« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月

役牌 その5

Tenhou_prof_20110707

現在122戦を消化してこんなかんじです。
三段の壁が厚い。
一般卓と上卓は相当レベルが違いますね。
三麻の一般卓と上卓はそんなに差はなかったのに、四麻は大違いでした。
今月の上卓平均順位が2.45なんでもう少し勝ち越したいですね。
副露率は大体3割前後で落ち着いているようです。
面前派でもないですけど、天鳳全体では低い方かな。
とにかくみんなよく鳴きます。

不振もあってか、色々と模索が続いています。
今回は配牌直後の役牌の扱いについて。

2011070621gm00890000df02c0bctw2ts1

例えばこういう配牌から最初に切る牌は孤立ダブ東牌。

2011070621gm00890000df02c0bctw2ts12

第二打目は孤立三元牌。

2011070621gm00890000df02c0bctw2ts13

第三打目はオタ風より先に不要数牌の1p。

とまぁ、こんなかんじに打法修正しました。
まとめると

孤立ダブ東牌→孤立三元牌→不要数牌→孤立自風牌→孤立オタ風牌

の順です。
これは東南戦の序盤で自分が子番で配牌時にドラ1かドラが何もない手の場合。
1000点や2000点を取りに行くために鳴いて守備力を下げたくないのです。
親に役牌を鳴かれる確率を減らすために、ションパイの役牌を真っ先に切ってしまいます。
親にトイツを持たれる前に先切りですね。
不要数牌よりオタ風を優先する理由は安牌としての価値が高いためです。
孤立1pは横に数牌がくっついても愚形にしかならないので先に切ります。
また、1pがトイツるよりオタ風がトイツる方が雀頭としては使いやすい。
数牌より安牌になりやすいですし、オタ風雀頭なら平和も付きます。
他家の先制リーチがかかったらとりあえずオタ風雀頭を落として回し打ちを狙うことも出来ます。
今まで粗末に扱っていたオタ風の価値を最近見直してますね。

また、オタ風を先切りしない理由は、子番の他家に鳴かれてもあまり痛くないから。
打点も親に比べると低いですし、自分の手が悪い時は子番の他家に和了ってもらって、親かぶりさせて、親流ししてもらった方がありがたいです。
だから適度に絞って適当なところで切って鳴いてもらった方がむしろいいのかなと。
鳴かせた方が打点も低くなりやすいですし。
孤立自風牌については、先切りする必要はないですが、雀頭にしても平和が付かないのでオタ風の方が少し価値は上です。
ただ安牌として不要数牌より優先して持っておきます。

この打ち方の欠点は、他家が自分に合わせて孤立役牌を合わせ打ちしてくるということ。
字牌を抱えずに他家に手を進められるので、早い段階で面前でテンパられやすい。
鳴かれる確率も減るかわりに、他家に面前で手を進められやすくもなるという。
程度の差はわかりませんが、多少リーチ合戦みたいになりやすいかなと思います。
だから自分の手が悪い時は、無理せず役牌絞って適当なところで切って鳴かせた方が失点は低く抑えられるかもしれないし、そのへんの適度な判断が難しいですね。

あと、思わぬドラツモがあって早く和了りたい時とか、ここはさくっと安手で和了って流しときたいってときに役牌がないと困ることもありますが。
そこはクイタンで補います。
基本メンタンピンで高打点狙いながら、状況に応じてクイタンで流す方が役牌より柔軟性が利きますからね。

対々和(トイトイホー) その2

2011070621gm00890000df02c0bctw2ts72

何故2p切ったし。
どう考えても9mですね。
トイツが多く、暗刻も2つあるし、ここは確実にトイトイドラ1の5200を和了っておくべきところでしょう。
9m切っても、14pツモで7mと北のシャンポンリーチもかけれるし。
2p切ったら面前固定になってしまいます。
しかも高目でしかイーペーコーがつかないので、面前でもリーチドラ1+アルファがせいぜいでトイトイの5200とたいして期待値は変わりませんよ。
その上テンパイスピードも落ちるんですから。

最近トイツ手が見えない病にかかってるんですよね。
チートイツは愚形待ちのクソ手なのでどうでもいいですけどw
トイトイ見逃しは痛いです。
面前手ばかり追って、面前の牌効率で牌を打つ癖が付きすぎてるんですよね。
例えばカンチャントイツとリャンメントイツならカンチャントイツの方を優先するのがセオリー。
リャンメンはトイツのフォローがなくてもメンツ化しやすいのに対し、カンチャンはトイツのフォローがないとメンツ化しにくいからです。
そのセオリー通りにピンズはリャンメン待ち固定、79mのカンチャン待ちにトイツのフォローを残したつもりです。
ですが、鳴き手になるとトイツの価値が跳ね上がるので、そのセオリーは通用しません。
カンチャントイツはカンチャンフォローを切ってトイツにしたりとか。
リャンカンよりカンチャントイツを優先したりしますし、そのへんの切り替えを常に意識しておかないといけないですね。

2011070621gm00890000df02c0bctw2ts7

どうにか面前でテンパイしたものの、おっかけられて放銃するという。
しかも下家に1p止められてるし。
結局この放銃が響いてラス引くし。
麻雀ってよく出来てますね。
ミスをしたら必ずその報いを受けるようになってる。

トリッキーな上卓民

2011070415gm008900001642d5a0tw3ts8

いやいやそんなバカな・・・。
そのリャンピンをロンされたら通す牌がなくなる。
さっき下家が通したばかりですやん。
今さっき通りましたやん。
たった1巡の間に手が進んだ様子もなかったし、このリャンピンは絶対に通るはずだ。
何かの間違いだ!

2011070415gm008900001642d5a0tw3ts82

場面を遡ります。
下家から出た2pはスルーしたようです・・・。
上位を狙い打ちして、上を目指そうという魂胆ですねわかります。
まぁ、3面張なんで、1枚くらい見逃してもすぐ出てくるでしょうし。
僕だったら普通に北家から上がって、この北家を下に突き落としておきますけどね。
ラス引きが怖いんで。
こういうときどうしたらいいんですかね。
3mはさっき通ってますけど、この2pもさっさと通さないと、危険牌に変わるし、合わせ打ちしないとどんどん安牌なくなるんで、普通に通すでしょう、この2pは。
ということで対策はありません(キリッ
この2pを信じられなくなったら麻雀出来ないですよ。
何を信じていいのやら。

2011070415gm0089000060918302tw1ts6

次はこの場面です。
僕が先制リーチを打って、対面がカンをしてきた。
この時点でやめてくれーと思ってたんですけどw
良形テンパイとはいえトップだし、そんなギャンブルする場面じゃないし、満貫上がれば充分だと思ってたんで。

2011070415gm0089000060918302tw1ts62

立て続けに対面がカンをしてきた。
今度はミンカンw
どういうことだ?死にたいのか?w

2011070415gm0089000060918302tw1ts63

と思ったらですね、対面カンだけして中トイツ落としでオリてるんですね。
まぁ、北家も追っかけリーチ打ってるし、南家もテンパってるし、場を荒らして他家どうしで潰し合ってもらおうという魂胆ですねわかります。
1回目のカンは普通に押したんでしょうけど。
普通にありだと思います。
2pも特に危ない牌ではないし、搶槓されることはないでしょう。
これはトップに走られる可能性も高いんですが、逆にラスに1人突き落とされる可能性も高まる。
案外ラス引きを避けるための守備的な意識のカンかもしれません。
結果的には北家がインパチ喰らってラスに落ちてくれました。
西家「計画通り」かな。

全力のラス回避

Tenhou_prof_20110701

とりあえず二段に昇格しました。
確変してますが、上卓に来てからはけっこう厳しいですね。
レベルがかなり違う。
他家のテンパイスピードがかなり速いので、一般卓ではまだ大丈夫だろうという感覚でいるともうテンパっていたり。
押し引きの感覚が狂ってきて、かなり放銃してます。

ダマにされることも多くなってきました。
鳴きはだいぶ対処出来るようになってきましたが、ダマは苦手です。

先制リーチからカウンターを喰らうことも多くなってきました。
上卓の方が案外攻撃的というと語弊があるんですが、なんでもかんでもリーチにベタオリしてはくれない。
回し打ちしながら、追っかけのチャンスを常に伺っているかんじで、油断ならないです。
安易に愚形でリーチはかけられないですね。
フォームの修正が必要かもしれません。
今まではとにかく面前で最速で先制テンパイして愚形でもなんでもリーチかけて、他家をオロしにかかってたんですよ。
でも、カウンターを喰らうので、愚形のリーのみとかだったら自重した方がいいですね。

あと、面前派を目指していましたが、普通に鳴いてますねw
面前派という響きに憧れていましたが、理想と現実は違います。
東場はじっくり腰を据えてというかんじでやってますが、南場になると局流し優先になってしまって。

2011063011gm008900003d2069fatw1ts11

例えばこの場面。
南3局で自分は3位でラスの対面とそんなに点差が離れてないので、対面に和了られるとやばい。
鳴きイッツーで目先の1000点を取りに行きました。
ピンズの形が愚形なので、面前で行くのと鳴いていくのとスピードは段違いでしょう。
下家と上家も頼りにしてられないし、グズグズしてたら対面にまくられる。
ここは自分でなんとかしないと。

2011063011gm008900003d2069fatw1ts12

そして迎えたオーラス。
また鳴きイッツーw
今度はリャンメンターツから鳴いたりしてもう必死のパッチ。
ラスが親なので、打点が高くなり、連荘もあるのでまくられが怖いです。
2位なんて要らないので、全力でラス回避しにいきました。
面前でリーチしても警戒されて和了りにくいですし、この場面で鳴いたらどうせラス回避目的の安い手だろうと思って差し込んでくれたり、気にせず突っ張って和了り牌をくれるんじゃないかと。
何故天鳳四麻の上位に副露派が多いのかわかった気がします。
収支戦じゃなく順位戦でラス引きのペナルティが大きいので、多少危険を冒してでも目先の1000点を取りに行かなきゃいけない場面ってけっこうあります。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

歌ってみた

リンク

無料ブログはココログ