« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

上がれません

Tenhou_prof_20111022

四段に上がったというのに、ほとんど特上卓で打てないままw
もう84戦もチャオったままグダグダしてるんですよね。
ただ、成績を見ると、そんなに悪くないようにも見えるんですが。
トップ率.250、ラス率.202。
たしかにトップは取れてないですが、この成績でもレーティングが一向に上がらないのは悲しいです。

天鳳のレーティングシステムについて調べましたが、試合数が多ければ多いほどレーティングは上がりにくくなるんですよね。
僕はもうその上限を超えちゃったので、トップを取ってもほんの少ししかレーティングが上がりません。
レーティングの高い人に勝てば大きく上がるようですが、上卓しか打てないのでレーティングの高い人ともあまり打てず。
なんか最初からやり直した方が早いような気もしてきました。
試合数の少ないうちにレーティングの貯金をつくってから特上に行った方が安定する気がします。
三麻の方は167戦で四段に初昇格したので、200戦近くもグダグダするようだったらやり直した方が早いですね。
ただ、三麻もやり直さなきゃいけなくなるのでこのままレーティング1800超えを目指します。
それに自分の撒いた種だし、なんとかしたいですね。

アカ取り直しという行為自体もどうかなっていう思いもあります。
ロールプレイングゲームなら、ミスをしたらリセットしてセーブした場所からやり直しとか出来るんですが。
オンラインの麻雀ゲームでは、当然そんなことは出来ないわけで。
ミスは結果としてはっきり残ってしまうし、リセットするなら、1000戦2000戦打ってたとしてもそれを全部チャラにしなきゃいけない。
でも、例えば鳳凰卓を目指すにあたって、1000戦、2000戦と打っていく中で、どんなに優秀な雀士でも、人間だからミスは数多くしていくし、ひとつひとつのミスをいちいち悔やんで後悔してたらキリがないと思うわけです。
たかがゲームですけど、ひとつの現実として受け止めて後悔ではなく反省して次に生かすこと。
リセットしてなかったことにするんじゃなくて、悪い結果は良い結果を積み重ねて取り返す。
それが大事なんじゃないかと思うので、あまりアカ取り直したりしたくはないですね。
とりあえず、このまま頑張ってみます。

2011102208gm00890000x61d9c4cd7eb0tw

何切る問題です。
最近けっこうよく見るこの形。
そのたびに悩んでるんですけど、どれが正解なのか。
一番広いのは5p切りです。
でも1p、4p、6p、9p、8sのツモ全部が愚形でテンパイしてしまいます。
良形は3pと7pツモのみですけど、その2つは三面張でテンパイ出来るのが強みですね。
2pか8p切りなら受け入れは狭いですが、3p、4p、6p、7pで両面の良形テンパイします。
3pツモなら一応三面張でテンパイしますね(8p切りの場合)。
でも、この中膨れの形を大事にするなら、2p、8pは二度受けでたいして要らないので、2p、8pと2つ払っていくのは無駄でもったいない気がします。
かといって、三面張テンパイのためだけに片方を残していくのも微妙で。
5p切りなら2pも8pも両方生きます。
なので5p切りが一番スマートな気がする・・・と思っていた時期が僕にもありました。

2011102208gm00890000x61d9c4cd7eb0_2

結局5p切りで9pツモって即リーかけました。
でもこれだと、愚形な上にタンヤオも平和も消える愚形リーのみ手になってしまうんで。
9pツモ切りしてもいいですけど、それをするなら、5p切ってテンパイまでの受け入れを広くした意味がないでしょう。
その後7pツモったらフリテンですし。
やっぱり微妙な気がしますね、5p切りは。

役牌バック

役牌バックをどういう場面でするかというと、子番で他家になるべく振りたくない時です。
なにがなんでも和了りに行きたいってわけじゃないので、絞られてもいいし、持ち持ちになってもいい。
むしろ3~4巡目くらいで手がまとまっていないうちから、ポーンと鳴きたくありません。
2副露くらいしてからでもいいから、ポンしてリャンメンテンパイ出来るくらいのタイミングがベストなんですが。
逆に親番でどうしても和了って連荘したい時は、後付けせずになるべく役牌から仕掛けたいです。
どうしても役牌から鳴けない時は、クイタンや三色やもうひとつの役牌とのダブルバックを考えておきたいです。
絞られたり、持ち持ちになったりしたら痛すぎるんで。

2011101609gm00890000xf67d8a495f4atw

どの他家に振ってもラス争いに巻き込まれそうで嫌なかんじです。
しかし、ラス目の親も早く流して奈落の底でおとなしくしていただきたいところです。
自分の手も最大で3900はあるし。
攻めるのか守るのか、中途半端なかんじでカン8mを鳴いた後、トイメンから後付けの發が出たのですが、スルーしました。
また玉虫色の選択です。
ドラが1pだし、赤も1枚見えてるので、他家の仕掛けに対してはそこまで警戒する必要もありませんが、リーチがかかると厄介です。
發はポンテンに取れる場合だけ鳴くことにしました。
自分的には、役牌バック確定からの1枚目のポンスルーは斬新でした。
面前から1枚目ポンスルーはよくあるんですけど、これは初めてかもしれないですね。

2011101609gm00890000xf67d8a495f4a_2

安牌は2枚あれば充分です。
リャンメンチーもします。
とにかく、テンパイまでに字牌トイツを残しておくことですね。
シャンテンから他家のリーチがかかってあたふたすることのないように。
子番の時はこういう攻めもありなんじゃないでしょうか。

玉虫色の選択

2011101510gm00890000x3569cab99fa5tw

この牌姿、7p暗刻だけで満貫あるので、赤2枚はあまり必要はないのですが、跳満の可能性を追いたかったので赤2枚とも残しました。
堅実に満貫取りに行くなら、赤5mを早めに先切りした方がいいと思いますが。
2s、6sポンして5-6pのカンチャン単騎待ちのテンパイ。
だいたいそんな展開しか見えないですから。
もちろん、2s、6sポンしたら赤5m切ってテンパイに取るわけですが。
しかし2s、6sポンする前に、赤5mにくっついたら2s、6sトイツのどちらかを落として跳満を狙いに行く。
もしくは、先に6pをツモったら2s、6sのトイツのどちらかを落として、赤5mのくっつきを待って、跳満を狙いに行く。
5pツモればタンヤオトイトイで跳満、ツモって倍満の展開も見える。
赤2枚使い切って跳ね満狙いに絞るなら、2sか6sのトイツの先切りという選択肢もあります。
でもそれをすると、タンヤオトイトイ三暗刻という目もなくなってしまう。
この牌姿にはいろんな可能性があるし、全ての可能性を追いたかった。

結局このまま他家の先制リーチを喰らうのですが、後悔はしてないし、オリる気はさらさらありません。
こんだけドラ抱え込めば、他家のリーチは手役が絡まない限り安いだろうと考えます。
残りの赤1枚、ドラ7p1枚のうち2枚をまとめて保有されているのはレアケース。
ドラ1枚は持たれてるとして、リーチ、ドラ1で2600、リーチ、平和、ドラ1で3900。
裏載ったら5200とか7700とかもありますけど。

2011101510gm00890000x3569cab99fa5_2

赤5mに6mくっついて、上家から出た4mをチーします。
ここで、赤5p切りのテンパイはとりませんでした。
6sも5pも片筋だけ通ってるだけで危険度は同じくらいなんですが、赤5pで刺さったら打点が高くなって痛いので回り道して行きました。
最近こういう玉虫色の選択が多くなってきたように思います。
跳満を追うのか、満貫を追うのか、はっきりしない牌の残し方にしてもそうなんですけど。
ここに来てのテンパイ取らずの6s切り。
和了りたいけど、高い手には振りたくない。
少々の危険は冒すんですが、捨て身にはなりきれない。
攻めるのか守るのかどっちなんだと言われればそうなんですけど。
僕は優柔不断なんでしょうか。

ちなみに2sより6sを切ったのはなんとなくですけど、シャボ待ちの可能性が2sの方が高いという点で2sの方が危険かと思いました。
1224sという牌姿からまず1sを切り、最後に残った224sのカンチャンフォローを落として2sと何かのシャボ待ちというのを想像したんですけど。
あとは、443sのリャンメントイツから4sを切って2-5s待ちというのもあるし。
カンチャン待ちの可能性はどちらもほぼありませんね。
134sから4s切りとか、457sから4s切りとかそんな切り方はしない。
普通はリャンメンに受けますから。
664sという形だったら赤5s期待でカンチャンに受けるんじゃないでしょうか。
6sとなにかのシャボというのは良い待ちじゃないですしね。

初トップ

四麻特南でようやく初トップが取れました。
特上打ったら観戦で人に見られることもあるんだよなぁとか思ったり、チャオる恐怖もあり、早く特南でトップを取りたいという焦りもあり、周りがなんだか強そうということもあり、なんだか緊張しましたね。
何かこれまでになく印象に残るゲームでしたので、ここで振り返ってみようと思います。

2011100416gm00290000x37bda6225ecctw

東1局1本場。
配牌時点でダブ東が暗刻っていて、ここに来て流れが来たかなというかんじでした。
しかもここでドラの8sがトイツります。
7s受け入れ拒否の打9sとします。
このドラは雀頭か刻子として使い切る方針で。

2011100416gm00290000x37bda6225ecc_2

次に下家から出た赤5sポンして、7mをツモります。
これは普通ならツモ切ってもいい牌ですが。
鳴き手ならやはり、リャンカンよりもポンテンの取れるカンチャントイツを優先するのがセオリー。
そっちの方がスピードも付くし、受け入れも広いはずなので。
しかし赤5mを使い切りたかったのでリャンカンに受けます。
カンチャントイツでポンテンに取ると赤5mが出て行ってしまう。
リャンカンで赤5mを使い切ればダブ東ドラ4でちょうど跳満になりますから。

2011100416gm00290000x37bda6225ecc_3

次に8pをツモります。
この8pを残して、リャンカンをカンチャンに固定し、ポンテンの取れるパターンにする手もありますが。
現時点で4mと6mのどっちの受け入れが薄いのかよくわからないのでカンチャン固定は嫌でした。
なので8pはツモ切り。
先にリャンカンが埋まって、6-9pのリャンメン待ちが残らないかなと。
この仕掛けはタンヤオにしか見えないし、6-9p待ちが最後に残るとかなり強い。
ピンズが先に埋まってカンチャンが残るという形にはしたくなかったんですよね。
ここから上家から6p、9p出てもスルーしたいくらいです。

2011100416gm00290000x37bda6225ecc_4

絶好のリャンカン埋まりの牌が上家から出ました。
チーテンに取ります。
これはどう見てもタンヤオの仕掛けにしか見えない。
東の後付けだとしても東以外は当たらないわけですし。
しかも8pがワンチャンスだし、9pも2枚切れで迷彩も効いている。
9p切ってレアケースの東暗刻に刺さるという事態はなかなか想定出来ませんよね。

2011100416gm00290000x37bda6225ecc_5

ご愁傷様でしたという。
これは普通に切るw
手順を間違わなかったなと思いました。
リャンカンから先に埋めて、6-9p待ちを最後に残すという。
この流れは大事にしなければいけません。
ただスピードを付ければいいってもんじゃないですし。
テンパイが早くても和了れなければ意味がありませんから。
あとドラはやっぱり使い切りたいなと。
変に焦ってドラ受け減らさなくて良かったと思いますね。
自分の打点もありますが、ドラを切ると他家に食われて和了りをかっさらわれる気がするんですよね。
やはり、大体みんな赤も含めて、ドラの受け入れをつくって手づくりしていくわけなので、ドラが急所を埋めて和了りに近づくことは普通に多いと思うので。
実際今回も下家が赤5s手放したことで自分が和了りに近付いたわけですしね。

後の局は序盤のリードを守り、ほぼずっと受けにまわってベタオリしたりしながら終わりました。
自分としてはこういう序盤に、特に親番で先制して、後半堅くリードを守りながら逃げ切るという形が一番理想的です。
これが自分らしい戦い方なのかなと思います。

汚いオリ方

特上に上がってから守備の意識が強くなってきたように思います。
かなり受けにまわっている時間が増えたような。
周りのメンツのレベルが上がってテンパイが早くなってきたからでしょうか。

僕は三麻ばかり打ってきたからでしょうか。
字牌やワンズのトイツや暗刻落とし、現物切ってのベタオリ。
色が安いか高いか。
よくわからなければゼンツ。
ケイテンは目指さず(三麻だとあまりオイしくないので)。
そんな雑なオリ方しかしてこなかったので、壁を読むのが特に苦手です。
まぁ、三麻で壁を読んでもシャボに刺さりますからね。
三麻だと攻めるかオリるかはっきりした方がいい局面が多いですし。
オリながらあわよくばケイテン目指すみたいな四麻特有の打ち方はほとんどありません。
そのため、四麻では安易に中抜きしてしまったり、オリ方が汚くなりがちです。

2011100420gm00290000x29e78e3ded1f_2

ドラが全くないタンヤオのみ手のリャンシャンテンから、他家のリーチがかかりました。
こんな時はベタオリです。
ただ、巡目が早いし安牌が北しかありません。
すぐになくなりそうです。
四麻は牌の種類が多いですからね。
ベタオリしててもすぐに安牌がなくなってしまう。
こんな時に役に立つのがスジや壁なわけですが。
スジは安易には信用しないようにしてます。
どちらかというと壁の方を重視して。
場合によってはカンチャンの可能性も消せますから。

2011100420gm00290000x29e78e3ded1f_3

これは安牌がなくなり、上家の3m手出しが早くて、その周辺に待ちはたぶんないだろうという、非常に雑な読みでの2m打ち。
あまりに適当すぎるのでよく考えないと。
3m、4mのダブルツーチャンスと見ることも出来ますが。
ただの2枚切れツーチャンスなら全く信用できませんが、3m、4mが並んでツーチャンスになっていることで、2-5m待ちの線はだいぶ薄くなっているとは思います。
この早い巡目で残り4枚しかない3m、4mのうちのそれぞれ1枚ずつ計2枚を上家が保有しているというのはかなりレアなケースです。
結果的には正解。
スジ牌も壁牌も何もないので、手持ちの牌では最も安全な牌かと思われます。
ダブルツーチャンス。
ワンチャンスもノーチャンスもなければ積極的に利用していきたいところです。

2011100420gm00290000x29e78e3ded1f_4

ここは安牌切れで迷って時間切れ。
2sは安全でもなんでもありません。
リーチ宣言牌のそばですし。
3sも4sもたいして切れてませんからね。
ここは6mが4枚切れということに注目すべきでしょう。
6mの外側は大体切れるということに。
従って、8mですが、2-5mのスジが通ってるので、5mは5-8mも含めてスジが通ってることになります。
カンチャン待ちが否定される5mの方が安全でしょうか。
ただ、シャボや単騎に刺さりにくいという面では3枚持ちの8mの方が上ですが。
8mに比べて、5mのシャボや単騎はけっこうレアなので、5mの方が安全かと思われます。
カン8m待ちの可能性も残っていますのでね。

こういう読みを短い時間で思考出来れば良いんですけどね。
また、回し打ちやケイテン取りにも利用できればと思うのですが。
なかなか難しいです。

チャオ寸

Tenhou_prof_20111003

特上卓に進出したものの、R規定がギリギリラインなのでちょっとラスっただけで上卓に叩き落とされてしまいます。
1回チャオって、上卓でR稼ぎして、また特上戻ってきました。
3位取ってもR下がっちゃうし、2位を取ってもほとんどRは上がらない。
1回ラスの後の4連続3位でチャオっちゃいました。
やはり、四段昇格目前で大三元振った後4連続ラス引いてグダグダしたのが不味かったんですかね。
崖っぷち特上民。
この状態はなんとも居心地が悪いです。
普段なら3位取ってもラス回避の達成感でいっぱいになるのですが、Rが下がっちゃうのでテンション下がります。
早く高レートで安定したいですね。

2011100302gm00890000xe77f524b5489tw

今日迷った場面。
これリーチですかね?
ジュンチャン三色リーチで跳満、ツモって裏載れば倍満まである手が一気にただの愚形リーのみに。
あまりに酷いギャップです。
ノータイムでリーチ打ちましたけどね。
迷ったらリーチって決めてるんで。

後で考え直した答えは親ならリーチ、子なら仮テンダマ。
巡目も浅いんで、愚形リーのみでも連荘狙いで他家を抑えつけ、流局テンパイを狙いたいところです。
それにこの手は9sツモしか有効な手変わりがないんでね。
ここから9sツモる確率がどれほどあるのかってことです。
ジュンチャン三色なら鳴いても5800あるので鳴いてもいいんですが、テンパイしてしまったら鳴けない。
喰い替えが出来ないですから。
イーシャンテンなら9sチーして余剰牌切ってジュンチャン三色確定出来るんですけどね。
テンパイしてしまったら身動きが取れなくなります。
身を切るような思いで辛いですが、ここはリーチを打つしかないです。

もし自分が子なら、とりあえず、仮テンダマで9sツモを待ちます。
所詮愚形リーのみで9sツモの確率も非常に低いので、身の危険を感じたらいつでもオリます。
ドラ6mとか高い手に振りそうで怖いですし。
親ならかぶっても振ってもたいして変わらないのであまり気にしませんが。

2011100301gm00890000x4999321e4431tw

今日の反省。
というか勉強になった場面。
供託棒欲しさに僕は突っ張っていました。
トイメンも気持ちは同じだったでしょう。
ダンラスが1人居て、後の3人は競っている。
ゼンツで和了りに行く場面です。
トイメンは頭が無くなるまで鳴いて、ヘッドレスイーシャンテンになっている。

2011100301gm00890000x4999321e4431_2

そこからのリャンメンチー、手出しの8pで裸単騎のテンパイ。

2011100301gm00890000x4999321e4431_3

直後に僕が当たり牌の7pを掴んで振り込む。
この裸単騎の待ち牌は読めたはずなんです。
最後に手出しした8pの周辺にある牌だと。
裸単騎になるということはヘッドレスイーシャンテンでターツが2つある状態から1個がメンツ化して、残りのターツをちぎってその片割れで単騎に受けるってことですから。
ターツ1つに孤立牌2つっていうパターンのイーシャンテンも考えられますけど、あまりないんじゃないですか。
3副露してる間にカンチャン2つくらいは出来てると思うので。
ヘッドがあるならそもそも裸単騎にまでならないですし。
ということは9p、7p、6pの3つのうちのどれかしか考えられない。
8pにくっつく牌がその3つですから。
この7p切りは止められたはずなんですよね。

ていうか、ていうか自分が8pポンして単騎に受ければ良かったですね。
カンチャンテンパイではこういう牌掴んだ時に身動きが取れません。
単騎ならくるくる変えられますから。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ