« 相手から嫌がられる鳴き | トップページ | 堀内正人研究 »

相手からうざがられる鳴き


2015061923gm0209000026f2d146tw2ts3

これは鳴いていいのかどうかよくわかりませんでした。
56sは二度受けのリャンメンターツなので、意外と埋まりにくいと思いました。
カン4mの受けは2枚枯れていて、ここの受けには期待できなさそうだ。
そうすると大体123の三色になりそうだ。
2mと1sは今にも上家からこぼれそうで、どの道鳴くことになりそうだ。
そういう考えで鳴きましたが。


2015061923gm0209000026f2d146tw2ts3_

こんなタテに重ならない限り使えないドラはいつまでも抱えておけないので、安牌ツモったところで手放しました。
ただ、このドラ切りは他家から見ると舐められそうだし、ドラを切った瞬間に全く威圧感のない仕掛けに見えてしまいます。
明らかに安そうな仕掛けです。
7s仕掛けた時点でこうなるのは分かっていました。
ドラをタテに重ねたときだけ打点は上がるけど、それは薄い可能性で、このドラは使い切れなくていつか出て行ってしまうし、赤ツモっても使えない形で、大体1500点にしかなりません。
こういう仕掛けばかりしていると、人からはこういうちまちまとした安仕掛けばかりするセコい奴だと思われかねません。
仕掛けに対して怖がってくれなくなるし、対戦していて怖いとか威圧感があるという印象には繋がらないでしょう。


2015061923gm0209000026f2d146tw2ts_2

ただ、こうなったとき、他家からはどう見えるでしょうか?
仕掛けにヤオチュー牌は絡んでないので、タンヤオに見えるし、そうでなかったら役牌バックかなと。
1sは役牌暗刻とか以外刺さりそうに見えないし、123三色の片和了り1s待ちのこの形はちょっと想像できません。
そもそも安そうなので当然ですが、誰もこの1sを警戒することなどあり得ないです。
テンパイする前にもう1つ仕掛けを入れてしまったら待ちが透けるというデメリットはありますが、このテンパイが入ったのを見たとき、誰にも警戒されることなく1500点を涼しい顔で和了られるのも、他家からすればけっこううざいのではないかという気がしました。
自分にチャンス手が入っていたとき、こういう安手に潰されるのは悔しいですよね。


2015061923gm0209000026f2d146tw2ts11

この7sはよくわかりませんでしたが、一応28m受けのイーシャンテンにもなるしということで鳴きました。


2015061923gm0209000026f2d146tw2ts_3

ただ決め付けてはいません。
678の三色もあります。
最初から狙いはドラの9mを重ねて678の三色に仕上げることでした。
4sを切り、8pをツモったところでイッツーから三色にシフト。


2015061923gm0209000026f2d146tw2ts_4

その後、4pを引いてから8mを引いたので自然な手順でタンヤオ三色になりました。
ここでポイントなのが僕の捨て牌です。
中張牌の3p4sが切られてからヤオチュー牌の1m9mがそれぞれ手出しで捨てられています。
傍目には何をやっているのかさっぱりです。
とりあえず、タンヤオには見えないし、役牌バックなのかな、ドラも切れてるし役牌のションパイと1枚切れ以外は無視しとこってかんじになるでしょうか。
このまま4p単騎でも悪くないし、この後手変わりをツモってもいいし、いずれにせよあまり他家からは警戒されにくそうな仕掛けです。
全て計算づくでこの捨て牌はつくれないですが、ちょっと変だけど面白い仕掛けをたまにやってみるといいと思います。
役とか最終形を決め付けずに、その場その場で色んな可能性を探りながら手をつくっていくと自然と迷彩になりやすいです。
今回は最初のチーでイッツーと決め付けずに三色も見たこと、7pを切らずに4sをまず切ったのが良かったと思います。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2015061923gm-0209-0000-26f2d146&tw=2

最近、雀荘戦や鳳凰卓などで人読みではないですが、この人は威圧感があるなとか、仕掛けやリーチがいちいち怖いなとか思ったりしたことがあり、そのような打ち手に自分がなるにはどうしたらいいかと考えていました。
そのために他家視点で自分の牌譜を見て、自分の捨て牌や仕掛けが相手からどう見えるかということを感じようとしました。
すると、怖いかどうかの前にまず自分は鳴きが多すぎるなと。
自分視点ではわかりませんでしたが、他家視点からだと本当によく鳴いているなと客観的に感じられたのです。
まずその時点で話にならないなと思いました。
こんなに頻繁に鳴いていたんじゃ舐められてもしょうがないです。
打っていて怖いなと思う打ち手はやはり面前寄りの人です。
頻繁に鳴かない分、たまに鳴いたときの打点は高い気がして怖いし、実際高い割合も多いと思います。
見え見えの安仕掛けもめったにしませんし、常に面前リーチを警戒して安牌が手放せないし、舐めて打つことが出来ません。
しかし僕がそのような打ち手になろうとしても土台無理な話なので、怖いとかではなく、うざいと思われたり、隙のない麻雀を打つことを目指した方がいいと思いました。
だから、相手から舐められるかどうかはあまり気にせず、普通に鳴きたい手は鳴くことにします。
相手から怖がられるのではなくて、何か他の方法でも嫌な印象を与える方法を探っていきたいし、与えられた
らいいなと思います。

« 相手から嫌がられる鳴き | トップページ | 堀内正人研究 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/61800113

この記事へのトラックバック一覧です: 相手からうざがられる鳴き:

« 相手から嫌がられる鳴き | トップページ | 堀内正人研究 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ