« 内切りカンチャンの読み | トップページ

データで勝つ三人麻雀~レビュー

51tlwn5tg8l_sx351_bo1204203200_

三鳳卓を実際に打つのと同じ効果が得られる

「データで勝つ三人麻雀」を読みました。
本書に関わっているのはみーにん、福地誠、abantes三麻天鳳位の三人です。
データを採っているのはみーにんさん。
そのデータを元に三麻戦術を組み立てる構成になっています。
そのデータというのは全部天鳳の三麻鳳凰卓から採っているようです。
私が何千戦打った分も当然入ってるわけですよね。
三鳳は打ってる人数自体は少ないですからきっと入ってると思います。

本書は三鳳打ってる僕からすると割と当たり前のことが書かれています。
全部三鳳のデータですから、三鳳を打っている人間がアナログ的に感じたこととさほど違いはないんですね。
とはいえ、何千戦と打って経験の中から長い年月をかけて導き出していく答えや感覚よりも、データを見る方が一目瞭然です。

私の場合は答え合わせに使いました。
今まで三鳳を打った経験の中で培った感覚や答えが合っているかどうかの確認のためです。
大きくズレはなかったように思います。
データを正しく読み取りさえすれば、実際に打って経験を積んで感じることと同じ答えが得られるのだなと思いました。
実際に打たなくてもある程度概要がつかめるという意味でこれは画期的な本です。

これを機に三鳳卓のレベルが上がってくるのか、あるいは三鳳の人口が増えて卓が立ちやすくなってくるのか。
なんだかんだ言っても最後にものを言うのは経験と本人の努力なので、後者の方かなと思います。
おそらく中級者の方は上達するにあたってものすごく助けになると思います。

僕は三麻を打ち慣れていますし、四麻もよく打つので違いはそれなりによく分かっています。
ただ四麻の強者の方でも三麻を打たないという人は本書を読めば新鮮なことばかりでしょうし、あっという間に対応して上達していくと思います。
これを機に三麻を始めてみると良いんじゃないでしょうか。

データには一部偏りがある

ただ唯一認識のズレがあったのがリーチ判断の項目です。
これは明確にデータの読み取り方が間違っているんじゃないかと思います。

私の場合は役あり愚形全般、子の平和のみテンパイはほぼダマにすることが多いのですが、本書においてはリーチせよと書かれています。
自分の判断に絶対の自信はないのですが、この本の結論には疑問が残ります。
というのは三鳳の役あり愚形リーチというのは打ち手が場況的に和了れる自信があって打っているのが大半なのであって、それをかき集めて局収支の平均を計算すれば局収支は思った以上に良いとなるのは当然のことだからです。
逆に良形平和の跳満リーチは和了れる自信がない場合が多いと思います。
ダマっていても場況的に出和了りが期待できないときです。
こういうリーチは局収支の期待値が低いです。
だからこういうリーチばかりを集めてデータを採ってみても、局収支は思った以上に低いものにしかならないわけです。
逆にダマにするのは決まって場況の良いときばかりですから、ダマが局収支有利なのは当然の結果とも言えます。
こういった偏りのあるデータを元にリーチすべき、ダマにすべきと結論づけることはできません。
正確なデータを得るなら、場況に関係なく全部ダマを選択するAI、全部リーチを選択するAIを、それぞれ平均的な三鳳民のようなまともな判断と雀力を持つAIと数多く対戦させてみてデータを採ってみるとか、そういうことをするしかないんじゃないでしょうか。

結局は場況次第となってくるのですが、三麻は割と良形平和の満貫、跳満はリーチ寄りです。
ツモ損だからダマにするという人も多いのですが、僕は損だと思っています。
四麻はダマ寄りですね。
理由は他家が三人居て、リーチを打つとオリられてしまい、和了率の低下の影響が大きいからです。
このあたりもデータによって根拠が示されると思っていたのですが、こればかりは採取するデータの内容が偏りすぎて当てにはなりませんでした。
このあたりはみーにんさんも自覚があるのか、データが正確ではない、偏りがあると述べています。
要は人間が打ってるので正確さには限界があるということです。
そのあたりを念頭に置いた上で本書のデータを活用すべきだと思います。 

リーチ判断以外の項目は概ね間違いがないです。
北何枚抜きに対する押し引きの局収支、テンパイに押す牌の危険度の差など。
このあたりは打ち手の思考がそこまで反映されておらず、単に事実として残っているだけで著しく偏りの生じるデータではないからです。

バランスと読みやすさに優れた良書

全体的に読みやすい本です。
前書きで福地さんが文章がつまらない、眠くなると書かれていますがそんなことはないです。
少なくとも現代麻雀よりははるかに読みやすいと思います。
表やグラフも牌図を見るよりは楽です。
ツモ損なしのMJルールなどにも対応していますが、これは天鳳の三鳳卓の牌譜解析を元に失点得点の期待値などをMJ向けに計算し直したもので、概ね納得できるもの。
abantes天鳳位のコメントも頭でっかち、机上の空論になりがちなデータ戦術論に、アナログな実戦感覚が反映されてバランスが取れています。

三麻みたいなマニアでニッチな層向けにはちょっともったいないくらいですね。
むしろ四麻と同じ戦術で通用することも多くあるので、三麻やらなくても読んだ方がいいです。

« 内切りカンチャンの読み | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内切りカンチャンの読み | トップページ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ