« 三麻のハイテイの数え方 | トップページ | 弱気と慎重の境目 »

四麻のハイテイの数え方

前回の記事で三麻のハイテイの数え方について書いたので、一応四麻のハイテイの数え方についてもおさえておきます。

「ハイテイの数え方」
http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-8532.html

四麻のハイテイの数え方に関しては以前にこの記事で書いてあります。
山数えの方法ですが、これさえ出来れば特に何の問題もないんですよね。
速いし、簡単です。
唯一問題なのは山が多いときに数えづらいことなんですが、序盤でハイテイを知る必要がまずないんで問題にもならないですね。
三麻のハイテイの数え方が異常に難しいので、四麻に関しては簡単すぎて拍子抜けしてしまうほどです。
でも、念のために正攻法の鳴き牌を数えるやり方も覚えておきましょう。
一般的な数え方ですが、それに応用を加えることで格段に速くなります。
本当に念のためだし、山数えのやり方だけで特に困ることもないんですが、両方覚えておけば状況に応じて使い分けられるし、より高速にハイテイを把握することが可能になります。
その分思考を乱されることも少なくなるでしょう。

まず、何も動きがないときのハイテイは南家です。
ここが基点となりますが、三麻とは基点が変わってくることに注意です。

チー=+1
上家ポン=+1

対面ポン=+2(-2)
下家ポン=+3(-1)
カン=-1

そこから上の数値を元にハイテイが変化していきます。
全ての仕掛けとカンの数値を合算して、数値分を反時計回りに(ツモ順方向)に動かしたところがハイテイです。
+2は-2、+3は-1で数えてもいいし、どっちでも都合の良い方で数えればいいです。
+1が西家、+2が北家、+3が東家、+4で基点の南家に戻り、そこからさらにプラスするごとに西家→北家→東家→南家と巡っていきます。
マイナスの場合は時計回りに(反ツモ順方向に)-1が東家、-2が北家、-3が西家となります。
これがまずは基本となりますが、これを毎回ひとつひとつ数えていたんでは時間がかかりすぎるので、ここからは応用です。
ただ、
応用といっても三麻のハイテイ数え方でもやりましたが、基本的な発想としては仕掛けのプラス分とマイナス分をひとつひとつ数えるのではなく、プラス分とマイナス分を帳消しにしていくということです。
ここからはその帳消しのやり方を紹介します。


_1

四麻ではポンが三種類あります。
上家ポン、対面ポン、下家ポンですが、それぞれ形がはっきりしていることに注目してみましょう。

白横白白

この形は必ず対面ポンになります。
どこからどう仕掛けようと必ず+2(-2)になりますし、三麻みたいに中身が変わることはありません。
非常にありがたいことですね。
対面ポンが2つ合わされば2+2=4でハイテイが一周して基点の南家に戻ってきます。
なので対面ポンが2つ入ってるときは、合わせて消してしまい、なかったことにします。
この場合は何も仕掛けがなかったことになるので、ハイテイは元通り南家です。
(カンを入れた後は下家にハイテイが移ります)


_2

チーは必ず+1になることにも注目してみましょう。
順子は見た目にも分かりやすいです。
晒された順子を4つ見つければそれを帳消しに出来ます。
東家のチー2つと南家のチー2つを合わせて消し、残る北家の上家ポンと西家の下家ポンでプラマイゼロになるのでハイテイは元通りの南家です。
チーが4つない場合は上家ポンを加えて4つに揃えてもいいです。
上家ポンはチーと同じ方向を向いているので比較的見分けやすいでしょう。


_3

上家ポンと下家ポン、もしくはチーと下家ポンが2つ合わさるとゼロになります。
この2つの組み合わせは鏡合わせの形になって並んでいるのですぐにわかります。
この形を見たら即座に頭の中で消していきます。
北家、東家ともに同じパターンで消せるので、ハイテイは元通りです。
この形の他にも、鏡合わせの形は

白白横白横發發發

この形があるので、これも見るなりすぐに消しましょう。


_4_2

これはまず、鏡合わせになっている右上2つの東家の仕掛けをさっきの要領で消します。
残る東家の6pチーと北家2mの下家ポンを消せば何もなかったことになります。
チーと下家ポンか、上家ポンと下家ポンの組み合わせは、並んでない場合は
仕掛けの先端に注目します。
先端が向かい合うか、背中合わせの方向を向いている場合は消すことができます。
上家ポンか下家ポンかは見分けがつかなくてもいいし、仕掛けの先端に注目するだけでいいです。

むしろ見分けようとすると混乱するので、見分けなくても済む場合は端折っていきましょう。


_5

カンの数え方です。
数え方というか消し方なんですが、四麻の場合チーが多いので、そのへんにあるチーを見つけては合わせて消していきます。
上家ポンでもいいんですが、チーは順子でわかりやすいので、チーの方が確実です。
今回みたいにチーがひとつだけポツンと浮いてる場合は特に消しやすいです。
この場合は東家とカンと南家のチーを合わせてなかったことにします。
最後に残った西家のチー1つを数えてハイテイは西家です。


_6

この並びは少しややこしいです。
西家の対面ポンとチーの組み合わせは合わせると+3(-1)になるんですが、これを帳消しにするにはそのへんに転がっているチー1つを合わればいいです。
でも、南家はチー2つ仕掛けてるんで、チーが1個余ってしまってちょっと具合が悪いですね。
中ポンもパッと見では上家方向なのか下家方向なのかよくわからず。
そこでまずは西家の対面ポンと南家のチー2つを合わせて消します。
そうすると西家の3mチーと北家の中ポンが残るので、この2つを見ると仕掛けの先端が背中合わせの方向を向いてるのでこの2つを消します。
これできれいさっぱり何もなくなりました。
対面ポンは見た目ですぐわかりますし、チーも順子でわかりやすいので、並んでいるチー2つと対面ポンの組み合わせを見つけたら合わせて消すというやり方が有効です。

まとめると

1. 対面ポンを2つ合わせて消す
2. チーか上家ポンを4つ合わせて消す

3. 鏡合わせに並んでいる2つの仕掛けを消す
4. 先端が向かい合っている離れた2つの仕掛けを消す
5. 先端が背中合わせになっている離れた2つの仕掛けを消す

6. カンは近くにあるチーか上家ポンと合わせて消す
7. チー2つと対面ポンを合わせて消す

こういう法則を覚えておけば、パッと場を見渡しただけで何も仕掛けが入ってないのと同じことになったり、仕掛けが1つ2つ入っただけと同じことになったりするので一瞬でハイテイが把握できます。
理屈じゃなくて、絵で覚えるのがコツでしょうか。
山数えの方法より速いかもしれないし、山数えの方が速いときもあるかもしれません。
そのときどきで数えやすいほうで数えたらいいと思います。

« 三麻のハイテイの数え方 | トップページ | 弱気と慎重の境目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/63603868

この記事へのトラックバック一覧です: 四麻のハイテイの数え方:

« 三麻のハイテイの数え方 | トップページ | 弱気と慎重の境目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ