« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

倍満をつくる技術

三麻のオーラス子番で、倍満ツモでラス回避やトップまくりの場合、どうすれば良いでしょうか。
もちろん、倍満手をつくりにいくのですが、特別な練習をしていなければ効率良く倍満手をつくることはできません。
我々麻雀打ちは普段ヒットを狙うことしかしていません。
倍満を和了るときは、ヒットを狙っていったものがたまたま大きく育って倍満になっているだけです。
これが最初から倍満だけを狙ってつくるとなると、普段とはまったく違う手順を踏むことになります。
牌理も牌効率もまるで役に立たないのです。
そこでは倍満効率とでも言うような特別な技術が必要になります。

この倍満効率を身に付けていないと、いざ倍満条件となったときに右往左往するばかりで巧くいきません。
ハン数を数えるだけでも一苦労です。
これに慣れるためにはBAMBOO麻雀(ソーズのみを使った麻雀ゲーム)でメンチン効率を鍛えるみたいに、特別な練習が必要です。
僕的に効率の良い練習方法は天鳳のテストプレイをすることです。
そこでひたすら倍満だけを狙って手をつくっていきます。
Nonameで一般卓打ちも良いですが、どうしても邪念が入って巧くいきませんでした。
つい、点棒状況を考えてしまったり、安手を和了って勝ちにいってしまったりするんですよね。
河がランダムで対人プレイと勝手は違いますが、テストプレイの方がいいです。
しかも、他家が何もしてこないのでじっくり手をつくることができます。

テストプレイでとりあえず100回倍満以上の手を和了って、出来た役を集計してみました。

  • リーチ 64回
  • ダブルリーチ 0回
  • 一発 19回
  • 面前ツモ 26回
  • 平和 12回
  • 断ヤオ九 1回
  • 一盃口 10回
  • 二盃口 0回
  • 役牌 43回
  • 嶺上開花 11回
  • 槍槓 0回
  • 海底摸月 2回
  • 河底撈魚 5回
  • 一気通貫 12回
  • 鳴きイッツー 1回
  • チャンタ 1回
  • 鳴きチャンタ 0回
  • 純チャン 0回
  • 鳴き純チャン 0回
  • 七対子 24回
  • 対々和 10回
  • 三暗刻 8回
  • 三色同刻 0回
  • 三槓子 0回
  • 混老頭 1回
  • 小三元 1回
  • 混一色 47回
  • 鳴きホンイツ 4回
  • 清一色 14回
  • 鳴きチンイツ 1回
  • 国士無双 2回
  • 四暗刻 3回
  • その他役満 0回

この結果を見てわかることですが、メンホンとメンチンが圧倒的です。
100回中61回がメンホンかメンチンになるのです。
特別、染め手ばかりを狙ったというわけでもありません。
なんとかして倍満以上の手をつくろうとしたら、自然とメンホンメンチンばかりになりました。
特にメンホンは一番使い勝手の良い役です。
メンホンのメリットを6つほど挙げてみます。

①打点効率がいい

メンホンは3ハンです。
他の手役だとタンヤオ平和イーペーコー3つ揃ってようやく3ハンですから、圧倒的に打点効率が高いです。

②横に伸ばせる

トイトイやチートイは縦のツモにしか期待できないのに対して、メンホンは横にも伸ばせます。
順子が使えるかそうでないかでは、テンパイしやすさが圧倒的に違います。

③他の手役を絡ませやすい

リーチ一発裏ドラはもちろん、役牌、平和、イッツー、イーペーコー、三暗刻、チートイツと複合させやすい手役が圧倒的に豊富です。
三麻には三色がないので、染め手以外の順子手となるとタンピンイーペーコー止まりで、それ以上となると苦しいです。

④上位互換の存在

打点が足りなければ字牌を落としてメンチンにすることができます。
メインがダメでもサブが控えている。
切り札を一枚持っていますから、裏ドラ頼みで一かバチかの勝負をかけることなく、より確実に倍満手に育てることができます。

⑤ドラに頼らなくていい

総合的に考えて、ドラ頼みの手順を踏まなくてよくなります。
リーチツモメンホンで最低5ハンは計算できます。
後の3ハンは手役かドラか裏で埋めればいいわけです。
最悪でもメンチンに渡れればドラは1枚も要りません(リーチツモメンチンで倍満)。
ドラが引けるかどうかは運要素が強いですから。
ツモを頼りに手役をつくるのも運次第ですが、引けるかどうかもわからないドラを頼りに手をつくるよりはましです。

⑥使える牌種が多い

意外なことに、使える牌種を数えてみるとメンホンは北を抜いても15種もあってけっこう多いです。
全体で見ると27種中の15種です。
半分以上は有効牌なんですね。
タンヤオは16種なのでタンヤオと大して変わらず、それでいて打点期待値も高いですから。
チートイやトイトイは牌種はなんでも使えますが、順子が使えないので不利です。

以上がメンホンのメリットです。
一方でデメリットは特に思いつかないです。
とにかくほとんどの配牌でメンホンを狙っておけば間違いないと言ってもいいくらいです。
ドラがないならメンツを落としてでも狙いましょう。
ただ、鳴きホンイツで倍満を狙うと極端に苦しくなります(というか鳴きで倍満狙うこと自体が厳しいのですが)。
役役ホンイツでも満貫止まりで、そこからドラ4枚持ってくるとか、トイトイをつけるとか、かなり難しい状況になっちゃいます。
字牌は鳴かずに枯れたらメンホンチートイを狙っていくと良いでしょう。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ