかんじで序盤の捨て牌からもおおまかにドラの所在や手役を読むようにしています。
僕は仕掛けの手(下家の手)に関してはだいぶ前からそういう傾向があるのはなんとなく感じていましたが、面前の手(対面の手)にもそういう傾向があると感じ始めたのは最近になってからです。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2015071416gm-0029-0000-f31e6465&tw=3


2015071601gm002900002dfd44f8tw1ts0

序盤から河をよく見るようになったため、以前だったら気付けなかったような卓上の異変に気付くことがあります。
これは河の様子からソーズで染まっていることはまずないと思ってラフに8sを切ったのですが、鳴かれてしまいました。
これはちょっと妙です。
下家の仕掛けは西ポンして7p手出し、發ポンして2m手出しで、染まってるとしたらマンズに違いないと思っていたので。
しかしこの後に手出しで出てきたのは9mでした。


2015071601gm002900002dfd44f8tw1ts_6

以前だったら染まってない=安い可能性が高いと高をくくって舐めてかかっていたかもしれません。
でも、これは明らかに変なところがあるのです。
役牌トイツが2種あってソーズのターツも2種あって、何故染めに行かなかったのでしょうか?
染めれば満貫あります。

なのに序盤の捨て牌を見ても早いうちから字牌を切ったり、ソーズのカンチャンターツ落としが入ったりして、手なりで手を進めているような河をしています。
もし役役のみの2000点で終わらすならあまりにもったいないことです。
それは当然下家も分かっていてなお、他にもメリットがあると判断して、そちらを優先したということです。

それはズバリ言うと、ドラを持っていて打点充分だからに違いありません。
そう考えると、ドラトイツで愚形を含む待ちか、ドラまたぎの3900以上の良形待ちかどちらかだと思います。
2000点で終わることはまずないと考えます。
3900なら良形だというのは、愚形の3900程度なら満貫の染めを狙いにいった方が割に合うと思うからです。
遠い満貫よりも、スピードがあり、和了りやすい3900で良しとしたということじゃないでしょうか。

そう考えると、危ないのはドラまたぎの1-4p、赤またぎの3-6m、4-7m、3-6pあたりで、ドラトイツだと考えると2m手出し付近の1-4mあたりです。
逆に安全そうなのは赤の絡まない5-8p、5-8sとマンズ以外の愚形待ち全部ということになります。
最後あたりに出てきた2m手出しを見ると、マンズのターツかヘッドを持っているのはほぼ間違いなさそうだと思うので、ドラヘッドのピンズやソーズ待ちはほぼありえないと考えます。
マンズヘッドの赤またぎ3-6sもさすがに不自然すぎるので通りそうですが。


2015071601gm002900002dfd44f8tw1ts_5

下家の手は最終的にはこういう形でした。
ちょっと想像していたのと違いますが、一応3900良形です。
僕はというと危ないと感じていた4mは止めて、8pや8sは通ると思っていたのでラフに切っていきました。
おそらく、打ち手のレベルが上がるほどこの読みは通用すると思います。
満貫見える手を2000点で終わらすとは到底思えないからです。
手なりで打っているように見える河は、一見何の変哲もないように見えるのですが、ドラを持っていることが多いので注意が必要です。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2015071601gm-0029-0000-2dfd44f8&tw=1

ラグ読み2

2015030708gm00a900002895dbc6tw2ts4

前巡の3sとこの6sでラグがありました。
こういう時は大体下家がソーズのメンツを持っていることが多いです。
3sポンラグで6s偽ラグのケースとか、両方偽ラグのケースは稀なので。
3sと6sでラグということは345か456のメンツを持っていることが濃厚です。

2015030708gm00a900002895dbc6tw2ts4_

リーチの一発目ですが、4sを押してみました。
自分の手は押すかどうかは微妙なところです。
愚形のチートイドラドラで、上家はピンズのホンイツで仕掛けていて、大体テンパイしていそうなので、ピンズの危険牌は押せません。
なので、ダマにしておいて、ピンズの危険牌掴んだらオリる構えをとっておきます。
問題は下家のリーチにどこまで押すかなんですが、萬子の危険牌もあまり押したくないところです。
ここでラスに落ちるのは不味いので。
しかし、ソーズは無スジでも押していけると思いました。
4sも、ど真ん中の両無スジ牌とはいえ、たぶんそこまで危険ではありません。
もし刺さるとしたら、45566、23456、33455、34556とかそういう形。
全部の可能性は想像できませんが、いずれにせよ345か456にターツが重なったような形です。
23、56、35みたいな単純リャンメン、カンチャンの形はないので、その分放銃率は低くなるはずです。

2015030708gm00a900002895dbc6tw2ts_2

2sも同じ理屈で押します。
ちょっと想像してた形と違いましたが、やはり下家はソーズの345を持っていました。
下家はクイタンヤオで仕掛けの利く形だったから3s6sでラグがかかったんですね。
リーチに全部オリてたらキリがないので、ギリギリ押せるところは押して和了りを拾いたいところです。

動向読みからのベタオリ

その他に最近気になったシーンなどを検討します。


2015013106gm00a90000d31ae539tw2ts0_

鳳凰卓でホンイツに向かう手順についてですね。
まっすぐホンイツに向かうか、役牌ドラドラや役役ドラ3になる手順も残すかの選択です。
南が1枚切れなら確実に南を切るんですが、この場面では南を切るか56pを切るか、どうするか難しいですね。
南を切ってもホンイツに向かう手順は残るんですが、あえて先に56p切りでまっすぐホンイツに向かうのもいいのかなと思いました。
あえて目立つ捨て牌をつくって牌を他家に絞らせる魂胆です。
特に相手がホンイツをやっているとわかれば、ドラの東は相当切りづらくなります。
中を鳴いただけだと舐められてポイっと捨てられるかもしれません。
そのへんもやはり鳳凰卓ならではということになってくるでしょうか。
他の卓でもまったくないとは言わないですが、鳳凰卓の方が仕掛けに対応してくれやすいのは確実です。
ただ、その代わりに鳴きたい牌も鳴けなくなってしまいます。
このへんをどう考えるかが重要ですね。
特上卓までならあまり対応されないので自分の都合で打っていけばいいですが、鳳凰卓なら対応されて困る場面と、対応されて都合の良い場面と、場面に応じて打っていく必要があります。

この場面は対応してもらった方が都合が良いと思いました。
中のみの安手を和了るならそれなりに速そうな手ですが、それではつまらないので、ホンイツかドラを絡めたいと思っています。
そうなるとけっこうテンパイまでが遠そうなんですね。
テンパイまで遠いということは、ちょっとでも他家の手を遅らせたいんです。

その他の狙いとしては、ドラが重ならなかったときのための保険として南も残しておくということと、真っ直ぐホンイツの方が手牌の安全度が高められるということです。
1000点の仕掛けで手牌ぶくぶくというのは、この卓においては非常にリスキーです。


2015013106gm00a90000d31ae539tw2ts0

これは456で鳴くのと567で鳴くのとどっちがいいんでしょうか。
いろいろ考えてたら頭が痛くなってきたので、細かく検討するのはやめておきます。


2015012816gm00a90000f07a561ctw1ts13

死ぬほど難しかったベタオリ選択の場面です。
西家先制リーチ後、南家追っかけリーチで最終的に手詰まりしてしまって、何を切ろうかというところですね。
どっちに振っても最悪なので、こっちを優先してケアしようとか、そういうことも出来なくて、純粋に両方に通りやすい牌を探して切らないといけないと思います。
打牌候補は中スジの6m、スジの8m、スジの2sの3択でしょうか。

6mは西家にはカンチャンもシャボもなさそうですが、南家にはカンチャンが安全そうに見えるものの、シャボは逆に危なそうに見えます。
8mは西家にはカンチャンもシャボもなさそうですが、南家にはまったく通る根拠がなく、ワンチャンス程度しか情報がありません。
2sはシャボ待ちがどちらに対しても否定されているものの、カンチャン待ちは西家に対しては普通に危なくて、南家にはカンチャン待ちはなさそうでほぼ通りそうなかんじです。

後で冷静に振り返ってみると、2sがもっとも安全でしょうか。
実戦では時間内にここまで状況を整理できないんですよね。
ただ、もう少し踏み込んで考えてみましょう。
他家の動向読みをプラスしてみます。
よくよく考えてみると、南家が追っかけリーチを打つのは相当良い待ちでないとおかしいんです。
リーチ棒出すとラス目に転落してしまうし、西家が満貫ツモっても親かぶりで親がラスに落ちることもないし、流局ノーテンでラス落ち終了することもないんですから。
よほどの覚悟がないとベタオリするのが普通です。
もし役なしのテンパイで、安牌がまったくなかったとしても、やはり気合オリになるんじゃないかと思いますが。

特上卓ならそこまで考えられる人は少なく、ボタンが光ったからリーチというパターンが大半でしょう。
しかし、鳳凰卓ならそれなりに合理的な判断を下せる人が圧倒的と考えてもいいんじゃないでしょうか。
チャオ寸とかキレ打ちでやけくそになってるとかじゃない限り。

というわけで、この南家のリーチは高確率で良形と見ますがいかがでしょうか。
南家の愚形はケアする必要はなくて、純粋に西家に通りやすい愚形の牌を探せば良いわけです。
そうなると2sはもっとも危ないですね。
6mと8mはどっちもどっちですが、2枚持ってる分だけ8m切りの方が優秀とみていいでしょう。
他家の動向読みを加えると、平面だけで見るのとは答えは違ってきますね。
鳳凰卓の動向読みは信頼できると思うので、これも鳳凰卓ならではの判断ということになってくるでしょうか。
実戦ではそこまで頭が回りませんでしたが。

被先制リーチ時の他家の動向

久しぶりに鳳凰卓を打っていますが、他の卓とは異質なものをずっと感じています。
以前にも何百戦か打ったはずですが、こんなに異常な卓だったけなと今更ながらに思いつつ、この卓でしかやらないような戦術というか、必要な対応とか、そういうものがたくさんあることに気付かされました。
それをこれから1つ1つ覚えていかなくてはならないなと思います。
その1つでもあるのですが、今回記事にするのは被先制リーチ時の他家の動向についてです。


2015012911gm00a90000328cfe4atw0ts4

これは先制リーチを受け、一発消しも兼ねつつ、クイタンヤオで押し返しを狙おうということでしょうか。


2015012911gm00a90000328cfe4atw0ts4_

実はそうではありません。
単に一発消ししただけです。
さすがに親かぶりするのは拙い。
一発ツモされて親かぶりすると、普通に手詰まりして刺さるのと大して変わらないくらいのダメージを受けてしまいます。
まだ南1なので、普通に収支的に考えれば一発は消しとく方がいいと思います。
ただ押し返しの手順は残しませんでした。

西家と北家が一発目に無スジを押してきているのが気になるんですよね。
これは他の卓なら気にも留めることはなかったでしょう。
普通に親番で安牌だけ切りながら押し返す手順が残るなら、当然素直に真っ直ぐ手を進めます。
ただ、ここは鳳凰卓。
まだ浅いですけど、今まで打った経験というか、感じた感覚としては、先制リーチの一発目に無スジ押してくるメンツが居るってめったにあることじゃありません。
それくらい鳳凰卓って異常なところで、先制リーチが打たれた瞬間に水を打ったように場が静まり返るというか、一瞬ヒヤっとするような肌寒い空気を先制リーチが打たれるたびに感じます。
普通は空気の読めない人が1人は必ず居るもんです。
だから気にも留めないですし、誰かが押し返してくることも当然あるだろうし、リーチをかぶせられて手詰まりしてしまうこともたまにはあるでしょうが、いちいち気にしてたらキリがない。
自分は和了りの可能性が残るなら、自分の都合でひたすら和了りを追っていくだけです。

でも鳳凰卓ってそういうところじゃないんですよね。
先制リーチの一発目に無スジの危険牌は押してこないです。
普通はベタオリで、押し返すにしても安牌切りながらがせいぜいです。
だから、これは相当な覚悟を持って臨んでいると見るべきなんじゃないでしょうか。
よほどの手が入っているか、かなりテンパイが近いのか。

もっとも安牌がなくて手詰まっている可能性もあります。
それを考慮に入れたとしても、2人も押している人が居るのは確実にやばいです。
どちらかには確実に手が入っているはず。
どう考えても自分の出る幕じゃないって気がします。
なので今打たれた7sを合わせておきました。


2015012911gm00a90000328cfe4atw0ts_2

6sも西家北家両者に無スジで危険なので今のうちに打っておきましょう。
今後追っかけリーチをかぶせられて2件リーチに対応させられることが予想されます。


2015012911gm00a90000328cfe4atw0ts_3

6sをツモり直したんですが、ここらでちょっと押し返しというか、ケイテン取りの手順も残しましょうかね。
ノーチャンスの8s2枚があり、6sもトイメンにはほぼ安牌になったので、受けは充分と判断しました。
アサピン本にも書いてあったケイテン取りの手順ですが、今回みたいに明らかに不穏な空気が漂っているときは手を整えることを考えてはいけません。
充分に安全を確保してから手を整えることになります。
このへんの微妙なさじ加減は難しいです。
一見打牌がふらふらしてるように見えて、刻一刻と変わる場況に対応したつもりですが。


2015012911gm00a90000328cfe4atw0ts_4

やはり来ました追っかけリーチが。
チーして一発消しした後も安牌は充分ですね。
もし追っかけリーチを警戒していなかったら安牌はかなり心もとないものとなっていました。
2pポンは確実にしていたでしょうから、8s2枚では凌ぎ切れるかどうかというところですね。
今まで気にも留めていなかったものの、鳳凰卓では先制リーチに他家がどう対応するかをしっかり見ておかなければなりません。
そこまで気を回すのは打っててしんどいですけどね。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2015012911gm-00a9-0000-328cfe4a&tw=0

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ