« 鳳凰卓の先制リーチ率 | トップページ | システム化しにくいリーチ判断 »

神速の麻雀 堀内システム51~感想

Medium

「神速の麻雀 堀内システム51」通称堀内本、読み終わりました。
これは良い出来です。
近年の麻雀戦術本の中でも最高の出来ではないでしょうか。
アサピン本は2冊とも上級者、鳳凰民向けですし、現麻技術編は中級者向けだけど文章が読みづらく、現麻実戦編はレアケースの何切る問題集なので基礎は身に付かないし、科学する麻雀は内容が古くなっているし、というそれぞれに欠点がありました。
中級者や特上民向けにわかりやすく、基礎が学べる本がこれからの麻雀界に必要なのではないかとずっと思っていました。
その点でも最適な教材と言っていいと思います。
わかりやすく、読みやすく、実践的です。

第一章の手順編では特に重要なことが書かれています。
要約すると、字牌から切ってぶくぶくに構えろ、手役は狙うな手なりで打てみたいなことですが、これを徹底するだけでもかなり違うのではないでしょうか。
というのは最近、上卓や雀荘戦打っていて気付いたのですが、弱い人ほど無駄に字牌を抱えたり、無理な手役狙いが多いことがわかったのです。
弱い人の捨て牌は中張牌が序盤からバタバタ切られていくので、捨て牌を見れば大体その人の実力が分かってしまいます。
いつ見ても派手な捨て牌をつくっている人は間違いなく弱い人です。
鳳凰卓ではまずそんな人は見かけません。
序盤から派手な捨て牌をつくっている他家がいるときは、手が速いことが多いですね。
チートイ、チャンタ系の手役狙いもありますが、それはまれです。
初級者から中級レベルに上がるためのハードルがまずそこにあります。
無駄に字牌を抱えずに手なりで打つこと。
ここが大事だと気付けるかどうかですね。
特上民はさすがに気付いている人が大半だと思いますが、徹底は出来てない人が多いかもしれません。
どうしても字牌残して意外と必要な19牌を切ってしまったりするんじゃないでしょうか。
これは意外と今まで誰も言ってなかったことで、どこの戦術本にも書かれてないことでした。
もしみんながこのことに気付き出したら大変ですね。
カモが居なくなっちゃうかもしれません。
それくらい重要なことと言っても過言ではありません。

第二章のリーチ編ではどんなときにリーチをかけるか、他家のリーチ対してどこまで押せるかなどが統計データを使って詳細に書かれています。
これを読めば大まかにはあらゆる状況でのリーチの押し引きが掴める内容です。
中級者には大変参考になりますが、上級者にとっては大体ほとんど理解している内容というか、経験的に分かっていることがほとんどです。
終盤の地獄単騎はションパイ待ちより強いとかも、気付いてる人はちゃんと気付いてるでしょう。
それでもこのような形で統計データを使って根拠を示されると、説得力が違うというか、自分の判断に自信が持てますね。
ただ、役あり5200・8000(7700・12000)のリーチ判断については異論も残ります。
リーチの方が収支で勝るというのはわかりますが、和了率と放銃率が変わってくるので、多少打点の期待値を下げても天鳳の場合、ダマにした方がいいケースというのは多くなってくると思います。
僕はダマを推します。
確実に満貫クラスの手を和了っておけば、かなりラス回避は確実になりますし、追っかけリーチを警戒して、放銃率と放銃打点を下げておけばこれもラス回避に繋がります。
これは意見の分かれるところです。

第三章の鳴き編は堀内氏の著書である「麒麟児の一打」という本に書かれていた内容と重複するものがほとんどです。
僕はその本を読んでいるので、今更何も感じませんが、読んでない人にとってはこんな鳴きがあったのかと驚く内容でしょう。
何故か、この章だけハードルが上がっている印象です。
第一章や第二章は基礎レベルだったけど、第三章は上級者向けの内容ですね。
1つ言えることは、ここで書かれているようなシャンテンの変わらない鳴きというのは、ドラ3枚の手だったり、オーラスでスピード勝負の場面で有効になる鳴きなので、普段からこんな鳴きばっかりしてたらだめです。
命がいくらあっても足りません。
そのへんは勘違いが起きそうな心配があります。
逆に言えば鳳凰民でも役に立ちそうな内容ではあります。
普段から安牌を意識しすぎて、いざというときにこういう鳴きは躊躇してしまいますね。

第四章のオリ編では文字通り、ベタオリにスポットを当てた内容で、リーチからのベタオリ判断だけではなく、鳴きに対するオリ判断なども盛り込まれています。
豊富な統計データと確率論を基にして判断基準がつくられています。
これを読めばかなり精度の高い押し引き判断が身に付きそうです。
上級者でも統計データを基に精度を上げたり、自信をつけたりするのにいいのではないでしょうか。

全体的に中級者から上級者まで広範囲におすすめ出来る内容です。
特に中級者、特上民は絶対読んだ方がいいです。
とても良い出来だと思います。

« 鳳凰卓の先制リーチ率 | トップページ | システム化しにくいリーチ判断 »

コメント

買います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/61143132

この記事へのトラックバック一覧です: 神速の麻雀 堀内システム51~感想:

« 鳳凰卓の先制リーチ率 | トップページ | システム化しにくいリーチ判断 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ