« 場況を考慮に入れた鳴き | トップページ | もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編~感想その1 »

役牌トイツはなんでも鳴く

2014102420gm003900007e1660b7tw1ts0

これポンで良かったです。
オタ風ならポンする必要はないですが、役牌ならポンすることで5200(1300-2600)以上は確定します。
暗刻から1枚切ると2600になりますが、最後は単騎待ちやノベタンにすればいいわけですし。
三麻におけるリーチはそんなに価値が高くないです。
手変わりが待てない、親と不利なめくり合いをさせられる、他家がオリて和了率が下がるなどのデメリットがあります。
面前でリーチをかけても裏が載らなければ打点はほぼ同じとすれば、これらのデメリットがない方が得なんじゃないでしょうか。
ポンすることで、ほんの少しテンパイも速くなりますし、安牌も役牌暗刻があるから充分です。

2014102420gm003900007e1660b7tw1ts0_

こんな形で張っちゃいました。
でも待ちが不満です。
リーチをすれば下家はオリそうで、5pは出なくなりそうです。
親の捨て牌も速そうで、追っかけがすぐに入りそうな気配が漂っています。
手変わりは3pと7p。
14pが3枚枯れで、南ポンした後の手変わりも良くないですが、それでもリーチはかけたくありません。

2014102420gm003900007e1660b7tw1ts_2

手変わりの牌をツモりましたが、既に親の先制リーチが入っていて、2pが親の現物、5pが中スジということで、ここでもダマにしています。

2014102420gm003900007e1660b7tw1ts_3

結局最後までリーチをかけられずに2600の豆ダマ和了となりました。
初めから南ポンしてれば5200を和了れたかもしれません。
最近、たまには役牌を鳴かないということもしてみようと考えていますが、やっぱりヘッドがなかろうが、安牌がなくなろうが、自分がトップ目であろうが、後手を踏んでさえいなければ、とにかくなんでも出たらポンしていけば良いのではないかという気がしています。
三麻では面前で張ってもリーチをかけたくない状況が多いので、面前に拘る意味があまりないからです。

« 場況を考慮に入れた鳴き | トップページ | もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編~感想その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/60553196

この記事へのトラックバック一覧です: 役牌トイツはなんでも鳴く:

« 場況を考慮に入れた鳴き | トップページ | もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編~感想その1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ