« ハイテイの数え方 | トップページ | 鳴いていいときいけないとき »

九種の数え方

2014022311gm061100005a271599tw2ts_2

僕なりの効率の良い九種の数え方を教えます。
たぶん普通の人はヤオ九牌をひとつずつ1、2、3・・・9というふうに数えてるんじゃないでしょうか。
僕もそうやってましたが、時間がかかるので何か他に良い方法がないかと考えてました。
やっぱり、配牌時に長考して流局させると相手に嫌な思いをさせてしまいますから。
良い配牌の時に、他家に長考の末に局を蹴られると、ちょっと感じ悪いですよね。
ただ、僕は九種は流し、十種は国士に行くと決めているので、九種以上は目をつぶって全部流すわけにもいかないんですよ。
それに自分としても、テンポ良くゲームを進めたいし、国士狙いの気配を出して警戒されるのも嫌です。
どうしても九種を数えるときに、ゲームの流れが中断されたようなかんじになるのが嫌でした。
そこで考えた末に思いついた方法です。
やり方は簡単です。
 

① 中張牌の数を数える(種類ではなく枚数を数える) 

② ヤオ九牌のトイツが何組あるか数える 

③ ①と②の数を足す 

④ 合計が5なら九種、4なら十種

※ツモも含めて数えてください

要はヤオ九牌の割合の方が多いので、それ以外の数を数えた方が速いってことです。
まぁ、厳密に①と②を足すというプロセスは経なくても、中張牌とヤオ九のトイツを、まとめて左から順に1、2、3、4、5と数えるだけでいいです。
実際やってみたら明らかにこっちのやり方のほうが速かったです。
数える数が少ない分、数え間違いも少ないように思います。
よかったら試してみてください。

« ハイテイの数え方 | トップページ | 鳴いていいときいけないとき »

コメント

国士 数え方で検索してきましたw
便利な理論なので慣れて数えてみたいと思います。
ところでヤオ九牌のトイツがアンコ、カンコならばそれぞれ2、3という風に数えればいいんですよね?

>ななしさん
そうですね。
僕は今でもこの数え方でやってますが、中張牌の数とヤオ九牌が同種でかぶってる枚数を同時に数えるっていう感覚です。
トイツでも暗刻でもカンツでも、かぶってる枚数を数えると考えればいいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/59184782

この記事へのトラックバック一覧です: 九種の数え方:

« ハイテイの数え方 | トップページ | 鳴いていいときいけないとき »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ