« 麒麟児の一打~感想 | トップページ | 強い人は何故強い »

麒麟児の一打的な鳴き

2013042207gm002900008529c399tw3ts0

麒麟児の一打的な鳴きを実践してみました。
これは本にも同じような牌姿がありましたね。
違いはピンズの部分が出来メンツ2つになっていて、飛びトイツが並びトイツになっていたくらいです。
赤も2枚じゃなくて1枚なので、少々勝手が違いますがそれでもこれは鉄鳴きでしょう。
スルーすると極端に和了りが厳しくなってしまいます。
面前で手をつくっても、3-6pが埋まれば片方が枯れたシャボ受けが残るだけで、とてもテンパイとは言いがたいほど酷いものです。
もちろんリーチはかけられませんし、そう考えると、これはイーシャンテンといっても、実質4mの2枚受けのみのイーシャンテンと考えてもいいです。
仮に3-6pツモを含めても受け入れは最大で9枚です
一方、2mポンした後のイーシャンテンはどうでしょうか。

四萬四萬二筒三筒四筒赤五筒一索四索五索六索ポン二萬二萬二萬

ポンして1pを切ります。
4mツモで2-5pノベタン待ち(2枚)。
2-5pツモでシャボ待ちのテンパイ(6枚)。
3pツモでペン4pフリテン待ち(2枚)。
4pツモで3-6p待ち(3枚)。
6pツモでフリテンの4-7p待ち(4枚)。
7pツモでカン6p待ち(4枚)。
4mポンは3人から出来ることを考えると実質的に受け入れが6枚増し。
346pチーで実質的に受け入れが9枚増し。
合計で36枚です。
これは圧倒的。
もちろんフリテンテンパイがかなり占めてるのですが、6pツモのフリテン4-7pは片方が枯れた24mシャボよりずっと良い待ちですし、3pツモの仮テンから4mポンのノベタン変化とか、悪い待ちなりに変化はいろいろあります。

これだけ圧倒的だと仕掛けるのは当たり前のようにも思えますが、上級者にとっては当たり前のようでも、19含みのメンツが出来ている状態だとなかなか仕掛けるという発想は出てきにくいものだと思います。

そしてもう1つ重要なことがあるのですが、この2mポンした後に1sではなく、必ず1pを切らないといけません。
僕は1sを切ってしまいました。
とりあえず見た目的にテンパイに近い方にとっておきたくなる心理ですよね。
1sが安牌であってもなくても、食い替えが出来ないので、1pを切らないと4pチーで3-6p待ちのテンパイが取れなくなってしまい、1pを残しても邪魔にしかなりません。
終盤ならテンパイ料狙いで1p残しケイテンを取ってもいいですが。
こういう鳴きはいろいろとコツがあるということを知りました。

2013042207gm002900008529c399tw3ts02

その後浮き牌の5sをツモってさらに磐石なイーシャンテンになり、そこから7sツモってトイメンから3s出て軽くこの局を流しました。
この5sも2mポンがなければくっつきイーシャンテンに取ることは出来ませんでした。
5sツモってくっつきの7sをツモってもまだイーシャンテンなんですね。
2mポンした方がその後の変化にも強いですね。
ソーズかマンズの真ん中の牌をツモってくればくっつきで受け入れが激増します。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2013042207gm-0029-0000-8529c399&tw=3&ts=0

« 麒麟児の一打~感想 | トップページ | 強い人は何故強い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/57237271

この記事へのトラックバック一覧です: 麒麟児の一打的な鳴き:

« 麒麟児の一打~感想 | トップページ | 強い人は何故強い »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ