« 実力段位 | トップページ | 東南仕込みのリーチ »

シビアに東風戦

東風戦始めました。
やはり、東南戦と違い、リー棒1本、役牌のみタンヤオのみ1000点で大きく左右されるという、そんな展開が多いです。
こういう展開に強くなること。
それこそが、自分の求めていたものです。
しかし、以前も東風戦はやっていたはずなのに、そこまでシビアに点棒状況を考えることがなかった。
いかに適当に打っていたかがわかります。
今もう一度シビアに見つめなおす必要があると思いました。


2012081908gm00010000c4c300b0tw1ts3

この手をリーチするかどうかですね。
現物待ちでもなんでもないので、ダマによる和了率上昇ってほぼないと思いますが。
和了率を減らさず、純粋にリーチによる打点上昇だけが期待出来る場面。
なんですけど、ここでリー棒1本出してしまうと、かわされた場合に、次局で1000点出和了りでラス回避出来なくなってしまうというのは地味に痛い気がしますね。
この場も、リー棒1本出すことにより、700-1300をトイメンにツモられてもまくられない点差があるのに、400-700でアウトになってしまいますね。
なので、リー棒失点だけを避けてダマにする場面かなと思います。
ツモればトップに立てるんで、無理して満貫を跳満にする必要もないでしょう。
リー棒1本の重みを感じます。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2012081908gm-0001-0000-c4c300b0&tw=1


2012081909gm0001000012ab15cbtw2ts5

これも同様にリー棒失点だけを気にする場面ですね。
ツモられればどうせ親かぶりでラスには落ちるんですけど。
いずれにせよ、かわされると次局のラス回避条件が厳しくなってしまうので。
平和のみなんで、そんなに打点上昇効率も良くないということでダマにします。
2pは押しますけどね。


2012081909gm0001000012ab15cbtw2ts6

上家に1300-2600ツモられでラスには落ちたけれど、この点差なんで1000点出和了りでもラス回避出来る場面。
もしリーチ棒出してたら、白のみでツモか、トイメン直撃かで脇からは和了れないという条件がつくんで、やっぱり微妙に影響するんですよね。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2012081909gm-0001-0000-12ab15cb&tw=2


2012081909gm00010000a63af471tw3ts5

バラバラすぎるのでチー。
自分の感覚だと、この手は鳴ける牌は役なしでも全部鳴かないとテンパることは出来ないかんじですね。
だから3巡目からでも仕掛けます。
一応、役牌の後々付けも期待しますが、ほぼケイテン本線です。
無理に役牌の孤立牌も引っ張らない方がいいでしょう。
受け入れMAXにして、役なしで鳴ける牌全部鳴いて、流局までにやっとテンパれるかどうか?くらいの手ですから。

何故か色が変わってないのですが、上家は落ちているので、トイメンの1人テンパイで流局は充分あり得るんですよね。
3200点差は1人テンパイで順位が入れ替わるので、ここは無理してでもケイテンを取りにいかなければいけないですね。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2012081909gm-0001-0000-a63af471&tw=3

« 実力段位 | トップページ | 東南仕込みのリーチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574387/55445408

この記事へのトラックバック一覧です: シビアに東風戦:

« 実力段位 | トップページ | 東南仕込みのリーチ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ