« 平和のみリーチ判断まとめ | トップページ | ヘッドをなくす鳴きまとめ »

一気通貫リーチ判断まとめ

カンチャン、ペンチャン待ちのイッツーテンパイのリーチ判断について、勘違いが多かったのでまとめました。
今回も一人麻雀練習機によるシミュレート結果を参考にしています。

① 東1局西家2巡目、ドラ二索

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒三索四索五索白

上の牌姿でテンパイしていますが、リーチしますか?
様々なケースを想定して検証しましたが、ドラなしイッツーのみテンパイは、ほぼ全てのケースで序盤から終盤まで即リーチ有利になるということが分かりました。
期待値の上がる手変わりがあまりにも少ないことが原因です。
実は上のテンパイから3pツモって平和三面張でも、10巡目あたりまでは期待値が下がっています。
イッツーのみ愚形>平和のみ三面ということですね。
ということはドラツモと赤ツモ以外に手変わりがないということになります。
愚形なので一見手変わりがありそうに見えるんですが、両面変化よりそのままの愚形の方がいいということなんで、手変わりを待っても無駄なんです。

② 東1局西家2巡目、ドラ二索

九萬九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒白白發

この場合は白ツモの三面張で期待値が上がります。
白のみのノベタン待ちでもほんの少し期待値が上がるようですが、イッツーのみテンパイは、ドラツモ以外は役牌暗刻にする手変わりくらいでしか期待値が上がりません。
上の牌姿ももちろん即リーチです。

③ 東1局西家2巡目、ドラ二索

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒九筒南南南

例外的にイッツーのみテンパイでリーチを打たないのは、ホンイツへの渡りがある場合です。
ただし、強い浮き牌がある場合に限ります。
これは9mのトイツ落としとしてテンパイを外します。

上の牌姿だと浮き牌としての機能が最も強く、12巡目あたりまでテンパイ外しが有利になります。

④ 東1局西家2巡目、ドラ白

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒南南南白

この場合は浮き牌が数牌ではないので、即リーチが有利です。
字牌はドラであっても浮き牌としての機能が低いです。

⑤ 東1局西家2巡目、ドラ二索

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒九筒南南南

この場合は浮き牌としての機能が少し弱いらしく、即リーチが有利です。
当然5pの方を切ってリーチします。

⑥ 東1局西家2巡目、ドラ二索

九萬九萬一筒二筒二筒三筒三筒四筒四筒五筒六筒七筒九筒九筒

チンイツの渡りがある場合もテンパイ外しが有利になります。
最も浮き牌としての機能が強い上の牌姿だと14巡目あたりまでテンパイ外しが有利です。
チンイツの場合はどの数牌が浮き牌でも序盤ならテンパイ外しが有利になるようです。
ただし、浮き牌を必ず1枚必要とします。
染め色の数牌12枚持ってなきゃだめってことですね。

⑦ 東1局西家8巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒七筒九筒三索四索五索白

ドラ1のケースです。
これは12巡目あたりまでダマ有利と出ました。
ドラが1枚プラスされたとたんに平和の期待値評価が高まり、イッツー愚形の評価を上回ったことが原因です。
イッツードラ1より平和ドラ1の方が評価が高いってことですね。
したがって、6pツモは手変わりのうちに入ります。
3pツモの三面張は特に評価が高いです。
ただ5pツモは6枚待ちのため期待値が上がらず、手変わりのうちに入らないようです。
ダマで5pをツモってきてもそのままツモ切ってしまった方がいいでしょう。

⑧ 東1局西家4巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒七筒九筒三索三索三索白

良形変化に平和が付かないケースです。
これは6巡目あたりまでダマが有利です。
期待値の上がる変化は9mと3pツモの三面張変化だけです。
5p6pの両面変化では期待値は上がらないので、中盤以降はこのままリーチしてしまってもかまいません。

⑨ 東1局西家2巡目、ドラ西

九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒七筒九筒三索四索赤五索白

ドラドラのケースです。
これは序盤から終盤までリーチが有利と出ました。
ドラドラになると今度は手変わりよりも即リーチの期待値が少し上がるようです。

⑩ 東1局西家8巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒三索四索五索白

ドラツモの三面張と赤2種の手変わりがある場合です。
ここまでくるとおよそ10巡目あたりまでダマが有利になるようです。

⑫ 東1局西家8巡目、ドラ三索

九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒七筒九筒三索四索赤五索白

ドラ3のケースですが、今度は一転してダマ有利になりました。
カン8(2)は全部ダマでいいようです。
かなり終盤近くまでダマが有利と出ており、ほんの少しでも手変わりがあればダマにする方が有利という判断のようです。

⑬ 東1局西家8巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒七筒九筒三索四索赤五索白

ドラ4のケースです。
これもダマが有利になりました。
ただ、ドラ3のケースに比べると即リーチの期待値が少し上がっていて、10巡目以降はリーチ有利となっています。

⑭ 東1局西家2巡目、ドラ二索

九萬九萬一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒八筒九筒三索四索五索白

これまでカン8pテンパイのケースを見てきましたが、ペンチャンテンパイのケースは、ドラの枚数関係なく、ほぼ全てのケースで序盤から終盤までリーチ有利になることがわかりました。
待ち変わりが不可能なことが原因です。
どんな牌姿でもペンチャンである限り、1手変わりで待ちが増えることはないので、ドラ引きなどの打点上昇変化しかありません。
手変わりが限られているのでその分、即リーチ有利になるようです。
例外はメンホンメンチンの渡りがある場合のみです。

⑮ 東1局西家2巡目、ドラ六索

九萬九萬一筒二筒三筒四筒六筒七筒八筒九筒三索四索赤五索白

カン5待ちに関してもリーチが有利になりやすく、これも序盤から終盤までリーチが正解です。
3p7pの平和良形変化がありますが、7枚待ちの劣化両面となってしまうため、少し評価が低くなっています。
このままのテンパイと比べても期待値はどっこいどっこいで、手変わりのうちに入らないと言ってもいいでしょう。

⑯ 東1局西家8巡目、ドラ九萬

九萬九萬一筒二筒三筒四筒六筒七筒八筒九筒三索四索赤五索白

ドラ3のケースはカン5待ちでもダマが正解です。

⑰ 東1局西家2巡目、ドラ三索

九萬九萬一筒二筒三筒四筒六筒七筒八筒九筒三索三索三索白

このような極端に手変わりの少ない牌姿はドラ3カン5でも即リーチとなります。
平和の付かない良形変化は評価
が低くなっており、この場合の3p7pは手変わりのうちに入っていません。

≪まとめ≫

ドラなしイッツーは全部即リーチ。
ペンチャン待ちはドラの枚数関係なく全部即リーチ。
イッツードラ1はダマ。

イッツードラドラは即リーチ。
ドラ3枚以上のイッツーはダマ。
おおざっぱに言うとこんなかんじです。

平和の有無を問わず、三面張の手変わり評価は高いので、カン8(2)待ちはダマ寄りに傾いています。
全体的には即リーチの期待値が高い印象です。
イッツーは2ハンあって、4枚待ちのペンチャン、カンチャンなので、愚形でも強いということでしょう。
イッツーの場合は愚形が両面の評価を上回るケースが多々あるので、そこを注意してみる必要があります。

« 平和のみリーチ判断まとめ | トップページ | ヘッドをなくす鳴きまとめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64159796

この記事へのトラックバック一覧です: 一気通貫リーチ判断まとめ:

« 平和のみリーチ判断まとめ | トップページ | ヘッドをなくす鳴きまとめ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ