« ペンチャン切りリーチの読み | トップページ | 10/5~10/19、何切るツイートまとめ »

ひっかけリーチの読み

今回は特に注意すべきひっかけリーチの捨て牌の読みについてです。
モロヒより重要なので頭に叩きこんでおきましょう。

九萬白六筒西白横二筒

こんなかんじの河で他家からリーチがかかりました。
これも少し妙なところがあり、2pは浮き牌としての機能が低いので、くっつき待ちの牌ではなさそうであるということがわかります。
単純に2p自体が浮き牌としての機能が低いですし、浮き牌としての機能が高い6pを先に切って、安牌を挟んでいるため、2pにくっつきを期待するのは変です。

二筒三筒四筒五筒

6pを切っているので、連続形を持っていた可能性も否定されます。
2pはターツのフォロー牌の可能性が高いでしょう。

二筒二筒三筒

まず考えられるのがここから2pを切って1-4p待ちです。
宣言牌の2pがくっつきでないということは、ソバテンの可能性が高まっているので、両面のスジの中では1-4pが最も危ないということになります。

一筒一筒二筒

ここから2pを切ってシャボ1p待ち

二筒四筒四筒六筒

ここから6p→2pの順に切って4pシャボ待ちも考えられますね。
これは2pや4pを切ったりすることもあるので、どちらかというと1pの方が危ないですが、1-4pはシャボにも刺さる可能性が高くなっているので、もっとも警戒しないといけない牌です。

二筒二筒四筒六筒

1-4pの次に危ないのが3pです。
ここから6p→2pの順に切った場合にカン3pになります。
2p→6pの順に切るとモロヒになってしまい、和了りづらくなってしまいますが、6p→2pの順に切ると先切りのひっかけになって比較的和了りやすくなります。
このパターンはあまり知られてないだけで、実はモロヒ以上に警戒すべきなのです。
宣言牌が6pとかだと、くっつきの牌として残した可能性も否定できませんが、宣言牌が2pだと関連の待ちになっている可能性が高いので、この場合のカン3pはモロヒ以上に危険です。

一筒二筒二筒六筒

この形から6p→2pの順に切るのもよくあることで、ひっかけということもあって1pを切ってシャボより、2pを切ってペンチャンに受けることが多いです。

二筒三筒三筒發發

ここからは通常3pを切って両面に受けるのですが、役牌がトイツの場合だったりするとシャボも充分ありえます。
6pを先に切っていることもあって、両面を捨ててスジのシャボ待ちに受けるのも自然でしょう。

一筒一筒二筒五筒六筒八索八索 ツモ一筒 or 八索

二筒三筒三筒五筒六筒八索八索 ツモ三筒 or 八索

単純形の両面4-7pの場合は1pトイツ、3pトイツのこのケースが特に怪しいです。
ただ、これは他の色が待ちになっている場合も同じことなので、特に危険とも安全とも言えません。

一筒一筒二筒赤五筒六筒六筒

二筒三筒三筒赤五筒六筒六筒

赤が絡むとここから6pを先切りするのは自然になってくるため、先切りのまたぎだからと言って安全とはならないです。

二筒四筒四筒五筒六筒六筒

4pトイツの4-7pだと仮定すると、こんな形から6p→2pと切って4-7p待ちになったことになってかなり不自然ですね。

二筒四筒四筒四索五索八索八索 ツモ八索

他の色が待ちだとすると、4pトイツだとしても自然です。

二筒二筒三筒四筒赤五筒六筒六筒

3面張のフォローとして2pを残したケースならあります。
ここから6p→2pと切るのも自然ですし、赤が絡むと6pから切られやすいですね。

二筒三筒四筒五筒五筒六筒六筒

ここから6p→2pと切ると3面張もイーペーコーも両方嫌ってることになるのでありえないです。

二筒四筒五筒六筒六筒七筒七筒

こんな形から6p→2pと切るのはありえないので、7pトイツのフォローとして2pを持っていたということはなさそうです。

一筒一筒二筒六筒七筒八索八索 ツモ八索

二筒四筒四筒六筒七筒八索八索 ツモ八索

単純形の両面5-8pの場合、怪しいのは1pトイツ、4pトイツのこのケースです。

二筒三筒三筒六筒六筒七筒八索八索

ただ3pトイツの場合はここから6pを切るのは少し変じゃないでしょうか。
5-8pより1-4pの方が強いので、3pの方を切りそうです。
7pトイツのケースはないので、他の色が待ちだったとしても1pトイツ、3pトイツ、4pトイツのうちのどれかになります。
5-8pは3pトイツのケースが可能性として低くなるので、少し安全と言えそうです。

一筒二筒二筒六筒七筒八索八索 ツモ三筒

他に考えられるのはこういう形から3pを引いて2p周りが面子化したケースがあります。
これは自然ですが、

二筒二筒三筒六筒七筒八索八索 ツモ一筒 or 四筒

これも少し変です。

二筒二筒三筒六筒六筒七筒八索八索

この形なら先に2pを切るからです。
タンヤオを見て6pを切った場合もありますが、1-4pの方が両面固定されやすいんじゃないでしょうか。

二筒四筒五筒六筒七筒

既に6pが切られているため、ここから6p引いて待ち変えしたということも考えられないです。

二筒四筒五筒六筒六筒六筒七筒

ここからは2pを切るのが広いので、両面カンチャンのフォローとして2pを抱えてたということもなさそうです。

二筒四筒六筒六筒

カン5pの場合、ここから6p→2pの順に切る手順は普通にありますね。
6p→6pと切るとモロヒが疑われてしまうので、6p→2pと切ってカン5pに受ける方が少し和了りやすそうに見えます。

≪まとめ≫

3pがとてつもなく危険であるということが改めて確認できました。
両面待ちこそないものの、カンチャン、ペンチャン、シャボ待ち、全てが自然な手順で待ちになりえます。
うっかりひっかからないようにしましょう。
ただ、一番危険なのはなんだかんだ言っても1-4pです。
逆に安全になるのが5-8pです。
これは単に先切りのまたぎというだけでなく、複合形や待ち変えの5-8p待ちのケースもないですし、2p周りの両面のフォローを残して6p周りの両面を固定する手順が考えにくいため、その分安全になります。
カン5pのケースがあるので、5pはそんなに安全じゃないですが、8pはだいぶ安全と言えると思います

4-7pは4pトイツのケースはなくなりますが、三面張が残ってるケースもありますし、赤を持っている場合、6pが先に切られやすいので安全とは言えません。
ただ、赤が自分から見えてる場合はだいぶ安全になると思います。

« ペンチャン切りリーチの読み | トップページ | 10/5~10/19、何切るツイートまとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64304338

この記事へのトラックバック一覧です: ひっかけリーチの読み:

« ペンチャン切りリーチの読み | トップページ | 10/5~10/19、何切るツイートまとめ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ