« ひっかけシャボの読み | トップページ | スジ切りリーチの読み »

押し引きの教科書を読みました

51m8fzdlfal

福地誠の「押し引きの教科書」を読み終わりました。
コンセプトが”押し引き”ということで、これは今までの麻雀戦術本になかったもので画期的です。
本の前書きにもあるとおり、麻雀のゲームの本質というのは、実は手づくりのゲームではなく、押し引きのゲームなんです。
なのに、巷の麻雀戦術本は手づくりに比重が置かれすぎていて、牌理は得意だけど押し引きはいまいちという、いわゆる量産型デジタル雀士を数多く生み出してきました。
現代麻雀技術論しかり、ウザク何切る本しかり・・・って全部福地さんの出した本なんですけどね(笑)。
これらの牌効率手引き書で麻雀の手づくりを学んでも、実戦の押し引きに正しく反映させないとまるで意味がないというのが麻雀の本質なんです。
そのことに気づかせてくれたというか、ずっと前から抱いていた何切る議論を見ていて感じた違和感のようなものが、この本を読んで払拭されたようなかんじがしますね。

僕も何切る問題をいくつも考えたり解いたりしてますが、いずれも東発のフラットな点棒状況で、捨て牌も無視した上でどうするかということを考えてるだけであって、実際の麻雀で同じ選択をすることなんてほとんどないんですよね。
実際の麻雀では手牌の並びだけではなく、点棒状況や捨て牌、他家の動向など、様々に置かれた状況に対応しながら打牌を選択してます。
いわば何切るは机上の空論みたいなものです。
手牌の組み合わせだけなら、実戦でも同じ組み合わせに遭遇することはそれなりにあるでしょうけど、場況というのは無数にあるので、毎回同じ選択になることはほとんどありません。
なので、必ずしもウザク何切る本の問題が解けなくてもいいし、不正解連発でもいいんです。
その場に応じた打牌選択が出来るなら、それでいいんですから。
実際、何切る問題が苦手で牌理音痴だけど、麻雀は強い人だっています。
それはその場に応じた打牌選択が出来てるから強いわけです。
牌理オタクでもその場に応じた打牌が出来ない人は弱いままです。
この差を分けるのがいわゆる押し引きというものです。

ただ、押し引きというものは、毎回無数に違った状況の中で選択するものであって、一般化、セオリー化するのが難しいんですよね。
麻雀戦術本が牌理偏重化しているのは、これが原因でしょう。
僕は天鳳を打つ前に、極力フラットな状況を想定して、こういう手が来たらこう打つというのを頭に入れておいてから、実戦の場況に応じて修正を加えるという方法を採っています。
いわゆるシミュレーションとか、実戦想定訓練みたいなものです。
なので、何切る問題を解くことや、戦術本を読むことは決して無駄ではありません。
しかしそうではなくて、フラットな軸そのものが存在せず、その場に応じた発想や閃きで柔軟に対応するという人は、このプロセスは必要ないし、対応力そのものが強みで重きを置いているということでしょうから、かえって固定観念を植え付けるということにもなりかねないかもしれません。

それは人それぞれ個性というものがあり、必要なものも違うということでしょう。
しかしそんな僕でも押し引きとか、実戦での対応力というのは、実戦でしか身に付けられません。
これは戦術本にも書いてないですから、実戦で失敗を数多く繰り返して、その都度学習して覚えるしかないのです。
これをある程度、一般化セオリー化して前もって覚えておけば実戦でも対応しやすくなってくるでしょうね。

この本は可能な限り実戦麻雀に近づいた、リアルな麻雀実戦シミュレーションをしてみようという試みです。
そういったコンセプト自体は共感するものがありました。
ただ実際は、こんなものは場況によるとしか思えない問題も多数あります。
実戦で実際に対応してみないとなんとも言えないというか。
やはり実戦でよくありそうな状況を大づかみに想定して考えてみるというのは、難しいと言わざるを得ません。
ウザク何切る本などと比べて全体的に荒削りな印象を受けます。
なんか、答えがどっちでもいいとか、どちらとも言えないとか多くて投げやり(笑)。
それだけ答えを出すのが難しいってことなんでしょうけどね。
ウザク何切る本と比べたら読んでてしんどくもなく、ノリが軽いです。
竹書房の小冊子と似たノリです。
絞りについて解説してくれたのは評価できます。
絞りについては重要な割にどこの戦術書でもほとんど解説されてないですから。
ただそれでもまだ文量が少ないし、役牌の絞りについても解説がないのが少し不満です。
逆に、あえて鳴かせるとか、アシストの戦術は豊富に解説されてます。
僕も何度か福地さんと鳳凰卓で対戦したことがあるんですが、アシストしてるのを何度か見たことあります。
特上卓でアシストなんてまずないし、鳳凰卓でも意外とする人は限られてるんですが、アシストは福地さんの得意技っていうイメージありますね。
今回は編集だけじゃなく著作も自らされてるということで、福地色が濃い内容です。
鳴いた手に対する押し引き戦術も貴重ですね。

いろいろ不満もあって、ダマテンへの対応とか、ケイテン取りの押し引きも書かれてないですし、どう見ても和了れそうに見えないクズ手から安牌抱えて配牌オリ気味に打ったり、そういうのも重要な押し引きのひとつなんですが、そこの記述も足りてないと思いますね。
これさえ読めば押し引きマスターになれるというかんじではないです。
ただ実戦的で役に立つことが書いてあるのもたしかなので、麻雀強くなりたいなら読んでおいた方がいいですね。
戦術書ばかり読んでいると牌理オタクに偏りがちな頭をリフレッシュさせる意味でもいいです。
初心者はまずは押し引きより基本的な手づくりからだと思うので、中級者向けです。
上級者でもけっこう知らない戦術があると思います。

« ひっかけシャボの読み | トップページ | スジ切りリーチの読み »

コメント

かなり同意見です。

どっちでもいい


には困りましたね。でも、取り組み自体素晴らしいし、
効果のある人はたくさんいそうですよね。

>ななしさん
そうですね。
押し引きに関しては確固たるセオリーを確立するにはまだ難しい部分はあると思いました。
ただ押し引きは麻雀においてもっとも重要な分野なので、多少曖昧でも参考にする価値はありそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64672108

この記事へのトラックバック一覧です: 押し引きの教科書を読みました:

« ひっかけシャボの読み | トップページ | スジ切りリーチの読み »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ