« リーチで和了率を高める | トップページ | 全力アシストの手順 »

隙あらばリーチ

僕は南場の立ち回りが下手です。
局収支を計算するのは得意でも、順位計算や、半荘収支を計算するのは苦手ということなのでしょう。
南場は東場にはない押し引き、鳴き、リーチ、絞り、アシスト、差し込み判断などが必要になってきますが、今回は特にリーチについて取り上げてみたいと思います。


2015111417gm00290000d28b9bdetw0ts7

これはダマにすべきでした。
高め三色だからということはあまり関係なく。
ラス目の仕掛けをもっと警戒するべきで、中を1鳴きしているし、染めにもいかず、手なりで手を進めているような河をしています。
しかも七段だし、簡単にこの状況で安い手を和了りにくるとも思えません。
これは確実にドラを持っていますね。
トップをまくるにはここで高い手を和了っとかないとと思っていたのですが、甘い考えでした。
この後、上家に満貫刺さります。
大反省して僕はこの時から心を入れ替えました。


2015112020gm0029000004fe6a59tw2ts5

平和ドラ1のテンパイ。
巡目も速く、待ちも絶好ですがちゃんと学習したのでダマにします。
点棒状況を考えると、トップ目と現状20000点差で脇から3900和了っても次局4000オールではトップに足りません。
むしろラス目から3900出和了ると次局4000オールでラス目が飛んで2位確してしまうので不利です。
ラス目から見逃してもフリテンにならないように、ダマにしておくのがベストだと思います。
冷静に見ると、これはラス回避優先というより、トップを狙う上でもダマにすべき状況です。
ここで1300-2600ツモ和了っても、次局3900オールではラス目が飛びませんし、トップを狙う上でもあまり有利になってない(むしろ不利?)ですね。


2015111506gm0029000066d73d82tw0ts11

ここではトップは見えませんが、2位を確実に獲り切ろうという考えでリーチを打ちました。
現状3位との点差が6100点差なので、平和のみの1000点ではなく、2000点以上は欲しいです。
3位との点差が8100点になればオーラスでトップに差し込みにもいけますし、ラス目に満貫振っても大丈夫になるのでかなりやりやすいし、2位が獲れる確率もだいぶ違ってくると思うんですよね。
待ちは絶好で8p先切りも利いています。
たぶん差し込みとかはしてくれないでしょうが、9pくらいならリーチを打っても両脇は普通に切ってくれそうなかんじです。

そうは言っても、これはやりすぎたなと思いました。
親はゼンツに決まってますし、まだドラも見えてません。
しかし頭の片隅にできれば3位との点差を8000以上に広げておきたいという考えは重要なので、例えばいったんダマにしておいて親が安そうな仕掛けをしてきたらツモ切りリーチを打つとか、ドラの東が切れたらツモ切りリーチを打つとか、そういう引き出しを持てればいいと思います。

天鳳だからってなんでもラス回避優先では厳しいです。
取り切れるトップや2位のポイントはしっかり取っておかないとと思うので、ラス回避は優先しつつ、思い切って少し踏み込んだこともしてみようと思います。

« リーチで和了率を高める | トップページ | 全力アシストの手順 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/62751108

この記事へのトラックバック一覧です: 隙あらばリーチ:

« リーチで和了率を高める | トップページ | 全力アシストの手順 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ