« ヘッドをなくす鳴き~暗刻持ち | トップページ | ひっかけシャボの読み »

リャンカン形一気通貫何切る

イッツー絡みのリャンカン形のイーシャンテンから何を切るかというテーマで何切る問題をいくつも考えてみました。
自作何切るに関しては何故かイッツーが絡むケースばかり思いつきます。
それだけ実戦でイッツーをどう扱うか悩むことが多いということでもあると思うのですが。
今回から「一気通貫何切る」のカテゴリを新設しました。
今までのイッツー何切るがまとめて見れます。
忘れそうになったら何度か見直せば頭が整理されるかと思います。

① 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒七筒九筒三索四索五索

上の牌姿から何を切りますか?
5pを切ったときと7pを切ったときの違いは、5p切りだと6pツモでカン8pの愚形になるのに対して、7p切りだと6pツモで3-6pの両面に取れることです。
一見、良形と平和になりやすさで7p切りの方が良いように思いますが、正解は5p切りです。
平和のみ良形より、イッツーのみ愚形の方が期待値で上回ります。
ということは、6pをツモってきても、3-6pの両面に受けるメリットがないということです。
5p切りでも7p切りでも、
6pツモでテンパイすれば、どちらもカン8pに受けることに変わりはありません。

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒七筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

6pツモに差がない割に、9mツモでは明確に差がついています。
5pを先に切っておけば3-6p待ちの良形でテンパイ出来るのに対して、7pを先に切ったときは愚形のカン8pにしか受けられません。
これは5pを切って7pを引いたときと、7pを切って5pを引いたときを比べても同様です。
この差を考えると、5p切りが明確に有利という結論になります。

一萬白南七筒中横五筒

5p切りの優位性はそれだけに留まりません。
これは仮に4巡目に7pを切って、6巡目に3pか6pを引いてテンパイしたときの捨て牌です。
これだとモロひっかけのカン8pになってしまって、和了りにくいでしょう。
また、8pツモで3-6p待ちのテンパイになったとしても上のような捨て牌になりますが、これも宣言牌のまたぎですごく怪しい待ちになっています。
7p切って字牌を挟んで5p切りですから、5pが待ちの関連牌に見えますし、またぎの3-6pは本命と読むのがセオリーです。

一萬白南五筒中横七筒

仮に4巡目に5pを切って6巡目に3pか6pツモでテンパイした場合、上のような捨て牌でカン8p待ちです。
これならスジの8p待ちはかなり和了りやすそうに思えます。
8pツモでテンパイした場合も、上のような捨て牌になりますが、これも先切りの5pが利いて良い待ちになっています。


四筒五筒五筒七筒

3-6p待ちだとすると、こんな形を想像するので、ここから5p→7pの順に切ることはあまりないだろうと読むのが普通です。
このように同じツモで、同じテンパイでも、切り順1つで捨て牌の印象はガラリと変わることが分かると思います。

② 東1局西家4巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒七筒九筒三索四索赤五索

一応、ドラがあるケースについても言及しておきます。
5p切りと7p切りでは良形率に差がないため、ドラが何枚あっても5p切りが有利になります。
7p切りのメリットは6pツモで平和良形になることですが、5p切りでもイッツーが残るので、メリットは相殺されます。
ということは9m7pツモで良形テンパイが取れる5p切りの方が、ドラに関係なく有利です。

③ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索

これはどうでしょうか?
この場合は①ほど5p切りと1p切りで明確に差が付いていません。
一人麻雀練習機でシミュレートしてみても、期待値にほとんど差がありませんでした。

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索 ツモ九萬

その原因は9mツモでテンパイしたときの形です。
どちらも愚形のカン6pかカン8pの二択にしかならないんですね。

一萬白南一筒中横五筒

ただ、捨て牌には明確に差が付いています。
これは仮に4巡目に1pを切って、6巡目に3p、6pツモからカン8p待ちでテンパイしたケース、もしくは8pツモから3-6p待ちでテンパイしたケースです。
モロヒが怪しい捨て牌になっています。
3-6pの場合もソバテンで、普通に危険な待ちに見えます。

一萬白南五筒白横一筒

これは仮に4巡目に5pを切って、6巡目に3p、6pツモからカン8p待ちでテンパイしたケース、もしくは8pツモで3-6p待ちでテンパイしたケースです。
先切りの5pが利いていて、カン8pが出やすそうな捨て牌になっています。
3-6pも先切りのまたぎで、普通の無スジよりは少し出やすそうに思えます。

平面的な牌合わせのパズルゲーム的な視点で見ると、1p切りも5p切りも期待値にほぼ差がないですが、対人ゲームとして考えると5p切りが優秀になります。

④ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索赤五索

③のドラ1のケースについても言及しておきます。
これも勘違いしやすいのですが、5p切りが正解です。
6pツモの平和良形のテンパイは要りません。
6枚待ちの平和ドラ1よりも、4枚待ちのカンチャンイッツーの方が強いということのようです。
7枚待ちなら平和ドラ1が上回るようなんですが。

⑤ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒赤五筒五筒七筒九筒三索四索赤五索

③のドラドラのケースはどうでしょうか?
さすがにドラドラのカンチャンイッツーよりは、6枚待ちでも平和ドラドラの方が強いということになっています。
しかし、その差は僅かとなっているので、捨て牌の強さを考慮して5p切りとしたいです。
どうせ平和ドラドラならリーチを打ちます。
それなら捨て牌の強いカンチャン待ちリーチと和了率に差がないと思われるからです。

⑥ 東1局西家4巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒一筒二筒三筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索赤五索

ドラ3になるとどうでしょうか?
さすがにここまでくると平和も生きてきます。
平和ドラ3ならダマりますし、ダマなら捨て牌の強さは考慮しなくて良いでしょう。
良形率で言うと1p切りの方が上なので、1pを切ります

⑦ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒四筒五筒五筒七筒九筒三索四索五索

少し形は変わってこの場合はどうでしょうか?
この場合も6pツモで平和に受けることはないですが、捨て牌的には4pも5pもあまり差がないです。

一萬白南四筒中横五筒

一萬白南五筒中横四筒

どちらもカン8p待ちの出やすさには差がなさそうです。
ただ、上の捨て牌はカン8p待ちもあり得ると読む場合があります。
もっとテンパイ巡目が遅れればより怪しいですね。

ダブルターツの読み
http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-edee.html

そのへんの読みについては、詳細を
上の記事にも書いてあります。

3-6p待ちに関してはどちらも怪しい捨て牌になってしまいます。
典型的なダブルターツ落としの捨て牌なので。
ただ、5p→安牌→4pの順だと3-6pではないと読む場合もあるようです。
赤受けを考えると、4pから切った方が効率が良いから、ちょっと妙に思えるみたいですね。
このあたりの読みは石橋伸洋「進化するデジタル麻雀」の例題34に書かれています。

一萬白南四筒中横四筒

一萬白南五筒中横五筒

これは仮に6巡目に9mをツモってテンパイした場合の捨て牌です。
5p切りの場合は一応スジになってますが、モロヒがかなり怪しい河なので8pは出にくいと思われます。

五筒五筒七筒九筒

5p→字牌→5pの順に切られているということは、こういう形から5p連打した場合を想像するので、普通に5pが切られただけのリーチより、モロヒの危険度が上がっていると読みます。
スジでも8p待ちが警戒されるため、どちらも和了率に差はないでしょう。

総合的に考えると4p切りの方がほんの少し有利です。
赤5pをツモってそのままテンパイする方が都合が良いですし、6pをツモったときに、場況次第で3-6p待ちを選べるメリットもあります。

⑧ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒二筒三筒四筒六筒六筒七筒九筒三索四索五索

このような形のリャンカン形はどうなるでしょうか?
この場合は、イッツーが消える9p切りはありません。
9p切りが一番広いのですが、ドラがないので、手役は大事にするべきですね。
となると2pか6pですが、2p切りのメリットは5pツモで平和良形になることです。
しかし、5pツモはイッツーのカン8p愚形に受けるので、平和良形は要りません。
2p切りは3pツモが裏目になるので、6p切りとしておいて、3pツモで平和がつく形に構えた方が有利です。

⑨ 東1局西家4巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒二筒二筒三筒四筒六筒六筒七筒九筒三索四索五索

⑧のドラドラのケースですが、これはイッツーを嫌う9p切りとしていいです。
ドラ1までは6p切りですが、ドラドラからは9p切りです。
満貫あるなら、良形になりやすさと受け入れの広さを優先する方が有利ということです。
イッツーは消えても5pツモで平和が付くので、その分は相殺されています。

≪まとめ≫

リャンカンはとても弱いということが分かりました。
平和になりやすさがリャンカンの強みの1つではあるのですが、愚形のイッツーと比べると勝てないケースが多いです。
また、リャンカンに受けると捨て牌が弱くなりやすいということも分かりました。

« ヘッドをなくす鳴き~暗刻持ち | トップページ | ひっかけシャボの読み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64644801

この記事へのトラックバック一覧です: リャンカン形一気通貫何切る:

« ヘッドをなくす鳴き~暗刻持ち | トップページ | ひっかけシャボの読み »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ