« 10/27~11/22、何切るツイートまとめ | トップページ | ヘッドをなくす鳴き~暗刻持ち »

天鳳三麻オーラス親番トップ目

オーラスの点棒状況判断について、迷ったり、把握するのに時間がかかったりするので、点差別におおまかな基本方針をまとめてみました。
いずれ子番のケースや、四麻のケースについてもまとめてみたいと思いますが、
今回はとりあえず天鳳三麻のオーラス親番トップ目のケースについてです。

① オーラス東家トップ目、2位と100~2000点差の場合

手なりで和了効率MAXが基本方針です。
リーチ判断も役なしは特に何も気にせず曲げということになります。
3位に満貫親被りしても着順落ちしてしまうので、リードはあってないようなものですね。
流局すると2位にテンパイを取られた時点で2位落ちとなるので、終盤はケイテンも視野に入れておきましょう。
2位に対してはラス落ちにならない範囲でかなり押す必要があります。

② オーラス東家トップ目、2位と2100~3000点差の場合

これも①と同じく、手なりで和了効率MAXが基本方針なのですが、2位からリーチがかかった途端に状況がガラリと変わります。
2位からリーチ棒が出た時点で流局ノーテンでもトップで逃げ切れるので、中盤以降は無理に押さずに流局狙いに切り替えます。
3位もフルゼンツしてくるので、3位の押しにも期待です。
3位の跳満ツモ親被りでも2位と順位が入れ替わらないですから、自分が押さなくてもなんとかなることが多いです。

③ オーラス東家トップ目、2位と3100~8000点差の場合

ここからは流局ノーテンでもトップで逃げ切れますから、終盤はあまり無理をしない方針になります。
8000点差までは特に何も考えずに和了れそうならリーチを打ちます。
リーチ棒を出すことで2位のまくり条件が微妙に変わったりもしますが、満貫までは三麻では普通にあることなので、
満貫以下の条件変化はそれほど影響がないし、さほど気にしなくていいと思います。
3位への放銃や、終盤にオリの選択が取れなくなるのが少し気になる程度ですが、先制なら特に気にせず曲げでいいんじゃないでしょうか。

④ オーラス東家トップ目、2位と8100~10000点差の場合

ここからは2位の満貫横移動まではセーフになるんですが、ツモられるとアウトになります。
微妙な差ですが、3位はフルゼンツしてくるので、要らない牌ならなんでも出てくる3位から満貫出和了り出来ないのは、けっこうきついはずです。
ここで自分がリーチ棒を出してしまうと、2位が3位から満貫出和了りも可能になって楽になってしまいます。
なので、出来ればリーチを打たないようにしたいですね。

⑤ オーラス東家トップ目、2位と10100~12000点差の場合

ここからは2位のまくり条件が跳満以上になります。
跳満以上となるとさすがにハードルも上がります。
とはいえ、何もしないでいると普通にまくられる点差なので、和了りにはいきますが、手が悪いと守備気味に打った方が得かもしれません。
リーチも2位のまくり条件を満貫ツモ以上に下げることになりますし、直撃を食らってしまうので、出来れば打たない方針です。
ただ、役牌だけはよほど手が悪くなければ鳴いておきましょう。

⑥ オーラス東家トップ目、2位と12100~15000点差の場合

このゾーンは⑤と違ってだいぶ押し気味です。
リーチ判断も普通でいいです。
リーチ棒を出しても2位が跳満ツモ条件のままなので。
直撃だと満貫でまくられますが、その場合はどの道ツモられると高確率で跳満手になってしまいます。
なので点差があるからと守備気味に打つのではなく、積極的に和了りにいきたいところですね。

⑦ オーラス東家トップ目、2位と15100~16000点差の場合

このゾーンは2位のまくり条件が、倍満ツモ条件へと変化します。
反面、直撃だと満貫でまくられるので、かなり守備気味に打つ必要があります。
2位はリーチを打たず、ダマで満貫直撃を狙いにくるものと思われますので、ほぼ配牌オリみたいなかんじになるでしょう。

リーチもまず打つことはないです。
意外と倍満手は簡単に出来ちゃうことがあるのですが、この状況で満貫ダマテンを警戒しないわけにはいかないので、配牌オリ気味にいってだめなら、それは仕方ないと割り切るしかないです。

⑧ オーラス東家トップ目、2位と16100~18000点差の場合

ここからは満貫直撃もセーフになります。
そのため、2位のダマテンを警戒する必要はあまりないです。
跳満のダマテンを張っているとしたら、ツモっても倍満になっているはずだからです。
ならば、放銃回避してもどの道ツモられてしまえばまくられます。
跳満チョッキリでダマ直撃を狙っているとは考えにくく、
普通はリーチをプラスして倍満をツモりにいくはずでしょう。
なので配牌オリとかは考えず、普通に和了りにいきます。
ただ、リーチを打つと2位のまくり条件が、満貫直撃条件へと変わってしまうので、リーチは絶対に打ってはいけません。

⑨ オーラス東家トップ目、2位と18100~20000点差の場合

このゾーンはリーチを打っても2位に満貫直撃まではセーフになります。
なので、普通に和了りにいきますし、和了れそうな手なら普通にリーチも打ってしまいます。
仮にそれで跳満直撃となってしまっても、どの道ツモられれば高確率で倍満になってしまうので、自分が和了りにいかず、2位が倍満手をつくってツモりにいっているのを放置している方が危険でしょう。

⑩ オーラス東家トップ目、2位と20100~24000点差の場合

このゾーンは2位のまくり条件が三倍満ツモ条件へと変化します。
反面、直撃なら跳満でまくられるので、2位はダマで跳満直撃を狙いにくるでしょう。
リーチしてツモって裏乗せても、三倍満の11ハンは相当ハードルが高いのに対して、跳満なら僅かに6ハンだけで足ります。
ここは余程早い巡目に和了れそうな手以外は配牌オリです。
何も鳴かないし、リーチも打ちません。

⑪ オーラス東家トップ目、2位と24100~26000点差の場合

ここからは2位に跳満直撃まではセーフになります。
ここまでくればもうセーフティリードと言ってもいいです。
ただ、リーチだけは絶対にやめておきましょう。
リーチを打つと跳満直撃でまくられます。

⑫ オーラス東家トップ目、2位と26100点差以上の場合

ここからはリーチを打っても跳満直撃まではセーフになります。
なので、何も考えなくてもトップは取れます。

三倍満は役満以上に出現率が低いのでまず安心です。
たぶん回線切っても大丈夫ですねw

≪まとめ≫

特に⑦と⑩がツモ損特有の点数状況で、ツモるより直撃を狙った方が有利になりやすいために、かなりダマテンを警戒する必要が出てきます。
この2つは特に意識しておく必要がありますね。
リーチを打つと著しく不利になる点棒状況というものもあり、単純に点差が大きいほど守備的になればいいかというと、そうではないことに注意です。

« 10/27~11/22、何切るツイートまとめ | トップページ | ヘッドをなくす鳴き~暗刻持ち »

コメント

サンマ鳳凰卓、結構打たれてましたね。
これからもサンマ情報お願いします。

個人的にはリーチ棒とかあまり気にせず二位のリーチにはハネマンツモでまくられる場合、フルゼンツするイメージでいます。それと、序中盤、役牌鳴かれてあっさり逆転されるのに注意してます。

>ななしさん

そうですね、跳満ツモ条件の15000点差が分岐点となりそうです。
役牌は和了れそうな手にならない限りションパイ切るのは慎重にしてますね。
三麻の戦術は三麻特有のものもあるんですが、あまり四麻と区別してないものも多かったりします。

ヨンマと違うのは鳴きですよね。
遠い鳴きがヨンマ以上に致命傷になりやすいなと感じます。あと、ケイテンの価値がかなり低いと感じます。

>匿名さん
僕は三麻の方がなんでも鳴いてますね。
四麻の方が安牌残した鳴きをよくしてて。
でもリーチは慎重にしてます。
先制のカンチャンドラ1でもダマってみたり。
ケイテンの価値が低いのはその通りですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64596947

この記事へのトラックバック一覧です: 天鳳三麻オーラス親番トップ目:

« 10/27~11/22、何切るツイートまとめ | トップページ | ヘッドをなくす鳴き~暗刻持ち »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ