« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

鉄鳴きのバック

Photo_2

この1mは鉄鳴きだと思います。
冷静に間を置いて考えれば鳴けるんですが、開局早々いきなり出たんじゃちょっと反応できなかったですね。
もっと敏感に反応できるようにするにはどうしたらいいでしょうか。
和了りのイメージがいまいち明確に沸かないからかもしれません。
例えば1mをポンして打1sとした後の形。

四筒四筒五索六索七索八索東東白中ポン一萬一萬一萬

これだけではちょっとまだ、和了れる気がしないというか、あまり形が良くない気がしますね。
一番のネックである東のトイツが埋まってないからですかね。
では、ここから東をポンして打中とした後の形を見てみます。

四筒四筒五索六索七索八索白ポン東東東ポン一萬一萬一萬

最高のイーシャンテンです。
4連続形のくっつきがあって4pのポンテンも取れる形。
このようにポンした後のそのまた1手先をイメージして仕掛けるといいかもしれません。
字牌は序盤に打たれやすいので、1mポンした直後に東もポンしてわずか2~3巡でこの形がつくれることも珍しくはありません。
1mをスルーした場合と比べてみてください。

一萬一萬四筒四筒五索六索七索八索白中ポン東東東

1mをスルーして直後に東ポンとした形です。
まだリャンシャンテンで1mと4pシャボのネックが埋まらない状態です。
ここからポンしてもまだイーシャンテン止まりです。
圧倒的に遅れを取っています。
1mは誰も使えない牌ですけど、ひょっとしたら王牌に眠ってるかもしれませんし、鳴けるのはいつになるかわかりません。
このように東が打たれる前に、1mをポンしているか否かでずいぶん差がつきます。
安い手なら1mトイツの安牌を抱えながら慎重にいってもいいですが、この手はダブ東ドラ1で打点も充分ですし、ここは一気に間合いを詰めて攻撃に転じる場面だと思います。
速い方がいいに決まってますね。

雀荘戦の思い出~続き

遊鳥すずめさん。
桁外れに強いw
ランキングに載っているのは表の地雷だとすると、遊鳥すずめさんは裏の地雷です。
まぁ、桁外れに高いRを持っているのでひと目で危険だとわかると思いますが。
鳳凰民以外でこんなにも強いと思った人は初めてです。
お忙しくて数打てないだけかも。
規定打数に達すれば間違いなく雀荘右2でも最強クラスの打ち手。
鳳凰でも上位クラスに入れるくらいの実力はあるのでは。
遊鳥すずめさんの特徴は桁外れに高い攻撃力。
すさまじく高い和了率を持っています。
まさに和了量産マシーン。
まるでイチローのようです。
何故あんなにも和了を量産できるのでしょうか。
牌理と鳴きのセンス、山読みの精度、回し打ちのセンス、放銃ギリギリのところまで踏み込める押し引きの判断と当たり牌を読む能力。
そういった和了りに必要な力が全て備わっているのだと思います。
対戦した全ての試合でやられっぱなし。
まともに勝った記憶がないのですが。
攻撃的な副露型で、それなりに振り込みは多いものの、点棒が凹んでも必ず取り返してきて手がつけられないです。
この人は人間じゃないと思って、もう勝つのは諦めてますw

みみのこさん。
さっきふとランキングを見たらみみのこさんの名前がありました。
本来は表側の人ですが、最近は技能戦に凝っているようで一時的に名前が消えていただけです。
常連の雀荘民なら口を揃えて言います。
強すぎると。
やや面前寄りのフォームから最速でテンパイを入れてきます。
ほうっておくとリーチリーチで手がつけられないので、全部オリてたらキリがないという印象w
愚形でも安手でも臆することなくリーチをかけてくる印象もあります。
なのでスキを見て押し返そうといつも考えています。
やっぱり少し面前寄りでリーチリーチでプレッシャーをかけられるので、(状況的に)押されている、圧倒されていると感じることが多く、気持ちの面で負けているとどんどん自分の麻雀が縮こまっていく気がします。
名前からは想像も出来ないですが、ストロングスタイルの麻雀で強さを感じますね。
最近は技能戦でも暴れ回っている様子ですw
打数もハンパなく多くて、雀荘戦右2の最強はこの人かもなと思っています。
今思えば天鳳のチーム対抗戦で同じチームを組んで、こんな強い人と接点を持つことが出来て本当に良かったなと思っています。
いい刺激になりました。

君の中の英雄(通称でれすけ)さん。
以前はランキング上位にいつも名を連ねていたのですが、最近は子育てに合間に半荘を打つのは厳しいということで、技能戦をずっと打たれている様子です。
礼儀正しく、雀荘戦を打たれた後はいつも「お手合わせありがとうございました」などとツイッターで挨拶していかれます。
麻雀もツイッターでの印象と同様、誠実です。
1打1打丁寧で、手順も違和感なく、鳴くべき手は鳴き、押すべき手を押し、オリるべき手をしっかりオリる、麻雀打ちのお手本のような打ち方をされます。
かなり強いのですが、この方のリーチに対しては、僕はきっと性格的に変な待ちは絶対してこなさそうだとタカをくくっていて、微妙な牌は切って押し返そうといつも考えています。
でも大体ツモられて終わりますけどね。
人徳の違いでしょうかw
三麻四麻含めて8卓ある全ての卓で銀で打つ資格を持つのはこの人くらいのものでしょう。
たまに、銀卓の全ての予約ボタンが11111111みたいな状態になってる時がありますが、間違いなくでれすけさんだとわかりますw

まゆまゆ77さん。
天鳳四麻十段、三麻十段という圧倒的実績を持った人。
たまに雀荘戦で同卓することがあります。
実際に対戦してみると、強いとか威圧感があるというより、かなり不気味です。
本当に鳴きが少なくて、情報を何も与えてくれないんですよね。
油断していると、いつの間にか面前でテンパイが入っていて、ダマテンに振り込んでしまいます。
また、上家に陣取られると絞り殺してくるので、鳴き派の自分にとってはかなりつらい。
陸に上がった河童状態です。
なので、発想を根本から変えて、自分が和了って楽になるためじゃなく、上家を少しでも打ちづらくさせようというかんじで鳴いてますが、効果の程は甚だ疑問ですね。
実は和了率も高くはない、テンパイも速くはないはずですが、あれだけ勝てるのは後手を踏んだ時の立ち回りが異常に巧いのだと思います。
実績も圧倒的ですが、面前守備型の強者というかなり珍しいタイプの打ち手なので、どう対応していいのかわかりませんでした。
自分にとっては貴重な体験でしたね。

雀荘戦の思い出

Tenhou_prof_20130715Tenhou_prof_20130716

Jansoumigi2

雀荘戦右2の規定打数に達し、レートランキングに載ることが出来ました。
若南、銀南合わせて400戦です。
1位だとはちょっと信じられないですねw

2013071523gm028900007be3d7cbtw0ts0

最後の1戦もこんなメンツと戦うことになり、内心びびりたおしてましたしねw
上野の健さんいわく、銀南の妖怪たち相手によくやったものです。
最初雀荘戦に来たとき、すごい人たちがいるものだなぁって思ってました。
押し引きに力強さを感じて、そう簡単には和了りを諦めない。
その割りにぬるい牌は振り込んでくれなくて、日和ってばかりいた当時の僕は大いに刺激を受けたのです。
彼らは僕に和了りへ執着することの大事さを教えてくれました。
200戦消化くらいまではずっとトップ率が.200ちょいしかなかったんですが、最近になってだいぶトップが取れるようになってきたんですよね。
だいぶ意識が変わってきたかもしれません。

ランキングに載っている人たちはどの人も印象深いです。
独断と偏見による評価も交えて、何人かの印象を述べてみたいと思います。

まずは真鱈さん。
雀荘戦右2といえばこの人って気がしますね。
打数も多くて、長い間ランキングトップにも君臨していました。
上位の打ち手の中ではかなり鳴きの多いタイプです。
あれだけ鳴いても祝儀もある収支戦で通用するんだなと思って、じゃあ自分も今まで通りかそれ以上に鳴いてみようって思いました。
そう考えるきっかけにもなった人ですし、目標とする人でもありました。
鳴き判断は自分に近いかもって勝手に思ってます。
あまり振り込んではくれないものの、押し引きははっきりとトップを取りに来ているというかんじがします。
打点が高い印象はないですが、コツコツと点棒を重ねていって、南場になるといつの間にか良い位置に必ず居ますね。

いちかわ♪さん。
ファラオ大会の主催者で実力もあります。
この人にはいつもすごい牌を押してきたなって驚かされますw
かなり攻めっ気が強い印象がありますね。
でも、いつも何故か致命傷になるような放銃はせずに、南場ではいつもいい位置につけてきます。
あれだけ押す割りに、あまりラスっているのを見たことがないような気がします。
見ていてヒヤヒヤするくらいなんですが、死線ギリギリのところまで押すセンスがあるのだと思います。

奈落の王さん。
鳳凰を主戦場としているためか、割と天鳳的な打ち方をされますね。
最近は全然対戦がないのですが、一時期僕はカモにされていたのです。
ああ、これが鳳凰民というものかと格の違いを見せ付けられた気分でした。
とにかく鉄壁でビタ1文振り込んでくれないというか、振っても1000点2000点で、親流しのために差し込んだと思えるような振り込みしかしてくれません。
その割に攻撃力もあって日和っているというかんじではなく、当たり牌だけを止めて押してくる印象。
今でも覚えてるんですが、自分の先制リーチに裸単騎で当たり牌だけ止めて追いかけられた時は驚愕しましたw
あまり対戦数は少ないものの、あまりの強さだったために印象に残っています。
特上民にとって雀荘戦で鳳凰民と対戦することは貴重な体験です。
鳳凰民とはこういうものなのだということを僕はこの方に教えられました気がしました。
この差をなんとかして埋めていかなければと強く思いましたね。

エンデュランスさん。
この人にも僕はカモにされていて、強く印象に残っています。
鳴きは多めで、守りも堅い。
ただ1番の特徴は迷彩です。
捨て牌から想像できるような素直な待ちをしていることが少なく、先切りのスジやまたぎのスジで刺さったり、トリッキーな待ちをしていることが多いのです。
おまけに打点もいつも高い。
対戦していて一番嫌でした。
押し返そうと思っても、微妙な牌が切れなくなって、完全安牌しか切れなくなってベタオリするしかなくなります。
先手を取られたらテンパイでめくり合い勝負はともかく、イーシャンテンからはもう何も押せない。
そこまでメンタル的には追い詰められました。
ケチョンケチョンにやられすぎて名前を見るたびに僕は闘志を燃やしていましたね。
牌譜を見させてもらったんですが、エンデュランスさんは手役の渡りを残したり、ドラ受けを使い切るために、リャンメンターツのトイツフォローを先切りしたりすることが多かったのです。
だからいつも打点が高くて、捨て牌にも違和感がある。
実際にはいつも変な捨て牌で変な待ちをしているわけではないのですが、その印象は強かったですね。
レーティングはその実力から考えると今は低すぎると思うのですが。
思うに捨て牌を読まない格下の相手にはあまり強くないのかもしれないですね。
この方と対戦するようになってから、僕は自分の捨て牌が相手にどう見えるかを強く意識するようになりました。
捨て牌をつくってくる相手がこんなにも嫌だとは今まで思わなかったですから。
自分も相手にそう思わせれば頼もしい武器になると思ったからです。
それも、下手な人が突飛な手順で変な捨て牌をつくっていく、いわゆる天然迷彩ではありません。
捨て牌だけをつくろうとすると、どうしてもテンパイ効率が落ちてしまうものですが、あまりテンパイ効率を落とさず、要所でトラップを仕掛けていければいいなと思っています。
相手はなんとも思ってないでしょうけど、自分的にはエンデュランスさんとの対戦がそう考えるきっかけにもなりました。

雀荘戦で強い人と対戦することは自分にとって勉強になって、打ちスジを参考にさせてもらったり、大いに刺激を受けたりしました。
とても感謝しています。
次回、ランキングに載ってない人で何人か印象を述べたいと思います。

銀卓の魅力

2013071022gm02890000ac4a248dtw1ts0

400戦近く打ってきて今まで何度も対戦してきたメンツです。
僕の雀荘戦ノートには赤い文字で名前が刻まれている人たちw
その強さは身に染みていますが、卓上全てを埋め尽くす様には圧倒されますね。
鳳凰にも匹敵するほどのメンツじゃないでしょうか。
(鳳凰民はこの人たちほど押してはこないと思いますがw)
このような卓が立つのも銀卓ならではです。
若南ではこの人たちと1人2人は鉢合わせになることが多いですが、失礼ながら若南には麻雀キャリアの浅い人も混ざってくるし、nonameで何も失うものがない人も居るし、調子悪いとすぐ回線切っちゃう人も居ます。
いつもなら負け役が1人は居るのです。
僕はその負け役の人にラスを押し付けるように、ちょっと遠くのほうから戦況を眺めながら、火の粉を被らないように逃げ回りながら被弾するのを待っているというかw
しかしながら、銀卓ではそのような負け役は誰もいません。
殺らなきゃ殺られるサバイバルゲームです。
そのため、いつもより少し押し気味になってるのかなと思います。
少なくとも和了りへの執着心が全然違います。
この人たちが相手なら、そうそう和了れるチャンスは巡ってこないと思うので。
そして和了りを貪欲にもぎ取っていかないと生き残れないと思うので。
どこかに和了れるスキはないか常に様子を伺っています。

2013071022gm02890000ac4a248dtw1ts4

そんな意識の表れかもしれません。
こんなチーはどうでしょうか。
チーして1s切りです。
ちょっと麒麟児の一打的っぽい鳴きですね。
元々鳴きが多いのにあの本を読んでからまた鳴きが増えた気がしますw

この手はピンズで2メンツ必要な手です。
6pをスルーしても、3pを引いてカン6pテンパイになる未来しか見えなくて、当然テンパったとしても2枚切れのカン6pなんかでは勝負には行けません。
うっかり6p先にツモって3-6pリャンメン待ちになったとしても、その頃には3p6pもかなり薄くなっていてけっこう厳しいです。
8pツモってリャンメンに手変わったとしても9pも3枚切れていてこれもまた厳しい。
要するに終わった手なんで、リーチもかかってるし素直にオリましょうということなんですが。
でも、まだそう簡単に諦めてたまるかということで、6pチーすればまだいけるんじゃないかと思って、和了れるスキを強引にこじ開けにいったかんじですね。

よく考えてみても、6pスルーの場合は残り2枚のうっかり6pツモの場合しか押し返せないわけですが、6pを鳴けばうっかり4sツモがあります。
残り4枚の4sの方が当然引ける確率は高いですね。
そして、6p鳴いた方が同じ3-6p待ちが残っても、うっかり6p引きより、うっかり4s引きの方が和了り枚数も多いですね。
和了れる可能性も、押し返せる手になる可能性も鳴いた方が上がってるんじゃないでしょうか。
フリテンに関しては、カン6pテンパイでリーチすることがないなら同じことです。
愚形が残った場合も、カン6p、ペン4sともにツモ専となるので。
もう1つ忘れてはならないのは鳴いた場合は4sチーでテンパイも取れます。
ということは6p鳴き圧倒的有利ですかね。
押し返す前提の話ですが。
一切押し返す気がないなら少しでも手を長くしたままの方がいいと考えるのも悪くありません。
でも、こんなチーをする気になったのも、銀卓ならではですかね。

2013071022gm02890000ac4a248dtw1ts42

1p掴んで、1pと9sの2枚も危険牌押せないなってことで止めちゃいましたけどね。
僕的には変な牌ツモらずに、先にうっかり4sツモった場合だけ勝負しようと思っていて、その僅かな可能性に賭けてみたチーでした。
和了りへの執着心を見せるのはいいですが、押しすぎると点棒ダダ漏れになっちゃいますからね。
そこのバランスだけは僕の場合気をつけないといけませんね。

銀卓は回線切りをする人なんか当然居ませんし、全員が己のRとプライドを賭けて臨む、真剣勝負の場です。
個室のようなぬるい雰囲気でもなく、決闘場のようなかんじですね。
もちろんいつも真剣には打っているんですが、相手を舐めてかかることなんて出来ないですね。
若南の方が勝率は高く、銀南の方が獲得Rは多いのでどちらがR獲得効率的に良いのかわからないですが、銀南はいつもしびれるような対戦になるのでこちらの方が面白いかもしれません。
勝てないと面白くないですけどねw
でも、強い人と戦うことが自分を成長させる気がします。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2013071022gm-0289-0000-ac4a248d&tw=1

若南祝2の打ち方

Tenhou_prof_20130706

夢のR2000タッチです。
おそらくもう二度と戻ってくることもないと思うので記念に残しました。
R2000といえばRランキングトップ者でもいくかいかないかくらいですからね。
大体1900後半あたりから収支プラスの2位を取っても普通にRが下がる配分になっていきますから、R2000維持なんて無理ゲーでしょう。
一度でいいから若南祝2のRランキングトップに立ってみたいですね。
規定打数まであと32戦なので頑張ります。

雀荘戦はイメージと違って僕のような副露守備型でも割と通用することがわかりました。
全体的には段位戦より面前寄り、攻撃寄りの打ち手が多いとは思います。
でも上位の打ち手で言えば例えば真鱈さんは副露型、奈落の王さんは鉄壁の守備型でいろいろなタイプの打ち手がいます。
要は勝てる打ち方ならなんでもいいと言えます。
段位戦で勝ってるなら、そのままの打ち方で雀荘戦を打ってもけっこう勝てると思います。
おすすめは段位戦の東場の押し引きで、そのまま雀荘戦を打つことです。
どうしても段位戦だと南場に入るとラス目には極端に守備的になったりと、押し引きが変わってしまいますが、東場は段位戦でももっとフラットに打つはずです。
そのフラットな打ち方で雀荘戦の東場、南場を通せば大体間違いはないんじゃないかと思われます。
厳密に言えば、雀荘戦の南場はトップ取りの意識が強くなり、むしろ押し気味に打つことが多いかもしれませんが

僕も始めのうちは雀荘戦だから、トップ取りの麻雀だからとしゃかりきに押してたりしてましたけど、点棒だだ漏れになるだけでトップなんか全然取れないんですよね。
僕が押せ押せの麻雀打つとただのぬるい人になってしまいますw
鳴きも自重できません。
面前で張ったらリーチ打ちたくなっちゃう病の人なんで、安い愚形のリーチばっかり打って返り討ちに遭ったりそんなんばっかりです。
また、鳴きを意識しないと字牌とかも大事にしなくなるんで、かえって守備力も下がるんですよね。
だから自分に合った打ち方をすることは大事です。

理想のバランスは福地さんみたいな、やや攻撃寄りで鳴きも350前後で適度に鳴くかんじの打ち手なのかなと思ってますが。
若南祝2の上位の打ち手もそんなかんじの人が多いです。
こういうタイプは対戦してて威圧感を感じます。
でも自分に出来ないなら無理をすることもないですね。

2013070621gm02890000d45a7836tw2ts_2

ちょっと最近の雀荘戦を振り返ってみます。
これは普通の人はたぶん鳴かないですよね。
副露率高すぎるんで、こういうところで差がついてるのかなと思うんですが。
これは赤だから飛びついたんじゃなくて、ドラだから飛びついたんです。
祝儀より鳴くと3900になるからっていうのが大きいですね。
だから段位戦でももちろん鳴いてます。
1sが2枚見えてるから個人的には鳴いていいと思ってます。
面前で1-4s待ちのリーチはあまり打ちたくないですしね。

祝儀は2000ならまったく意識しなくていいと思ってます。
順位ウマオカに絡まない2000点なんてまったく大した額じゃないんで。
強いて言えば15枚祝儀の役満は積極的に狙うくらいです。
素点プラス30000点はさすがに大きいので。
でも平場で九種を流さず狙うほどでもないですよね。

2013070918gm020900002e27e036tw0ts_2

祝儀といえばこれ。
祝儀麻雀でミンカンはご法度であります。
祝儀5000ではこれは絶対やっちゃいけません。
もし面前でリーチで追っかけられたらどうでしょうか?
リーチ者には新ドラ、新ドラの裏と祝儀を得る権利があります。
自分は符と新ドラを得る権利しかありません。
祝儀が5000点だったら明確に損だと思います。
でも2000点だったらまあいいかってかんじですかね。
裏ドラ1枚載せても2000点の違いしかないんだったらそんなに変わらないかなぁと。
自分の待ちに自信があったので、カンしてみました。
ここは勝負どころだと感じたので、追っかけられてもオリる気はサラサラありませんでした。
ドラを抑えてあるので、止める牌も特にないかなと。

もし段位戦だったら・・・。
もし親に追っかけられた場合に安牌ゼロで振ってラス落ちが怖いのでたぶんしないですが、これが東場だったら同じようにカンしてます。
というわけでこれは段位戦の東場の押し引きでいい理論です。
祝儀に関しても2000ならまったく考慮に入れなくても大丈夫です。

若南祝2は偏りのない、フラットな押し引きで終始打てるのが魅力かなと思っています。
勝負は素点も絡むので繊細ではあるんですが、気持ち的には割とラフなかんじで打っています。
不思議と気持ちがギスギスしないのがいいですね。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ