« 鳴くべき牌を見極める | トップページ | 被先制リーチ時の他家の動向 »

役牌鳴きスルーの場面

雀荘戦の大会もそろそろ終わりに近づいてきました。
入賞は厳しそうですが、まずまずの成績が残ったんではないでしょうか。
今回打ってて思ったのは、いつも打ってる若葉のメンツより辛いなということでした。
攻撃力が高く、何度焼き鳥ラス食わされたことかわかりません。
また、リーチしても意外と当たり牌が出てこないことがよくあります。
かなり押してはくるものの、和了りに遠いところからは出してくれないのでしょう。
基本的な押し引きが身に付いているメンツが多いのではないでしょうか。
これはうかつに仕掛けられないなと思いました。
というのは、メンツのレベルが高く、攻撃的で、先制リーチの平均巡目が浅いと思われるので、うかつに仕掛けると手牌が短くなって手詰まりしやすくなるからです。
しかも他家の先制リーチがかかると、間もなく他の他家からもリーチをかぶせられることがよくあります。
2件、3件リーチに対応させられることが本当によくあるなと感じるのです。
これに対してはたった1つの仕掛けが生死を分けることもあります。
1つ仕掛けたくらいで大して変わんないよって思う方も居るかもしれないですが、そんなことはないです。
例えば安牌の数は変わらなくても、安牌がなくなって手詰まりした時に、1つ鳴かないでおくだけで安全な牌を見極めるための選択肢が3つ増えます。
これは非常に大きいです。
現物以外はどれ切っても一緒に見えるレベルならともかく、切り順的に当たりにくそうな牌だったり、同じスジでも微妙に安全度が違ったり、そういうのを見極めるための選択肢が3つも増えるということは、それだけで紙一重でピンチを切り抜けられるチャンスに恵まれますね。
実際余計な牌を1つ鳴いたばかりに、それが原因で手詰まりを起こし、ラスを食ったケースもありました。
 

何も考えなしに手が進むから鳴いたで済むのは上卓までです。
そこでは周りのメンツの手のスピードが圧倒的に遅いので、安牌に困ることもないですし、仮に早いリーチを受けたとしても誰かが考えなしに危険牌を通してくれて安牌が増えることもよくあります。
レベルの低い卓では、そういう思慮の浅い適当な仕掛けが成功してしまうので勘違いしやすいと思います。
もっとレベルの高い卓で揉まれて学習する必要があります。
ただ、いくらレベルの高い卓で揉まれても、放銃の原因が自分の仕掛けにあることに気付かない場合もあるかもしれないです。
本当にその仕掛けが意味のあるものだったのかどうか、しっかり考える必要があります。
 

これは雀荘戦だけじゃなく鳳凰卓でも同じです。
というか、鳳凰卓の方がよほど厳しくうかつに鳴けないです。
昨日、雀荘戦が立たないので渋々鳳凰卓打ちましたけど、ちょっと異常なくらい鳴けなくなっていました。
大丈夫でしょうか。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts2

この半荘は何度も役牌鳴きをスルーしていました。
まずはこれ。
この2枚目の白をスルーするとほぼチートイツ1本になりそうですが、東発に親満和了ったので、後は放銃さえしなければ大体ラスはないだろうという算段です。
和了までのスピードは落ちてはいるものの、ドラも浮いてるので、ドラを使い切るにはチートイツ1本でもいいんじゃないでしょうか。
このドラは自分からは切れそうにありませんから。
さっきも言ったとおり、放銃さえしなければというのがあるので、よほど早い巡目で張らない限りリーチもしない方針です。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts_2


最初からリーチはしないと決めていましたので、8巡目に發単騎ダマで張ったところから、上家のホンイツっぽい仕掛けが入り、2p掴んだところでオリです。
もともとこんな待ちで和了れると思ってないですし、何の未練もないです。
やっぱり白は仕掛けなくて正解だったと思いました。



2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts4

次はこれです。
鳴いてもまだ役牌トイツが残るとはいえ、どうも不安で仕方ないんですよね。
同じ役牌トイツでも1枚切れとションパイとではだいぶ安全度に差があるように感じています。
東のトイツはションパイなので信用していません。
特に今回は親の安牌も足りてないですしね。
ちょっと親の手が早そうにも見えるかもしれないです。
それは自分にはよくわからないですが、単に鳴くと親に対する受けが弱すぎると考えました。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts4_

危惧した通り、下家から先制リーチを受け、すぐさま親からもリーチをかぶせられ、心底役牌を鳴かなくて良かったと安堵しました。
鳴いても東のトイツ落としで凌げるかもしれないですが、こういうとき東のトイツ落としでどちかに刺さることがけっこうよくあるケースのように感じます。
自分が無理をする点棒状況でもないので、やはり鳴かなくて良かったんではないかと思います。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts5

続いてこれです。
またです。
今回も役牌鳴きをスルーしてしまいました。
これは相当悩んだんですが、この時考えたことは、この場面で他家に振り込むと相当やばいなということでした。
特に下家に満貫刺さると一気にラスに落ちてしまいます。
親だからどうせツモられれば親かぶりはします。
収支的には鳴いた方が得なのは分かってるんですが、仮に3000-6000ツモられて親かぶりしても、満貫刺さるよりはダメージは少ないんじゃないかと思います。
2位は維持できるわけですから。
ということはここで最優先に考えるべきことは他家の高い手に放銃しないことなんですね。
雀荘戦、三麻、特上、鳳凰卓、いろいろ打ちますけど、それぞれルールは違ってもその都度自分の置かれた状況を考えることが大事です。
今この場で何を最優先にすべきなのか。
自分が和了ることか、放銃しないことなのか、あるいは誰に放銃してはいけないのかなど考えることです。
そうすればどんなルールの麻雀にも対応できると信じてますし、頭の切り替えもスムーズにいきます。
この場は放銃しないことが最優先ですし、鳴くと他家の受けも弱すぎ、ドラも見えてなくて高い手に放銃しそうで危険です。
鳴いたところでカン4mがネックになりそうですし、1000オール和了ってもそこまで楽になるようにも思えないので仕掛ける価値はあまり感じられません。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts6

今半荘これで4度目の役牌スルーです。
恒例行事になってきました。
自分ってこんなに鳴かない人だったっけなと首かしげながら打ってます。
でもこんなメンツも何もないところからは絶対鳴けないですね。
3トイツですが、チートイツを狙っています。
ドラを切らずにテンパイするにはホンイツよりチートイツの方が都合が良いなと考えました。
ドラを切ると鳴かれそうな気がすごくします。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts9

これでたぶん最後だと思います。
南は2枚目なので、これをスルーすると和了が絶望的ですが鳴かないです。
この手は諦めるしかないなと思ってます。
先ほどまでより点棒状況が悪化してますが、残る形が悪すぎますね。
ケイテンも正直厳しいかなというかんじで、この後は一応ダマテンにも気をつけながら慎重に手を進めていきました。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts10

まだ1つありました。
これはヘッドもないので普通にスルーでいいでしょうかね。
親もそんなに無理に押し返してこないでしょうし、絶対リーチができない状況というわけでもありません。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts11

何故か放銃もないのにオーラスで3位にまで落ちちゃってるんですが。
先ほどまでとはすっかり豹変してこの9sをポンしました。
北も1枚目から鳴くつもりでいました。
チートイツなんて狙ってる場合ではないです。
北家も西家も振ってラス落ちはないので、牌が絞られることはないですし、親も和了り最優先なので絞るのは苦しいです。
他家の受けも考えてる場合ではないですかね。
振ったらラス落ちする恐れはありますが、ここは自分でなんとかしないと。


2015012616gm00a900002c0afcd0tw0ts_4

最後はトップの方が自分に差し込んでくれたっぽいです。
こういうのは他の卓ではほぼありえないことなので、感動すら覚えます。
鳴いても他家が当たり牌や鳴き牌を絞らない状況というのは、有利に働いたと言えます。
またトップ者に差し込む余裕が生まれたのは、自分が無理に和了りに行かずに、ひたすら受けを重視して我慢し続けた結果とも言えるんじゃないでしょうか。
自分が我慢した分、トップ目の親がどんどん連荘していって、ぶくぶく点棒を膨れ上がらせてしまったわけですが、それがこういう展開に繋がってくるのでそれも悪くないなという気がします。

この半荘では何故か役牌鳴きスルーばかりしていたので、その場面について取り上げてみました。
さすがに普段はもっと鳴いているはずです。
雀荘戦だったら鳴いたであろうものもかなりあります。
ただ今回は手牌や点棒状況やその他もろもろ噛み合わなかったというか。
役牌を鳴くことによるスピード上昇のメリットも理解しているつもりです。
あえてそれを捨てて受けを重視してみましたが、どうだったでしょうか。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2015012616gm-00a9-0000-2c0afcd0&tw=0

« 鳴くべき牌を見極める | トップページ | 被先制リーチ時の他家の動向 »

コメント

①は流石に鳴いたほうがいいように見えます。白鳴かないと大体あがれないし、トイトイならリーチともめくりあう価値のある手ですし。南は白鳴いて即は鳴かないで守備用に残します。南鳴いてリャンメンテンパイ、またはトイトイテンパイで鳴きます

>imoimoさん
コメントありがとうございます。
これですか。
他に微妙なのがあったと思うんですけど、これは今見てもやっぱり鳴かない方がいいんじゃないかと思いますね。
南を鳴かないならトイトイにはなりにくいんじゃないですか?
もっと端寄りのトイツが揃ってるならトイトイに行きやすいと思うんですが、高確率でドラが出て行って白のみ手になりそうなのでチートイドラドラ狙った方がいいんじゃないかと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/61042508

この記事へのトラックバック一覧です: 役牌鳴きスルーの場面:

« 鳴くべき牌を見極める | トップページ | 被先制リーチ時の他家の動向 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ