« 10/5~10/19、何切るツイートまとめ | トップページ | ダブルターツの読み »

進化するデジタル麻雀を読みました

71zyjmseskl

石橋伸洋の「進化するデジタル麻雀」を読みました。
内容は超上級者向け
おそらくASAPINの超精緻麻雀や新次元麻雀より上級者向けです。
帯のキャッチコピー通り、この世で最もレベルの高い麻雀戦術書と言えるでしょう。
それだけに役に立つかと言われるとかなり人によると思われます。
中級者程度には難解すぎて何が書かれているのかさっぱり。
上級者でも実戦に反映させるのはかなりハードルが高く、困難になってきます。
そもそも天鳳鳳凰卓上位レベルでも考えないような戦術がこの本には書かれています。
面子も上位レベルの相手を前提とした戦術が多く、天鳳鳳凰民や競技プロ向けの本です。
それと、実戦ではなく牌譜検討向けです。
この本の内容を実戦で実践的に使うのは無理がありすぎです。
まずはこの本の内容を参考にしながら、牌譜検討でじっくり時間をかけながら相手の手を読んでいくトレーニングをしていきます。
それを積み重ねていけばもしかしたら実戦で相手の手を読む余裕も出来てきて、具体的な打牌に反映させることも可能になってくるかもしれません。
間違ってもいきなり実戦で使おうなどとは考えないことです。
いきなり実戦で使おうとしたら、余計なことを考えすぎて成績が落ちる可能性もあります。

そのくらい難しい本ということで、中級者にはもっと他に読むべき本がある気がします。
麻雀のスキルは必ずしも基礎的なことから覚えなくてもいいと思うし、興味深く面白く読めるならこの本から読んだっていいと思いますが、読んでて目眩を覚えるようならこの本はおすすめはしません(笑)。
逆に上級者にはおすすめです。
特に巷の戦術本では内容が凡庸で物足りないとか、とにかくレベルの高い戦術を読みたいという人にはぜひ。

全体を通して麻雀の読みの戦術が中心となっていて、ここまで読みについて詳細に書かれている戦術書も珍しいです。
他家の手はこう読む、あるいは自分の手を相手にこう読ませるなど。
デジタルといいますが、石橋さんのどのへんがデジタルなのか僕にはよくわかりませんね。
従来、デジタルというのは読みを軽視してきたはずなので、デジタルというかんじはしないです。
ただ、デジタルというのはオカルトのアンチテーゼとして生まれた概念なので、従来の曖昧で無根拠なつかみどころのない経験則や主観に頼った読みではなくて、相手の牌理に沿った思考パターンを片っ端から全て列挙していき、可能性を全て考慮した上で残るものを採択していくという、これは極めてロジカルな麻雀、思考法と言えます。
そういう意味ではオカルトの対極にあるものと言えますが、従来の場況や読みといった概念を軽視してきたデジタルの麻雀とも一線を画すものです。
そのあたりが”進化したデジタル”というやつなのかもしれませんが、このデジタルという概念もそろそろどうなのかなという気がします。
これをデジタルと言ってしまうとデジタルの概念が際限なく広がってしまって、何をもってデジタルとするのかよくわからないですね。
いまさらオカルトを信じてる人もあまり居ないだろうし、別に必ずしもデジタルじゃなくていいというのが僕の考えです。
従来のデジタルというイメージを持っている人には、あまりにかけ離れた内容だということは言っておきます。

99586129_2

この本は前作の「黒いデジタル麻雀」の続編となっています。
こちらもおすすめ。
進化するデジタル~は黒いデジタル~の内容の実戦編のような内容になっていて、黒いデジタル~で書かれている戦術を、具体的にどう実戦に反映していくかということが進化するデジタル~には書かれています。
黒いデジタル~を読んでいると、その流れには感動的なものすら覚えます。
なので出来れば両方読むのがおすすめで、順番的にも黒いデジタル~の方から読むのがおすすめです。

« 10/5~10/19、何切るツイートまとめ | トップページ | ダブルターツの読み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64422238

この記事へのトラックバック一覧です: 進化するデジタル麻雀を読みました:

« 10/5~10/19、何切るツイートまとめ | トップページ | ダブルターツの読み »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ