« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

雀荘戦モード

2012050619gm02090000d326393btw1ts2

これはさすがにやりすぎか?
と思ったけどいまいち6sが山に居る自信がなかったんですよね。
ドラそばだからダマにしててもそうそう出てくる牌でもなさそうです。
上家の手出し5sをどう捉えるかなんですが。
結果は566から6sヘッド固定なんですが、556から切る場合もありますね。
そうすると1枚か2枚は上家が持っていることになるので。
単に浮き牌の5を処理しただけということもあるのでなんとも言えませんが。
6sが居るかどうかが問題なだけで、上家の仕掛けは打点が安そうなのでテンパイしてようとガン無視ですけどね。

後は、下家が国士を狙っていること。
下家は6s持ってないので、ダマってれば下家が6s掴んだら出てきます。
だからやりすぎじゃないかと思ったのですが。
でも、そんなことより、リーチのプレッシャーで下家をオロしてしまった方が得策かもしれない。
居るかどうかわからない6sの和了りに賭けるよりも、とりあえず下家をオロして流局テンパイだけでも狙う方が被ツモも避けられていいんじゃないかと思います。
役満なんてツモられて親被りしたらたまったもんじゃないですからね。
親リーに対してなら、下家はテンパイしてない限りオリるでしょうから。
下家だけじゃなくて、トイメンと上家もこのリーチでオリてくれたらいいですね。
トイメンと下家だけでもオロせれば、上家が押してきても安いので和了られてもいいです。
トイメンからリーチとか喰らうよりはましかと。
リー棒1本くらいあげます。

2012050622gm02090000d33ad671tw0ts1

http://renrakujan.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-f868.html
だいぶ前の記事で悩んだことがあります。
この牌姿。
中ぶくれを残すかリャンカン(?)を残すかの選択です。
リャンカン残しの方がテンパイチャンスは多いのですが。
これは平和を付けつつ、良形テンパイの多い、中ぶくれ残しが優秀と結論付けたはずです。
しかし、当時気付いてなかったのですが、リャンカン残しは2p、8pツモってシャボテンパイになったとき、5p先切りが利いて、先スジひっかけになります。
愚形テンパイとはいえ、このシャボテンパイは意外と悪くないんじゃないか、と今になって思い始めました。
これも昨日言った迷彩の1つです。
もっとも、この牌姿だと2p8p引きでリャンメンシャボ待ちの良形になるので明確にリャンカン残しが良いのですが。

2012050622gm02090000d33ad671tw0ts12

789の三色にもならない、三面張にもならない、リャンメンシャボの良形にもならない、迷彩も利いてない、一番しょぼいところを引いた。
146p引きはこうなるのが嫌ですね。
もっとも親でテンパイチャンスを重視したので、これでも曲げるわけですが。

2012050622gm02090000d33ad671tw0ts4

こんなの曲げちゃっていいのか・・・。
やりすぎじゃないかw
でも、リャンペーコー確定させたいから良形変化なんて見たくないんですよね。
ドラは捨てたくないし、これ以上待ち牌は変えたくない。
1mはドラとはいえ、端牌だからダマっていればこぼれる可能性はあるけど、もうリーチで他家をオロしてしまった方が和了れるんじゃないか。
トイメンは絶対オリてくれないですけど。
ラス目の親が押してこようと、ここから自分がオリるつもりも全くないですしね。
なんだかんだ理由つけてリーチばっかりですね、雀荘戦はw
逆にダマにするべき場面がわからなくなってきました。

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2012050622gm-0209-0000-d33ad671&tw=0

迷彩

ちょっとお久しぶりです。
最近は段位戦の方は疲れたので少しお休み。
打ち出すと止まらなくなるので控えてますね。
天鳳雀荘戦や、雀龍門リーグ戦をたまに打ってます。

Tenhou_prof_20120506_2

怖いくらい調子は良いんですが、リーチ率がどえらいことになってきました。
やっぱり雀荘戦だと祝儀5000の魅力は捨てられません。
でも、これだけリーチしまくっていて気づいたことがあるんです。
今まで、ダマはリーチより和了りやすいと根拠もなく思い込んでいたけど、ダマテンにするよりもリーチの方が出やすい待ちもあるなと。
それと、リーチが前提のテンパイを目指すため、自然と迷彩に拘るようになり、捨て牌から当たり牌を釣り出すことに快感を覚えるようになりました。
このへんはやはり、段位戦では得られない感覚です。
例えば

2012050610gm06190000839f84f4tw1ts0

チートイとメンツ手を天秤にかけてたらたまたまこうなったというかんじですが、これなんかリーチの方が出やすそうな待ちですね。
チートイには全く見えない捨て牌です。
打点充分でもリーチをかける意味はあると思います。

2012050607gm0619000087351aebtw2ts4

どちらのリャンメンのフォローを残すか。
弱いターツのフォローを残すという基本的なことですが。
ピンズが安そうで、47pが埋まりやすそうなため、5p切って4s残します。
あとは

2012050607gm0619000087351aebtw2ts41

こういうかんじでピンズ待ちが残るとものすごく和了りやすい。
スジでこそないものの、この捨て牌で47p待ちで張ってるとは誰も思わないでしょう。
ツモの方が祝儀が増えてオイシイというのはありますが、三麻はメンツが少なくて、祝儀も4倍ではなく、3倍増止まりなことと、点数がツモり損なので出和了りに拘る意味はあります。
ツモとかロンとか関係なく、その方が純粋に和了りやすいということもありますが。
上の手なんかは段位戦ではどうなんでしょう。
満貫テンパイでも敢えてリーチした方がいいような。
この迷彩はダマにするにはあまりにもったいない気がします。
役あり満貫だから、跳満だからとか固定観念に縛られずに判断していきたいですね。
雀荘戦では全部リーチですけどねw

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ