« スジ切りリーチの読み | トップページ | 実戦何切るQ1 »

何切るツイートまとめ11/26~12/18

11/26から12/18までの何切るツイートまとめです。
今回も難問があり、解くのに時間がかかりました。
記事を書くのが遅れたのは、ずっと答えを出すのに悩んでいたからです。
ただ、じっくり時間をかけて解いていくことで、何切る問題を解くのに大切なのは、一手先の牌姿を検証することなのだと気づかされました。
時間はかかりますが、どの有効牌をツモったら何を切るか、一手先の牌姿パターン全てを片っ端から検証してみることで答えは出ます。
何切る問題を解く、一種のコツのようなものを見つけた気がしますね。

① 東1局0本場南家6巡目、ドラ發、ツモ二索

一萬二萬四萬五萬六萬八萬九萬赤五筒六筒三索五索六索六索

これは最初見たかんじでは、5s切りかなと思ったのですが、ツイート見たり、いろいろ考えていくうちに考えが変わってきたというか、ちょっとした勘違いや思い込みがあることに気づいたので、考えを改めました。

愚形一気通貫何切る
http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/3-30b5.html

一応似たようなというか、イッツー絡みの愚形ターツを優先するか、良形ターツを優先するかみたいな牌姿は上の記事にまとめてあります。
自分なりに基準をはっきりとさせたつもりですが、それでもはっきりとドラがあったらこうとか、三面張があったらこうとか、一概には言えないんですよね。
ただ、これらの問題の検証結果を参考にすることで答えは出ます。

一萬二萬四萬五萬六萬八萬九萬赤五筒六筒二索三索六索六索

まず、仮に5sを切ったとして、次のツモが3m7mだったらどうなるか考えてみましょう。
これは上の記事中の③のケースが近いです。

ほんの少し形が違うんですが、一人麻雀練習機によると、やはりこれも愚形イッツーよりはドラ1平和を優先した方がいいということのようです。
ということは、ここからはペンチャン落としになります。

次に1s4sをツモった場合ですが、これも赤ドラのターツを払うわけにいきませんから当然ペンチャン落としです。
そして4p7pをツモった場合も、やはりどちらかのペンチャン落としになります。
愚形残りで平和は確定しませんが、それでもペンチャン落としの方が期待値が高くなっています。
それから二次有効牌の1m2m8m9m5p2s3sも全てペンチャン落としです。

ということは、結局どの有効牌を引いてもイッツーは残らないということなんです。
そもそもイッツーでテンパイすらしないということになります。
5s切りの最大のメリットと思われていたイッツーは、実はメリットでもなんでもなかったんですね。
ここに勘違いがあって、愚形イッツーの期待値を高く見積もりすぎていました。

ということは、5s切りがペンチャン切りに勝る要素はなくなってしまいました。
ペンチャン切りの方がタンヤオになりやすいし、三色も残るし、裏目はフリテン三面でカバーできるし、良形テンパイになりやすいしと、いいことづくめです。
5s切りが唯一メリットと言えるのは、仕掛けが利くことくらいでしょうか。
ただこれほどの手を2000点愚形で終わらすのは、あまりにもったいないと言えますし、メリットと言えるほどのものかどうかは疑問です。

しかし、5s切りはないとして、ペンチャンはどこから手をつけたらいいでしょうか?
まず2mと8mはトイツになればタンヤオが見えるし、フリテン三面の受けがあるので、切るとしたら1mか9mになります。


二萬四萬五萬六萬七萬八萬赤五筒六筒二索三索五索六索六索

9mを切って7mをツモり、打1mとした場合の牌姿です。
ここから2mツモで8mを切り、456と567三色の両天秤に、8mツモで2mを切り、456と567三色の両天秤に構えることができます。

四萬五萬六萬七萬八萬九萬赤五筒六筒二索三索五索六索六索

1mを切って7mをツモり、打2mとした場合の牌姿です。
これだと、5p2s3sツモで456の三色は残りますが、567の三色は7mをもう1枚引かない限りならないということになります。
7mを引かない限り567の三色にはならないので、7mを引いたときの牌姿を比較すると、9m切りの方が567の三色になりやすいと言えます。
その分を考えると1m切りより9m切りの方が有利です。

② 東4局1本場西家1巡目、ドラ五筒、ツモ七萬

二萬三萬八萬九萬七筒八筒九筒六索六索南南白發

これはウザク本的な何切るというより、ルールによる違いが焦点となった問題でした。
なので、今までの何切るとは違う解き方というか、経験則からの個人的考え方や思想がベースになってきます。
まず第一打から中張牌の6s切りというのは個人的にはないです。
これも宗教上の理由で、第一打はなるべくヤオチュー牌を切ろうという個人的信念があるからです。

第一打はヤオチュー牌
http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-b007.html

これは三麻で特に強く意識していることです。
四麻ではヤオチュー牌の割合が少なく、手役狙いのケースも多いので、中張牌を切らざるを得ないこともよくありますが、それでもなるべくロスがないならヤオチュー牌を切ろうというのは意識していることです。
この手なら字牌を切ってもロスは字牌のタテ受けの3枚だけ。
チャンタも三色も全て可能性として残るということですから。

やはり、第一打が中張牌とヤオチュー牌では河の印象が大きく違ってきますからね。
第一打6sだとどう見ても手役狙いが濃厚な河になってしまいます。
しかし、第一打に字牌を切るだけでよくわからなくなるんです。

ただ、あえて6sを切って河を派手にしておくのも意外と悪くない選択です。
6sにくっついて6s周りが待ちになれば、和了りやすくなりそうですね。
しかし、6sと南のシャンポン待ちが既に出和了りの利く良い待ちですから、先切りの効果はさほどでもないと言えます。

となると、問題は6s切りからどれほどの期待値が得られるかということになってきます。
福地さんがしきりに口にされている通り、赤ありで6s切りはさほど効果的ではありません。
チャンタ狙いとすれば赤の受けがなくなるし、平和狙いとしても打点の期待値はリーチのみに比べてさほど上がらないと思います。
それよりも先制テンパイを逃すロスが大きいと思われます。
天鳳の先制リーチはとても強いので、赤ありかどうかよりも、そっちの影響はかなり大きいんじゃないでしょうか。
先制リーチに対してベタオリする傾向の強い天鳳においては、1巡でも速くテンパイを入れて他家をけん制したいところです。
シャンテン戻しで大きく手が育つなら話は別ですが。

③ 南1局0本場北家6巡目、ドラ六索、ツモ一索

二萬四萬六萬七萬七萬赤五筒五筒七筒二索三索三索四索六索

これはたぶんウザク本的な何切るというより、場況をどう捉えているかが問われる問題だと思います。
平面的に捉えても難しい問題ですが、この場況なら7mが良さそうです。
この場況はリーチを打って親とめくり合いたくないですし、上家の手も止めたくないんですよね。
上家に和了ってもらっても局が流れるので、一刻も速くテンパイを入れなければならないという状況でもなくて、じっくり手をつくっていい場面です。
特に愚形のリーチは明らかに分が悪いので、テンパイが良形化しやすいように7m切りがいいと思います。
6pツモのロスはさほどでもなくて、むしろ5-8p受けが残って、平和も確定するので確実に前進しています。
7m切り以外でいいと思われるのは1s切りで、これは仕掛けてテンパイを目指し、リーチを打つのを避けつつ、上家下家のリーチなどの対応に備えるというものです。
手牌が短くなっても受け切れる自信があるならそれも良さそうに思います。
他には目一杯に受ける6s切りという選択もありますが、打点はそこそこ大事なのでいまいちのように思います。
そもそも7m切りのロスがあまりないような気がしていて、7mを切っておけばドラの受けも残るし、6pツモでも平和や5-8p受けが残るし、5pが暗刻化しても1s切りとすればタンヤオと暗刻くっつきの良い形が残るので、裏目はこれと言って何もない気がします。
7mが暗刻化すると平和が消えるのでむしろ邪魔とすら感じますね。
7m切りで消えるのは7m5p6pツモなどの直接の受け入れなだけで、間接的にはどれも裏目にはなっていません。
まっすぐテンパイに向かうなら6s切りが良さそうです。

« スジ切りリーチの読み | トップページ | 実戦何切るQ1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64722518

この記事へのトラックバック一覧です: 何切るツイートまとめ11/26~12/18:

« スジ切りリーチの読み | トップページ | 実戦何切るQ1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ