« 和了り効率を考慮した打牌 | トップページ | 神速の麻雀 堀内システム51~感想 »

鳳凰卓の先制リーチ率

Kaiseki_2

ちょっと気になって牌譜解析を見てみました。
左から鳳凰卓、特上卓、雀荘戦銀、雀荘戦若葉、上卓の順に並べています。
これを見ると鳳凰卓の先制リーチ率は非常に低いんです。
あまりに周りの手が速すぎて先手が取れないんですね。
そして、追っかけリーチ率が高いですね。
これも周りの手が速すぎて、どうしても後手を踏んでしまっていることが多いからなんですね。
良形率の高さも気になるところです。
たぶん、追っかけ率が高すぎて、愚形では勝負に行けないからなんじゃないでしょうか。
先手を取ったらなるべく愚形でもリーチをかけるようにはしてるはずです。
ちなみに副露率も載せてますが、これはほとんど関係ないです。
面前で先手を取れるかどうかの問題なので、副露率が下がってテンパイスピードが落ちたとしても、先制リーチ率は下がらないはず。
むしろ面前率が上がる分、先制リーチ率が上がらないとおかしいですね。

これは具体的な数字だけじゃなくて自分が打っているときの実感としても強く残っています。
鳳凰卓ではとにかく周りの先制リーチが早いこと。
鳳凰卓だから引き気味に打ちたいのは山々ですが、このあまりに早い先制リーチにはどう対処したらいいのでしょうか。
全部ベタオリしてたらキリがないです。
特上卓や上卓ではとにかく先制リーチには引くことがセオリー。
それが数字にも表れています。
引いてればぬるい横移動で助かることも多々ありますからね。
でも鳳凰卓でそれは期待できないので、オリても自分にとって都合の良いことはあまり起こらないです。
それに、ただでさえ先手取られまくってるのに、引いてばかりいたらジリ貧でラスに落ちていくだけです。

僕の考えとしては、鳳凰卓の先制リーチに対しては粘り強く押し返していくことが大事だと思っています。
もちろん無謀な押し返しはだめです。
でも、簡単にベタオリしてもいけない。

2015020908gm00a90000f737e466tw3ts0

例えばこれなんかどうでしょう。
親のリーチの一発目で現物の1mを切っているようでは弱すぎるなと。
比較的通りやすそうな3sを切って押し返しを狙います。
6-9p待ちに手ごたえを感じたのと、安牌が足りないので、手詰まりするよりは自分の和了り目を残した方がいいだろうと。

Agari

ちなみに和了率こんなかんじです。
この前までは2割を切ってまして、最近ようやく2割超えたくらいです。
和了率たったの2割じゃ戦えないですよね。
それ以上に増やすには、残念ながらこういう場面でリスクを負うしかないんです。
鳳凰卓だからって意識して引き気味に打ってしまいがちですけど、それを繰り返すとあまりに酷い和了率になってしまうので、ラス回避どころではなくなってしまいます。
ピンチのときにしかチャンスは転がってないんです。
運よく先手を取れればいいですけど、そんな都合の良い展開ばかりありえないので、後手を踏むのは当たり前だと思って、そこからどうチャンスに結びつけるかが重要ではないでしょうか。

« 和了り効率を考慮した打牌 | トップページ | 神速の麻雀 堀内システム51~感想 »

コメント

3sが通りやすそうという根拠を教えていただけたら幸いです。

>ボギーさん
そうですね、233から2切ったり245から5切ったりはまずしないのでカンチャンとシャボにはほぼ刺さりません。
ペンチャンも122から2先切りはあまりしないのでレアです。
ただ両面待ちは5先切りとはいえ、普通にあるので決して安全とは思ってませんよ。
普通の無スジの牌よりはましくらいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/61108626

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰卓の先制リーチ率:

« 和了り効率を考慮した打牌 | トップページ | 神速の麻雀 堀内システム51~感想 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ