« リャンカンイーペーコー何切る問題集 | トップページ | 一気通貫リーチ判断まとめ »

平和のみリーチ判断まとめ

現代流のセオリーで「平和のみ手は即リーチしろ」ということはよく言われることです。
本当なのかどうか一人麻雀練習機を使ってたしかめてみようと思いました。
ただ、赤に関しては正確な数値は測れないので、おおよその期待値量を足して計算しています。

① 東1局西家2巡目、ドラ二筒

九萬九萬三筒四筒五筒七筒八筒九筒一索二索三索五索六索白

上の牌姿でテンパイしていますがリーチしますか?
この手はドラツモの手変わり、赤2種の手変わりがありますが、それでも2巡目の時点で圧倒的リーチ有利です。
たしかに平和のみは即リーチしろっていうのは正しいみたいですね。

② 東1局西家6巡目、ドラ二筒

九萬九萬三筒四筒四筒五筒五筒六筒一索二索三索五索六索南

これはどうでしょうか。
手変わりは2pのドラ、3p6pツモのイーペーコー、赤5p、赤5sがあります。
これは8巡目あたりまでダマが有利と出ました。
さすがにこれだけ平和ドラ1の手変わりが豊富にあると、ダマ有利になることもあるようですね。

③ 東1局西家2巡目、ドラ二筒

九萬九萬三筒四筒四筒五筒五筒六筒二索三索五索六索七索白

②と似たようなケースですが、待ちだけが違います。
これは期待値的にはダマですが、
リーチとしたいです。
端牌の1sが待ちに絡んでいると、今にも他家に和了り牌を打たれそうな気がするからです。
この手を2巡目から1000点で終わらすにはあまりにもったいなさすぎます。
これはシミュレーターでは計測できない期待値となりますが、おそらく②よりもダマの期待値は下がっていると思われます。

④ 東1局西家2巡目、ドラ西

二萬三萬四萬九萬九萬三筒四筒五筒七筒八筒三索四索五索白

1手変わり三色というケースです。
これも序盤から終盤までリーチが正解。
確定三色に赤3種と、それなりに手変わりが豊富な牌姿に見えますが即リーチの期待値には届きません。
何故なんでしょうか?
どうやら2ハンアップの手変わりは少し打点上昇効率が悪いということのようです。
1ハンアップの手変わりがもっとも効率が良いので、大きく打点上昇する手変わり1つより、1ハンアップの手変わりが多くある方が望ましいのです。

⑤ 東1局西家2巡目、ドラ西

六萬七萬八萬三筒四筒七筒八筒九筒二索二索六索七索八索白

1手変わりタンヤオ三色というケースです。
これも序盤から終盤までリーチとなります。
心理的にはダマりたくなる牌姿です。
昭和のノスタルジィがうずくようなかんじでしょうか。
しかし、6pツモで一気に3ハンアップとなってしまうので効率が悪いです。

⑥ 東1局西家2巡目、ドラ西

一萬二萬三萬九萬九萬二筒三筒四筒七筒八筒一索二索三索白

1手変わり純チャン三色というケースです。
これも序盤から終盤までリーチが正解。
これだけ極端に打点上昇が見込める手変わりがあってもまだリーチが有利になるんですね。
ただ、冷静に見ると1pツモで三色は確定しても純チャン三色は確定しません。
不確定の手役は評価しすぎないように冷静に見る必要があります。

⑦ 東1局西家6巡目、ドラ西

二萬三萬四萬九萬九萬三筒四筒五筒二索三索四索四索五索白

5mツモで高め三色、2pツモで確定三色、5sツモで高めイーペーコー、赤3種の手変わり。
これはおよそ8巡目あたりまでダマ有利です。
三色の手変わりはあまり効率が良くないですが、手変わりの種類自体が多いなら手変わりを待っても良くなります。

⑧ 東1局西家8巡目、ドラ一索

二萬三萬四萬九萬九萬三筒四筒五筒二索三索四索四索五索白

⑦のケースに加え、ドラの手変わりがあった場合。
ここまでくると序盤から終盤までダマ有利になってきます。

⑨ 東1局西家4巡目、ドラ二筒

九萬九萬三筒四筒五筒七筒八筒九筒三索四索五索五索六索白

三面張の手変わりのあるケースです。
これはドラと赤2種、6sツモで高めイーペーコーの手変わりを合わせるとおよそ5巡目あたりまでダマが有利です。
三面張の手変わりの評価は0.5ハンアップ相当の手変わり(赤2種の手変わりと同程度)くらいのようです。

⑩ 東1局西家8巡目、ドラ二筒

三筒四筒五筒六筒七筒八筒一索二索三索六索七索八索八索白

亜両面待ちのケースです。
2pツモでドラと三面張、35689pツモで三面張、4sツモでタンヤオの手変わりと、これだけあれば序盤から終盤までダマが有利です。
三面張といっても⑨の三面張より待ちが2枚少ないので評価が低くなる
んですが、亜両面待ち自体も6枚待ちで評価があまり高くないので、手変わりの評価が高くなってきます。
亜両面待ちは手変わり種が多くなりやすいので、多くの場面でダマが有利になってきます。

≪まとめ≫

平和のみテンパイのダマが期待値有利になるケースはごく限られています。
フラットな点棒状況ではほとんどのケースでリーチが正解です。
その中でもいくつか例外があるので覚えておいて損はないと思います。
1ハンアップの手変わりが豊富にあることが条件となりますが、合計しておよそ2.5ハンアップ相当程度の手変わりがあれば序盤ではダマ有利になり、3.5ハン相当程度なら中盤までダマ有利になります。
三色、純チャン、1種の手変わりでドラと手役が複合するケースなど、大きく打点が上昇する手変わりは効率が良くないので、評価を下げる必要があります。
必要なのは高い手ではなく、手変わりの数です。
ただ③のケースでも述べたように、あまりに良い待ちだと手変わりの牌をツモる前に和了ってしまいます。
これはシミュレーターで計測不能な期待値ですが、ダマで出和了りしやすい待ちは期待値が下がっていると思われます。
待ちに19牌が絡んだり、場況的に良い待ちなら、期待値的にダマでもリーチしてしまう方が得策だと思います。

« リャンカンイーペーコー何切る問題集 | トップページ | 一気通貫リーチ判断まとめ »

コメント

れんらくさんも十段以上になって本出しましょう!

楽しみです。

>ななしさん
最近三麻の方は調子良いんですが、四麻の方はずっと悪いですね。
十段まだまだ厳しいです。

十段になったら、絶対書けますよ。
文章力ありますもの。

>ななしさん
ありがとうございます。
十段にはなりたいですけども、なったらそのときまた考えますw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64149704

この記事へのトラックバック一覧です: 平和のみリーチ判断まとめ:

« リャンカンイーペーコー何切る問題集 | トップページ | 一気通貫リーチ判断まとめ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ