« 攻撃の東風 | トップページ | 魔神本~感想編 »

魔神本

615bm9vdil_ss500_

渋川さんの本注文しました。
麻雀関連の本を買うのは実は初めてです。
僕が渋川さんに期待しているのは、麻雀の読みの分野。
タイトルは「魔神の読み」とあります。
ストレートに解釈して、この本には麻雀の読みの理論が多く記述されているものと思われます。
また、渋川さんの普段の麻雀のスタイル的にも、押し引きや牌効率よりも、読みの技術を比較的重視しておられました。
というよりも、基本的な押し引きや牌効率は出来て当たり前なので、あまり意に介することもなくといったかんじです。
ただ、渋川さんはオカルトではありません。
本の冒頭には流れ論をまず否定する記述から入っているそうです。
理論派であり、読みを重視するスタイル。
これは割と新感覚系の雀士と言えそうです。

現在の麻雀界で主流のスタイルがデジタルなわけですが、これは読みの技術を全く重視していないどころか、軽視もしくは否定すらされているところだと思います。
僕の知る限り、福地さんや凸氏も読みはほとんど使いません。
というよりもデジタルの思想自体がまず読みを否定することから始まっていて、裏スジだのまたぎスジだのそんなものは意味がないと。
読みなど捨てて、統計的、確率的に有利な打牌を選択していけばいいというのがデジタルなわけです。
デジタルというものの発端がアンチオカルト的なところがありますし。
従来の読みの技術自体が、裏スジだのまたぎスジだのオカルトじみた根拠のない稚拙なものであり、それを統計学的観点から解析して、否定してみせたのがデジタルでもありました。
それは実に画期的なことで、麻雀界全体の技術向上にも貢献されたと思います。

読みの技術なんてなくても天鳳の鳳凰卓には行けるはずです。
読みの技術が実力に介入する余地ははっきり言って薄いです。
どんなに読みの技術を磨いたところで当たり牌が1点読み出来るケースなど少ないですし。
もし、仮に当たり牌が読めたところでベタオリしてれば意味がないことになります。
下手の横好きで、下手な読みの技術はむしろ邪魔にもなりますし。
押すべきところで勝手に危険と判断してオリに回るのはタコです。
素直にデジタルに、確率的に、統計的に有利な打牌を選んでいくのが賢いと思います。

それを踏まえた上であえて渋川さんの読みの理論を見てみたいと思いました。
現在主流のデジタルが読みの技術を軽視しているため、読みの技術について書かれた文献は少なく、習得出来る機会に乏しいです。
デジタル系の記述は比較的どこでも読めるし、もう語り尽くされているところなので、あまり読んでも新鮮味は薄そうな気がします。
それにワンランク上を目指すなら、読みの技術習得はほんの僅かでも実力の向上が図れると思いますからね。
実践で使えるようになるまでは相当時間がかかりそうですけど。
単純に正着打牌ばかり機械的に選び続けて麻雀やっててもつまらないので、無意味でもいいから、他家の手を読みながら麻雀をやりたいとも思っています。
それが麻雀の醍醐味ですからね。

ロジカルな読みというのは未開拓の分野ですし、今までにあまりなかった新たな切り口かなと思います。
今後の麻雀界に新たな流れが生まれるかもしれません。
読み終わったら感想でも書いてみます。

« 攻撃の東風 | トップページ | 魔神本~感想編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/55631628

この記事へのトラックバック一覧です: 魔神本:

» 技術士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇技術士とは◇技術士とは「高度な専門知識を持つ技術者」として、文部科学省が管轄している国家資格です。産業界でのこの技術士の称号は、学術界での「博士号」に該当すると言われており、科学技術の応用面に従事する技術者にとっては、もっとも権威がある国家資格です。技術士は、科学技術の高度な専門の応用力を必要とするため、機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線..... [続きを読む]

« 攻撃の東風 | トップページ | 魔神本~感想編 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ