« ヘッドレスイーシャンテン何切る問題集 | トップページ | リャンカンイーペーコー何切る問題集 »

イーペーコーリーチ判断まとめ

カンチャンイーペーコーのリーチ判断について勘違いが多かったので、微妙な牌姿をまとめてみました。
今回も一人麻雀練習機によるシミュレートを参考にしています。

① 東1局西家2巡目、ドラ西

九萬九萬三筒四筒五筒七筒七筒八筒九筒九筒三索四索五索白

ドラなしイーペーコーのリーチ判断です。
これは明確に序盤から終盤までリーチ有利となっています。
手変わりも少なく、リーチの打点上昇効率もそこそこ、待ちが端寄りで和了りやすそうなので、イーペーコーテンパイの中でもリーチはかけやすい部類に入ります。

② 東1局西家8巡目、ドラ西

九萬九萬三筒四筒五筒七筒八筒九筒三索三索四索五索五索白

内寄りのカンチャン待ちのケースです。
これは中盤から終盤にかけてリーチが有利となっています。
6巡目まではダマ有利です。
①に比べると手変わりが豊富にある分、リーチの優位性は失われます。
中盤以降もリーチの期待値はわずかに有利となるだけなので、ほんのちょっとの場況の変化でダマることも多くなります。
待ちも真ん中寄りで苦しいため、リーチ判断は場況を見極めて慎重にすべきでしょう。

③ 東1局西家8巡目、ドラ二筒

九萬九萬三筒四筒五筒七筒八筒九筒三索三索四索五索五索白

②に加えてドラツモの手変わりがあるケースです。
こうなってくると序盤から終盤までダマ有利となってきます。
ドラツモや9m2356sの良形変化に加え、赤2種の打点上昇変化もありますので。

④ 東1局西家8巡目、ドラ西

九萬九萬三筒四筒赤五筒七筒八筒九筒三索三索四索五索五索白

続いてドラ1イーペーコーのケースです。
これは序盤から中盤にかけてダマ有利となります。
正直、②のテンパイより、④のテンパイの方が心理的にはリーチをかけやすいんですが、ドラ1になると手変わりを待った方がいいようです。
②のテンパイが平和のみやリーチのみになる手変わりしかないのに比べて、④のテンパイは平和ドラ1やリーチドラ1になる手変わりがあるため、ドラ1あると手変わりを待っても平均すればお釣りがくるという計算のようです。
平和のみやリーチのみに比べて、平和ドラ1やリーチドラ1はリーチによる得点上昇効率が高いということでしょうね。
10巡目以降はリーチ有利となります。

⑤ 東1局西家2巡目、ドラ西

九萬九萬三筒四筒赤五筒七筒七筒八筒九筒九筒三索四索五索白

ドラ1イーペーコーの端寄りカンチャン待ちのケースです。
これは序盤から終盤までリーチ有利
同じドラ1イーペーコーでも③とは全然違います。
待ちの強さも違うし、手変わりの種類の数も違うので。

⑥ 東1局東家2巡目、ドラ西

九萬九萬三筒四筒赤五筒七筒八筒九筒三索三索四索五索赤五索白

続いてドラドライーペーコーのケースです。
これは明確に序盤から終盤までダマ有利
愚形役ありの5200、7700はダマでいいとよく言いますが、この場合は手変わりも強いのでよりいっそうダマが強いです。
現状待ちが弱すぎるので、親でもけん制リーチとはいかず、手変わりを待ちたいところです。

⑦ 東1局西家2巡目、ドラ西

九萬九萬三筒四筒赤五筒七筒七筒八筒九筒九筒三索四索赤五索白

ドラドライーペーコーの端寄りカンチャン待ちのケースです。
これはリーチもダマもほとんど期待値に差がありません。
全体的にはほんの少しダマが有利です。
しかし序盤ならリーチ
としたいところです
有効な手変わりがほとんどないので、序盤ならツモ裏の跳満を狙ってみてもいいと思います。
中盤以降はダマが無難です。
リーチにより8pを止められるケースが増えそうなので。

⑧ 東1局西家2巡目、ドラ九萬

九萬九萬三筒四筒五筒七筒七筒八筒九筒九筒三索四索五索白

⑦と同じ牌姿と打点ですが、これは明確にダマ有利となります。
一見⑦と何も変わってないように見えるのですが、赤5pと赤5sの受け、9mのドラ受けがあり、9pツモから7p切りリーチとしてもドラの受けが出来るので、手変わりが強く、ダマの期待値が大きく変わってくるのです。
同じ牌姿と打点でもドラの種類によっては判断が変わってくることもあります。

⑨ 東1局西家2巡目、ドラ九萬

九萬九萬三筒四筒赤五筒七筒七筒八筒九筒九筒三索四索五索白

続いてはドラ3のケースです。
これは明確にダマ有利です。
ドラ3、ドラ4イーペーコーのケースでは大体どんな牌姿や巡目でもダマ有利になってくることが分かりました。
打点充分なので、どんなに薄くても良形の手変わりを待った方が平均的には得点が高くなってくるということなんでしょうね。

≪まとめ≫

カンチャンイーペーコーのリーチ判断は全体的にだいぶダマ寄りに傾くことが分かりました。
鉄板かと思われていたドラ1のケースもダマが有利になるとは驚きです。
また、たとえリーチのケースであっても、わずかにリーチの期待値が上回るだけであるので、ほんのちょっとの場況の変化でダマることも多くなります。
具体的には待ち牌が河に1枚切れた時点で、もうほとんどのケースでリーチは打てなくなるでしょう。
カンチャンイーペーコーがこんなにも弱いのは、自分で待ち牌を1枚使っているので、待ち牌が必ず1枚引かれてしまうことが原因だと思います。
8枚待ちが7枚待ちになるのは大した差ではありませんが、4枚待ちが3枚待ちになってしまうのは大きな差です。
4枚待ちと3枚待ちでは和了率に大きな差があることも分かりました。
同じカンチャンでも4枚待ちと3枚待ちのカンチャンでは大きく違うということですね。
また、真ん中寄りのカンチャンはダマ寄りに傾くということも分かりました。
これは待ちの強さではなくて、手変わりの豊富さでダマが強くなるということです。
これも大きな違いですね。

« ヘッドレスイーシャンテン何切る問題集 | トップページ | リャンカンイーペーコー何切る問題集 »

コメント

大変参考になる記事です。ありがとうございます。
ただ天鳳に限って言えば鳳凰卓と、特上卓では使い分ける感じになるかなと思いますが
どうでしょうか?
自分はドラが2つのやつ以外は、10巡目ぐらいまでなら鳳凰卓ではリーチ
特上ではダマかなと思いました。特上ではけっこう突っ込んでくる方も多いので
待ちが良くないときはあまりリーチしません。
データ的にはこの記事のケースは自分では優劣わからなかったので、非常によかったです。

>ボギーさん
ありがとうございます。
鳳凰卓で判断が変わってくるのかということですが、最近の鳳凰卓はけっこう押し返しが強い印象です。
ただラス目や親に対してはやはり押し返しにくくなるので、そういう状況によってはリーチ寄りになってくると思います。
特上卓では点棒状況による他家の動向が読めないことが多いのでそういう意味ではたしかにダマ寄りになってきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/64103047

この記事へのトラックバック一覧です: イーペーコーリーチ判断まとめ:

« ヘッドレスイーシャンテン何切る問題集 | トップページ | リャンカンイーペーコー何切る問題集 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ