« ASAPINのバカ勝ち本を読みました | トップページ | ペンチャン切りリーチの読み »

8/21~9/17、何切るツイートまとめ

ツイッターで流れてきた何切る問題を解いていきます。
だいぶ前の問題もありますが、久しぶりに見たら解き方を忘れてました。
やはり何度か見直さないと頭に入らないです。
放っておくとツイートが埋もれてしまうので、こうやって記事として残しておくことは大事ですね。
ペースとしては1ヶ月に3問くらい見つかればいい方かなと思います。
年間通せば30問くらいにはなりますね。
それだけの数を解いていけば、それなりの思考力が身についてくるんじゃないでしょうか。

① 東1局東家7巡目、ドラ六萬ツモ二萬

三萬四萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬五筒六筒四索五索六索

これは既にテンパイしていますが、タンヤオイッツー三色の見える手を捨てて単騎テンパイはさすがにないでしょう。
とすると4mか9m切りの2択です。
まず5p6pをツモった場合の展開を考えてみると、4m切りなら1-4-7mのフリテン三面張で、1mツモのみイッツーの和了り。
9m切りなら3-6-9mのフリテン三面張で、3mツモでタンヤオ、6mツモでタンヤオドラ。
ということで9m切りの方が1ハン分得します。
正確に言うと、3-6-9mのフリテン三面張は平均するとプラス1ハン。
1-4-7mのフリテン三面張は平均するとプラス0.8ハンくらいです。
1mが全部生きてるので、意外と差はないですが。

次に4pをツモった場合で比較すると、9m切りなら8mを切って1-4-7mに受けるのがもっとも期待値が高いので、1mで和了れば平和、4mでタンヤオ平和、7mでタンヤオ三色がつきます。
4mを切っていた場合、2mを切って3-6-9mに受けるのがもっとも期待値が高いので、3mで和了れば三色、6mはドラがつき、9mは何もなしとなります。
平均すると9m切りの1-4-7m待ちの方が打点が上がりやすく、期待値が高いということです。

これらのツモの順番が逆になり、萬子から埋まってピンズ待ちになったとしても同じことで、手役の付きやすさで9m切りが勝ります。

② 東1局西家2巡目、ドラ二萬ツモ七筒

二萬二萬三萬七萬八萬二筒三筒赤五筒九筒一索一索七索八索

これは打牌候補の多い難問です。
選択肢としては2m、3m、2p、5p、9p、1sあたりになってくるでしょうか。
一応、赤はないものとして一人麻雀練習機にかけてみたのですが、3mが期待値最大となりました。
次いで5p、9p、1sとなります。
ツイートを見ると1s派が多いんですが、1sの期待値はいまいちなんですね。

個人的には9p切りがもっともしっくりきます。
1s切りは5ブロック固定手順で、一見良さそうに見えますが、リャンカンを面子候補として固定することになり、これが最後まで残るとテンパイは愚形になってしまいます。
それに対して9p切りなら瞬間6ブロックですが、ヘッドも良形ターツも揃っていて、テンパイは必ず良形になるという強みがあります。
完全イーシャンテンにもなりやすいです。
9p切りと赤5p切りの比較ですが、赤5p切りだと三色にするには9m、8p、9sの三種が必須ですが、9p切りとして赤を使い切るなら4p、5p、6pのどれかを引くだけでいいです。
また、9p切りでも純チャンの可能性はまだ残ります。

とはいえ3m切りの魅力も捨てがたいです。
1mが2枚飛んでいるのでこの周辺は厳しいですし、ドラをトイツに固定すればドラが出て行くこともなく、その分打点も上がりやすいはずです。
3mを切ってもどうせ次には1s切るのだから先に切っておけという考え方もあるのでしょうが、先に1m4mを引くとヘッドがなくなり不安定な形となりますし、ドラも1枚出て行ってしまいます。

期待値上位2つの3m切りか9p切りのどちらかが正着だと思います。
この先チャンタや三色で仕掛ける可能性もなくはないことから、仕掛けの差で9p切り有利となりそうですが、1mが2枚飛んでいることを考えると正解は3m切りだと思います。

③ 南4局オーラス南家2巡目、ドラ三索ツモ四筒

一萬二萬三萬三萬八萬八萬四筒五筒七筒七筒四索四索赤五索

この問題のポイントはオーラスでのこの点棒状況です。
東1局なら個人的には1m切り1択でして、何も迷うことがありません。
ちなみにクイタンを見ているわけではなくて、ほぼタンヤオチートイ一直線です。
この手はタンヤオチートイにするのがもっとも打点期待値が高いので。
しかしオーラスのこの点棒状況なら打点の期待値ではなく、和了率を最大にとらなくてはなりません。
ということで和了率を最大にとるなら3m切りです。
チートイツはテンパイしやすいですが、愚形3枚待ちなので和了率が低いです。
テンパイまでは遠回りになりますが、和了りだけを追うなら3m切りの方がいいのです。
問題はこの点棒状況でリーチが打ちにくいことなんですが、最悪役なしでダマテンにするかピンズで3445みたいな形になったらテンパイを外すかします。
4mさえ引ければタンヤオになるので、意外と役ありにはなりそうな気がします。
1m切りとしてクイタンした方が速いのではないかという気もしますが、この点棒状況では手牌をあまり短くしない方が良いでしょう。
5p切りとしてチートイツと面子手の天秤にかけるのも柔軟ですが、面子手の受け入れを減らすことになるので、やはり和了率は下がってしまいます。
この巡目だとチートイツは捨ててしまった方が和了率は高いんですね。
早い巡目なら愚形テンパイを外すのと同じで、愚形になるイーシャンテンも外していいんです。

ちなみに僕以外に誰も3m切り派はいないようですが(笑)。

« ASAPINのバカ勝ち本を読みました | トップページ | ペンチャン切りリーチの読み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64218099

この記事へのトラックバック一覧です: 8/21~9/17、何切るツイートまとめ:

« ASAPINのバカ勝ち本を読みました | トップページ | ペンチャン切りリーチの読み »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ