« 第一打はヤオチュー牌 | トップページ | 一気通貫何切る問題集 »

間○ケンの河

河に切られている同色の2枚の牌はそれだけで強い情報になることがあります。
特に注意して見るべきパターンをまとめました。

『間4ケンの河』

1. 一筒六筒 本命は2-5p(赤またぎが4-7pがやや危険)

2. 二筒七筒 本命は3-6p

3. 三筒八筒 本命は4-7p

4. 四筒九筒 本命は5-8p(赤またぎの3-6pがやや危険)

間4ケンは有名ですが、近年では統計的根拠のないものとして、他の無スジと危険度は変わらないものとされ、昭和の古い戦術やオカルトとされています。
しかし、通常の無スジと比べて危険かどうかはともかく、間4ケンが出来ている河は、同色ではほとんどのスジがまたぎスジになっていて、本命のスジが1本しか残っていません。
通常の無スジと比べて(宣言牌以外の)またぎスジが安全なのは確固たる事実なので、その色の本命スジ1本を瞬時に把握するために役に立つものと思っています。
例えば終盤に本命の残りスジ本数を数えて押し引きに反映させる場合などですね。
昭和オカルトとバカにせずにきっちり覚えておくと良いです。
ただし、赤またぎの場合、またぎスジでも危ないことには注意する必要があります。

四筒四筒赤五筒から四筒を先に切ったり赤五筒六筒六筒から六筒を先に切ったりすることはよくあることです。

ちなみに僕は2、3の本命スジは通常の無スジより危険と見ています。
それは前述のような赤絡みのターツフォローの先切りがないので、またぎスジは比較的安全で、逆に本命スジには赤が絡みやすいからです。
1、4の本命スジには赤が絡まないのでそこまで危険ではありません。
2、3の河には特に注意すべきと思います。

『間3ケンの河』

1. 一筒五筒 本命は6-9p

2. 二筒六筒 本命なし(赤またぎの4-7pがやや危険)

3. 三筒七筒 本命なし

4. 四筒八筒 本命なし(赤またぎの3-6pがやや危険)

5. 五筒九筒 本命は1-4p

間3ケンなどという言葉は誰も聞いたことがないと思います。
これは河に同色が2枚切られているだけでその色の本命のスジがなくなることが分かるというものです。
2、3、4では全てのスジがまたぎスジになるので、比較的その色の牌は安全になります。
1と5の場合でも本命は1本です。
2、3、4の河を見たら別の色が怪しいと見るべきでしょう。

『間2ケンの河』

1. 二筒五筒 本命は6-9p

2. 三筒六筒 本命なし(赤またぎの4-7pがやや危険)

3. 四筒七筒 本命なし(赤またぎの3-6pがやや危険)

4. 五筒八筒 本命は1-4p

間2ケンなどという言葉は誰も耳にしたことがないと思います。
単にスジの牌が2枚切られている河と言うこともできます。
特に注意すべきなのは上の4つのケースです。
1、4はその色の本命スジ1本で、2、3はその色の全てのスジがまたぎスジになるので、比較的その色の牌は安全になります。
これも2、3を見たら別の色が怪しいと見ることができます。

« 第一打はヤオチュー牌 | トップページ | 一気通貫何切る問題集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/63691743

この記事へのトラックバック一覧です: 間○ケンの河:

« 第一打はヤオチュー牌 | トップページ | 一気通貫何切る問題集 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ