« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

面子スライドの鳴き


2018062800gm00a9000089883ffctw0ts2

今回はテンパイからの鳴きについてです。
既にタンヤオドラ1の4-7s待ちでテンパイしています。
普通ならこれ以上やることは何もなく、和了り牌が出るのを待つだけとなるところなんですが、ここから8pをチーして2pを打ちます。

何も面子構成は変わっていないし、一見すると何の意味もない鳴きに見えます。
しかしこれを他家目線から見ると二筒四筒五筒六筒七筒のカン3p待ちから八筒をチーして四筒五筒が残ったように見えるんですね。
残ったのは3-6p待ちです。

詳しい解説は省きますが、これはある程度打てる人なら普通に使う読みです。
以前にこういう食い延ばしの鳴きをしたときに、他家の方に一発で待ちがバレてたことがあります(対局後に確認しました)。
実際打ってるときはあまり実感しないものですが、他家には待ちがバレています。
ちなみに僕も他家の立場ならさすがに気付きます。

しかし実際は食い延ばしではなく、面子をスライドして入れ替えただけです。
さすがに稀すぎてそこまで予想できる人はあまり居ないでしょう。

とすると結局どういう効果があるのかというと、他家に3-6p待ちと誤読させることができます。
その結果、現実の4-7s待ちは警戒感が薄れます。
テンパイのまま何もしないより和了りやすくなっているかもしれませんね。

ただし他家がどう対応するかは実際のところよくわからないところもあります。
2副露入れてしまった結果、テンパイと読まれて待ち読み関係なくベタオリに回られることもあるのです。
1副露までならまだノーテンと読んで押していたかもしれないのですから。

食い延ばしの読みも絶対とは限りません。
今回のように面子スライドの場合もあるし、2pを余剰牌として抱えていただけの場合もあります。
クイタンの3-6p待ちと読ませているということは、逆に考えれば役牌のションパイなども通されやすくなるということです。

鳳凰卓には食い延ばしの読みを知らない人も居ますから、そういう人に対してはほとんど効果がありません。
特上卓だと知ってる人はほとんど居ないです。
副露を増やしたことでテンパイを警戒させるだけになってしまいます。

とすると和了りやすくなっているかどうかは微妙なところで、僅かに和了りやすくなるとしてもツモ1回分を消費するだけの価値があるのかどうか正直わからないですね。

ですが実は本当の狙いは別のところにあります。


2018062800gm00a9000089883ffctw0ts2_

鳴いた後の形を見るとここからならドラの6pを引いても3p切りスライドで面子に組み込むことができます。
鳴く前の形ならドラを引いてもツモ切ることしか出来ませんから。
ドラの受け入れをつくること”それが本当の狙いです。
食い延ばしに見せかけるのはついでのことに過ぎないのです。

これならば迷わず鳴いても良いのではないでしょうか。

ドラの受け入れがないなら変にうまぶろうとせずにやめた方が無難です。
特に子の安い仕掛けはガン無視されるので、別の待ちに見せかけてもかまわず打ってきたりします。
子の高い仕掛け、親の仕掛けでどうしても和了りたいときは、待ち牌の警戒度が下がるのでやってみる価値があるかもしれませんね。
終盤はツモ1回分の価値が貴重になるのでやめておきましょう。


2018062800gm00a9000089883ffctw0ts_2

その他の注意点としては、空切りすることで面子スライドに見せかけることができることもあるので、その場合はやっておきましょう。 

ここは二索を引いてきたので二索を空切りして、二索三索四索から五索を引いてきたように見せかけます。
あたかもソーズで面子が1つ完成しているように見せかけて、ピンズで張っているように思わせるためです。
 

ただし六索の空切りは少し不自然です。
四索五索六索から三索を引いて六索切りというのはしないことの方が多いので。
 

五索の空切りも同様にやりません。 

ピンズの空切りもピンズに面子があると思わせると逆効果なのでやめておきましょう。

空切りも鳴きのときと考え方は同じです。
手牌構成を実際と違うものに見せかけるということですね。

ただ鳴きの場合の手出しは必ずチェックされるのに対して、空切りの場合は他家がうっかり見逃してたりすることが多いので、実際のところはあまり効果がありません。
それでもやって損することは特にないと思うので、少しでも得になるかもしれないことは全部やっておきましょう。

≪まとめ≫

  1. 面子のレベルによってはまったく効果がないどころか逆効果(やめよう) 
  2. ドラの受け入れがつくれるなら迷わず鳴いてみよう 
  3. 子の安い仕掛けでテンパイしてるときはやらない
  4. 終盤はやめよう(ハイテイが自分に回るなら鳴いてもいい)
  5. 空切りで面子スライドに見せかけることも忘れずにやっておく

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2018062800gm-00a9-0000-89883ffc&tw=0

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ